くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

タクシーゲームの理論 Feed

2011年3月25日 (金)

昼飯戦略

昼飯戦略
今日の昼飯は、もらいもののドラ焼き一つ。

タクシー乗務とは闘いである

刻一刻と変わりゆく状況、流れ、天気、ライバルのドライバー達の動きを読みながら

次に取るべき戦略を決める

結構頭使うのである

そして今日の俺の戦略は、

昼飯抜き

昼飯代に400円くらい使うとすると、

売上の半分弱が手取りとして、

昼飯を抜くことで

約千円ほどの売上と同じ価値がある

機会利益の考え方(?)である。

こうして地道に稼ぐ方法もある(なんも頭使ってないやん)。

3月25日(金) 景気指数50 晴
23:30売上 19,700 10回
最終売上 36,250 18回(6回) 12.75時間 MAX 8,470

なんと言っても

年度末の金曜日

久々に夜の駅には大行列が出来てきた。

2011年2月28日 (月)

タクシーゲームの楽しみ方

タクシーゲームの楽しみ方
メタボカラスが笑ってる。

ここんとこちょっと流れが悪いわ

2月最終日やし、いいスコア出したかったが今日ここまでは最悪やな。

朝、深夜勤務のHさんが相変わらずエロい笑顔を浮かべて近づいてきた。

わが社の深夜勤務は大体22時〜朝10時頃のあがり、俺は今日は朝10時頃出勤したので(会いたくないが)会ってしまった。

「あんたの近くにおったらあたりええわ」

何を言いに来たかと思えば・・・この酔っぱらいが。

注:飲んでるように見えるが実際は(多分)飲んでいない。

このHさん見た目はルーザーだが、

元上場企業勤務のエリートサラリーマンである

早期退職で4000万もする自宅のローンを40代で完済し、悠々自適のタクシー乗務である。

「タクシーって楽しいよな。毎日仕事でパチンコやってるみたいなもんやんな」

ある日彼はナポレオンをアップルジュースのようにストレートでゴクゴク飲みながら語っていた。

確かにこのおっさんは楽しそうである

前職では収入は多かったが、それ以上にストレスも多かったらしい。

そんな話は良く聞く。

勝っても負けても自分の選択

どこで待つか、いつ休むか、やめて帰るか。

基本的に自由

パチンコとはちと違うような気がするが(どっちかって言えばタクシーはパチンコの玉やな)、確かに面白いゲームではある。

逆にゲームだと思わなければやりきれなくなることもある。

このゲームをプレーするにあたって最近よく思うのは、

1.妬まない

2.愚痴らない

3.焦らない

そして最も大事なんは、

4.目の前にある事実をしっかりと受け入れる

ことだろう。

要するに、

人生ゲームと同じ

ゆうことやね。

23時売上 10,500 9回

2月28日(月) 景気指数40 雨のちくもり 雨3 7℃
売上 20,440 14回(3回) 12.50時間 MAX 3,350

流れが悪くて一日苦しんだが、

最後に3千円口

ナイスパー(2万円乗せ)

苦しんだだけに、こういうのって結構嬉しい。

2010年9月24日 (金)

うまくいかないとき、どうするか?

うまくいかないとき、どうするか?
なんとなくヤケ食いしたローソンのケーキがうまかった。

祝日なのに勇んで10時過ぎに出庫したものの、

今日最初の仕事が13時30分

そして2度目の仕事が15時30分・・・

祝日と言っても秋の気配を増して、

しかも大安

晴れたらよく動くはずの日であった。

しかし朝から大雨

午後には上がる最悪のパターン。

とにかく暇やった

どうしようもなく暇な時、どうするか?

面白くないと(流れが悪いと)サッと帰ってしまう運転手もいる。

この世界、そういうことが許されるのである。

注:会社によるが

タクシーに限らず、悪い時に頑張っても良い結果は出ないものである。

ストレスがたまるだけかもしれない。

要するに、

うまくいかないとき

1.手を抜くのか

2.歯を食いしばってがんばるのか

「常にがんばったらええやん」

と言われるかもしれないが、

必ずどこかで手を抜かなくては(休まなくては)いけない

という前提である。

例えば仕事中どこかで休憩を取らなくてはいけないとか

商店なら週のどこかで定休日を作らなくてはいけないとか

人間なら一日のどこかで寝なくてはいけないとか

とにかく手を抜くとしたら、どこで抜くか

良い時か、悪い時か

これは難しい議論やね。

ときにがんばることより、手を抜くことのほうが難しかったりする。

9月23日(木) 景気指数50 雨のち晴 16℃

なんか(あまりに流れが悪くて)嫌になってきた。

売上 14,910 10回(2回) 13.25時間 MAX 2,230

やっぱり悪いときは最後までがんばってもあかんのやね。

それなりに長くやってるからわかってはいるのだが、

手を抜くことが出来ない

余裕がないんやね。

2010年8月 5日 (木)

