くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

運転手の会話 Feed

2011年3月28日 (月)

タイヤ交換

タイヤ交換
昨日は日曜日で、シフト的には出勤日やったが、なんとなく気が乗らなかったので休んだ(そんなんありなんか?)。

そんなときはちょっとその日の景気が気になる。

昨日出勤していた同僚に聞いてみる。

「昨日(日曜日)どうでした?」

「最悪やったわ」

心の中でガッツポーズ(性格わりーな)。

しかし土曜日(26日)は良かったらしい。大安やったしな。

週末はかなり冷えたが、今日の昼間はいきなり気温が上がった。

東京では桜が開花したとか

久々に春めいた陽気の中、朝から動きも良く気持ち良く仕事をして、

15時過ぎに中断して車庫入れ

衝動的にタイヤ交換

今年は寒い寒いと思っていたが、去年の交換は過去ログを見ると26日

それほど変わらんな・・・

15時半から始めて、

リフトに乗せて、

タイヤ運んで、

タイヤの洗浄、

空気圧の調整、

取り外しと装着

写真撮影・・・(いらんから)、

片付け

これだけの工程を30分で終えた

整備士さんがやってくれる会社もあるんやろうが、こういうのを担当運転手にやらせる会社の方針は嫌いじゃない。

おかげで少しは車のメンテナンスとか詳しくなった。

3月28日(月) 景気指数60 晴 1℃
23:30売上 13,470 10回
最終売上 23,170 15回(3回) 8.50時間 MAX 4,230

夕方は用事で神戸へ

6時間抜いたわりには

しかも月曜日のわりには

効率良く稼げたな

満足や

2011年2月28日 (月)

タクシーゲームの楽しみ方

タクシーゲームの楽しみ方
メタボカラスが笑ってる。

ここんとこちょっと流れが悪いわ

2月最終日やし、いいスコア出したかったが今日ここまでは最悪やな。

朝、深夜勤務のHさんが相変わらずエロい笑顔を浮かべて近づいてきた。

わが社の深夜勤務は大体22時〜朝10時頃のあがり、俺は今日は朝10時頃出勤したので(会いたくないが)会ってしまった。

「あんたの近くにおったらあたりええわ」

何を言いに来たかと思えば・・・この酔っぱらいが。

注:飲んでるように見えるが実際は(多分)飲んでいない。

このHさん見た目はルーザーだが、

元上場企業勤務のエリートサラリーマンである

早期退職で4000万もする自宅のローンを40代で完済し、悠々自適のタクシー乗務である。

「タクシーって楽しいよな。毎日仕事でパチンコやってるみたいなもんやんな」

ある日彼はナポレオンをアップルジュースのようにストレートでゴクゴク飲みながら語っていた。

確かにこのおっさんは楽しそうである

前職では収入は多かったが、それ以上にストレスも多かったらしい。

そんな話は良く聞く。

勝っても負けても自分の選択

どこで待つか、いつ休むか、やめて帰るか。

基本的に自由

パチンコとはちと違うような気がするが(どっちかって言えばタクシーはパチンコの玉やな)、確かに面白いゲームではある。

逆にゲームだと思わなければやりきれなくなることもある。

このゲームをプレーするにあたって最近よく思うのは、

1.妬まない

2.愚痴らない

3.焦らない

そして最も大事なんは、

4.目の前にある事実をしっかりと受け入れる

ことだろう。

要するに、

人生ゲームと同じ

ゆうことやね。

23時売上 10,500 9回

2月28日(月) 景気指数40 雨のちくもり 雨3 7℃
売上 20,440 14回(3回) 12.50時間 MAX 3,350

流れが悪くて一日苦しんだが、

最後に3千円口

ナイスパー(2万円乗せ)

苦しんだだけに、こういうのって結構嬉しい。

2011年2月27日 (日)

同い年の元同僚

同い年の元同僚
今日はひどいなぁ。昼間は良い天気やったが。

日曜はちょっとゆっくり本でも読む気でないと、出てきても時間のムダやな。

夜21時過ぎ、待機場所で一人読書していたら、かつての同僚運転手で3年ほど前に不動産業界に転職した男が遊びに(?)来た。

「雨降ってるからまあ(車に)入り」

こういうとき運転手というのは不思議なもので、必ず後部座席のドアを開ける。

助手席より半身になって後ろに座ってる相手と話す方が話しやすいのである。

「どうよ?(不動産の)そっちは」

「良くないよ、今月は(手数料収入)170万くらいかな。そっち(タクシーの方)は?」

「良くないよ、今日は(売上)8千円くらいかな・・・なんか安い物件ないの?俺でも買えるくらいの」

「安いって、どの程度?」

「100万くらい(ふざけんな)」

「あるよ」

「あんの?」

「競売情報とか見たら、そのくらいのあるよ(自分で調べな)」

BITですか・・・」

「それよりこれ見てよ。新しい時計買ったんやけど」

「ほぅ・・・SEIKOか。良さそうな時計やね。」

「安物で業界じゃ恥ずかしいんやけどさぁ。みんなROLEXとか持ってるから。」

「いくらくらいすんの?」

「50万」

「・・・」

2月27日(日) 景気指数40 晴のち雨 雨3
売上 14,010 9回(3回) 11.50時間 MAX 2,870

今がどんなにー、やるせなくても 

明日は今日よりすばらしいー

2011年2月25日 (金)

会費制


看板が変わった・・・(よう見えへんで)

NHKラジオでどこかの地域(しっかり聞いとかんかい)の、

買い物弱者対策

について何か話してた(曖昧な情報で投稿すんな)。

「買い物弱者」なんていう言葉が現れて久しいが、今後はこういう問題も拡大していくんだろう。

特に地方、俗に言う「田舎」では、

対策の一つとして乗り合いタクシー

が導入されている地域も多い。

しかし乗り合いタクシーの取り組みがうまくいっているという話はあまり聞かない(北海道にあるらしいで)。

さっきラジオで話してた地域も(だからどこやねん)、運営がうまくいかず(利用者が増えず?)2年ほどで乗り合いの取り組みを断念したらしい。

俺が思うに、

乗り合いは会費制でやるべきではないか

とにかく料金体系やろ。

例えば、ある地域で8人乗りのバンを持つ。

会費は一月1万円

決めれらたエリア内で(車の融通が出来る限り)週5回まで自由に乗れるとか

運営側は(一台として)、

会員30名程度集めたら商売になるんちゃう?

とにかく

個人で出来るシステムを作ること

が大事やと思う。

2月24日(木) 景気指数50 くもり一時雨 雨2 10℃
売上 19,690 13回(3回) 12.00時間 MAX 2,710

「動きませんねぇ」

「これだけぬくなったら(暖かくなったら)あかんわ」

「この冬は寒くてよう動いたんすけどねぇ」

「3月の20日まではあかんわ。ぬくなったらな、もう乗らへん。歩いて帰るわ」

「3月の20日ですか・・・」

2011年2月16日 (水)