俺は高速は使わない

俺は高速は使わない。

客を乗せた帰りの、という意味だが、

一応会社から半額分はもらえる(半額自腹)のだが、

それでも使わない。

俺の地理知識、運転技術を駆使すれば(生意気やな)、高速1区間せいぜい5分ほどしか変わらない。

5分早く帰ったからといって、それほど売上が変わるものでもない。

だから俺は高速は使わない

しかし月に・・・いや年に何度か、その5分が勝敗を分けることがある。

5分、いや1分早く帰ることで、もう1回乗車できるかどうかというタイミングである。

そう、そんなことは滅多にない。

月に・・・いや、年に何度かである。

それが今日やった

24時過ぎに遠方があたり、時計を睨みながら悩んでいた。

タイムハズカム

一期一会である(なんやら意味わからんで)。

乗ろう

決心した。まさに1分2分を争うタイミングやった。

高速のゲートをくぐり、停車もせず走りながらチケットをつかむ(ETCやないのか)。

勝負や

胸は高鳴る。

アプローチから本線に加速して入る。

さあ本線や、アクセルは全開・・・

慌てて急ブレーキ

高速は大渋滞やった

下道で帰れば30分のところを50分かけて帰ったとさ。

人は失敗から学ぶ。

その損害が大きいほど、その教訓の価値も大きい。

めでたし、めでたし

8月4日(水) 景気指数40 晴 25℃
売上 21,680 11回(1回) 11.75時間 MAX 9,110


YouTube: World Cup 2010 - Wavin Flag

When I get highway
I will be slower
They'll call me foolish
Just like a waiving (white) flag

When I get older
I will be stronger...

2010年4月24日 (土)

あきない

「あきない(商い)」という言葉を

「春夏冬(秋がない)」

と充てて書くことがある。

面白いこと考える奴がいるもんやな、くらいに思っていたが最近上の当て字には深い意味があることに気づいた。

商売は

春の心躍る、それでいてまだ肌寒い時期をこらえ、

そのうち夏が来て、

そして秋を経ることなく、

冬が来る

そんな意味があるのではないか。

ある意味残酷な言葉である。

タクシーは街を舞台にした壮大なゲームであり、擬似的な「あきない」である。

タクシーから学ぶことは多い

またこの「ゲームの法則」を記してみたい。

簡単にまとめられるものなら苦労しないのだが・・・

まだ解析途上である。

4月23日(金) 景気指数70 くもりのち晴 雨1 3℃
売上 35,410 22回(4回) 12.50時間 MAX 7,590

期待通り今日はいきなり景気もジャンプアップしたが、

ゲームに敗れた

やることなすこと全て裏目裏目、

悪い流れになったときにどう打開するか?

逃げる勇気

タイミングを逃すと、取り返しのつかないところまで堕ちる。

辞める勇気は始める勇気の3倍必要

精神力は10倍必要

ゲームやから良いが、これがリアルなら命を取られることにもなりかねない。




2009年12月31日 (木)

ルールと信念

何年かタクシー乗ってきて、いつも感じるのは、

タクシーとはゲームである

ということ。

もちろんそのゲームの向こう岸では、利用者の方に満足してもらわなくてはいけないのだが・・・(たまにゲームにはまり込むあまり利用者が見えなくなる運転手がいるが)。

どの時間帯に、どこで、どのような仕事があるか、というのは

はっきり言って予測不可能

である。

そこに最近やっと気づいた。

ゲームと言えば、もしかしたらほとんどの仕事がゲームと言えるのかもしれない。

自営業、または起業などはさらに壮大なゲームなのだろうが、そこには常に「マイナス」のリスクが存在する。そのリスクはときに計り知れない精神的負担となって襲い掛かってくる。

しかし歩合制である限り、

タクシーにはマイナスリスクはない

そして努力は長期的には必ず報われる。

また普通のサラリーマン、とりわけ大企業のサラリーマンならば安定した、高水準の収入が得られるかもしれない。

しかし彼らは常に他人の評価と戦っている。

自分の能力が正当に評価されない(と自分で勝手に思っている)ジレンマ、または過大に評価されてしまうプレッシャー。そんなストレスを常に抱え、それがうまくバランスされることは基本的にありえない。

しかしタクシーは違う。

自分の仕事の成果は売上となって目に見える形で返ってくる

誰に評価されることもない