犬の餌代

犬の餌代

かつて建設会社を経営していたなんて噂の運転手がいる。

そのKさんと今日たまたまスタンドで一緒になった。

「お疲れさまです」

「おう!おつかれさん」

「昨日は雪大丈夫でしたか」

Kさんは(噂では)山奥の豪邸に住んでいる。

「おう!なんとかな」

「Kさんにとったらタクシーの収入なんて小遣いみたいなもんでしょう?」

Kさんは昼間に趣味程度にしか仕事してないので、タクシーの給料は手取り10万そこそこだろう。

「いやいや犬の餌代や」

「犬の餌?」

そういえばKさんがセントバーナードやラブラドールなんかのでかい犬を何匹もエスティマの後部に乗せて、セレブにドライブしているのを見たことがある。

「デカいのだけで6ぴきおるからな、餌代だけで6万くらいかかんねん」

「6万ですか!」

「せや、それに家のなかで飼ってるからな、シートやらもろもろで他に月数万かかるわ」

「大きくなったら大学とかにも入れるんですか?」

「アホか」

「それにしてもすごいですね。人間(の子供)よりかかるやないですか」

「せやからな、タクシーやめたら犬食わせていかれへんねん、ガハハハ!」

「・・・」

2月15日(火) 景気指数60 晴 マイナス4℃
売上 29,010 18回(4回) 12.50時間 MAX 4,230

昨日の雪は昼にはほとんど溶けたが、

昼間もそこそこ動いたのかな。

夕方からあたりが悪くて苦しんだが、

24時過ぎは止まらずに走れた

このくらい出来れば自分の餌代は十分やろ。

2011年1月 3日 (月)

10年の計

大晦日の関西は大雪

仕事をしていれば随分儲かったのだろうが、あいにくノーマルタイヤの自家用車で真っ青になりながら雪の中を走っていた。

年末に同僚運転手と交わした会話

「タクシーなんてこんなもんなくても通るやん」

「そんなことありません。テレビがなくなっても、ケータイがなくなっても、タクシーがなくなることはありませんよ」

「タクシーは良くなるん?」

「なりますよ。10年後の話ですけど」

「10年待てばイギリスみたいにステイタス(社会的地位の高い仕事)になるん?」

「それはわかりません。20年前みたいに単に需要が多いだけでは、稼ぎは良くなっても運転手を見る世間の眼は変わらないでしょうね」

「どうしたらいいん?」

「今若者に仕事がないなんてやたら騒いでますが、人口動態を考えたら近い将来雇用環境は間違いなく改善します。そして数年後には(若者の)人手不足が騒がれるでしょう。そういった雇用市場の中でこの(タクシー)業界がどれだけ若い奴らを惹きつけることができるか、それにかかってるでしょうね」

「若い奴はタクシーなんか乗らんやろ」

「確かに、今はそうかもしれません。仕事がない、そういう状況でタクシーを選ぶ若者は少ないようです。しかし数年後、いくらでも仕事がある状況になります。そういった状況では視点はガラリと変わってくるはずです。どちらにしても若者を惹きつけることのできない業界に将来はありませんよ」

「そんなもんかねぇ」

「ぼくらが10年後の業界を作ります。そしてこれから入ってくる若者がその後の10年の業界を作ります。10年後が良くなるというのは単に人口動態からくる自然な流れに過ぎません、『その後の10年』がタクシーに限らず、どの業界にとっても非常に重要になるでしょう」


2010年12月24日 (金)

All I want for Christmas

All I want for Christmas
同僚に電話

「もう昼メシ食いました?」

「まだ」

「吉野屋行ってください」

「なんで?」

「どんぶり当たったら1000円で買います」

現在売上 2660 1回

2010年10月26日 (火)

木枯らし1号

木枯らし1号
いきなり寒くなった。

先輩乗務員のTさんが、

「今日が秋一番らしいで」

と言いながら黒枝豆をくれた。

「秋一番」てなんやねん・・・

まあ豆くれたし、いいか(ハトか)

10月中の木枯らし1号は平成14年以来7年ぶりだとか。

予報では今晩は8℃まで下がるらしい。

今日はちょっとした有名人を乗せた(結構な有名人やろ)。

KMさん

近くで見たらやっぱりカッコいい

「キャメラマンから俳優になった人は大変だよ」

なんて話していた。

「カメラマン」やなくて「キャメラマン」ね、「キャ」にアクセント。

10月26日(火) 景気指数60 晴 8℃
現在売上 22060(23時30分)

昼過ぎから勇んでイベント会場へ

大きく空振り

6時間(12時30分〜18時30分)待機して乗車1回・・・

しかし夜はよく動いてるわ。

バーディーチャンスやね。

最終売上 28,950 16回(2回) 13.00時間 MAX 5,110

3メーターのパットが届かず・・・

24時過ぎは動きが止まり、あたりも最悪。

悔しいわ

2010年10月21日 (木)

下駄履いてなんぼ

昨日は締め日、

夜駅の構内で他社のドライバーと話していた。

「いやぁ、締め日でやっとさっき50(50万)届きましたわ」

「優秀やん」

会話の相手はB社のドライバーのOさん。

B社は確か15日締めやったはずである。

「Oさんは(先月期は)どうでした?」

「まあまあやね。8千円下駄履かせてなんとか50届いた感じ」

「下駄履き」とは自分でメーターを倒して売上を作るという意で、俗に「ぶっこみ」とか「自慰行為」などと言われる(後者は聞いたことないで)。

「おたく(B社)は50万届くか届かんかでえらい(歩合率が)違うらしいですね」

「せやねん。49万と50万なら額面給料で3~4万違うんちゃう?」

「そんなに違うんですか!8千円なんて安いもんですね」

聞くと、B社の歩合率は月の売上が50万を超えると約54%、それに届かないと約47%らしい。

注:詳しい歩合率や、その他の条件等はあるのかもしれないが他社のことなので知らない(お前自分の会社のこともよく知らんやろ)。

計算してみよう。

もし50万円の売上で、歩合率が54%だとすると、

500,000×54%=270,000

額面で27万となる。

そして先月のOさんの売上(49万2千円)で、仮に「下駄履き」をしなかったとすると、

492,000×47%=231,240

約23万円、確かに約4万円の差がある。

8千円が自己負担でも下駄を履くのは当然の行為と言えよう。

ちなみに上のような歩合率の設定は、売上が伸びるほど歩合率を高める所謂「累進歩合」であり、運転手の過労につながるとして法令で禁止されている。

さらにちなみに、この「累進歩合」の制度が含まれていないタクシー業者の歩合制度などほとんどないと言って良いだろう。

上のB社の歩合制度に戻ろう。

それでは一体どの程度の売上水準までが「下駄履き行為(自己負担)」を誘発するのか

ここはちょっと簿記1級の力を発揮しよう。

これは考え方として工業簿記の原価計算と似ている。俺の得意分野である(聞いてない)。

270,000-0.47X=500,000-X

計算方法は、

売上50万のときの額面27万円と、50万を下回ったとき(歩合率47%)の売上Xで得られる額面との差額が左辺、

売上50万と実際の売上Xとの差額が右辺

この左辺と右辺が等しくなる水準を求める。

中略して・・・

0.53X=230,000

X≒433,962

単純計算で、

売上が43万4千円以上なら自己負担してもいくらか売上を水増しした方が得

ということになる。

注:(B社内での)その他の条件や社会保険控除などは無視した計算である

しかし実際6万5千円もメーターを倒して走る場合、約100キロの距離を往復しなければならないので高速を使っても2時間程度かかるわけだが・・・(高速料金もかかるしな)

言いたいのは、

よく新聞などに出る地域のタクシードライバーの平均売上や平均収入、または求人広告などの「当社の平均給与(これに偽りがないとして)」などは、

いくらかの運転手の自己負担を含んだ数字

とみなくてはいけない、ということである。

俺自身は会社の歩合制度についてよく知らないが、少なくともこの「下駄履き」はしたことがないので、そのことから考えると良い会社に所属していると言えるのだろう。

10月20日(水) 景気指数40 晴 18℃
売上 19,580 16回(4回) 12.50時間 MAX 2,150

締め日にボギー・・・

しかしあたりがなかったし、回数16回は優秀。

昨日も

11時出庫で16時頃まで2千円

昼間、特に15時までの成績が最近ガタッと落ちてる。

病院が動かへんな・・・(建物は動かんやろ)

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart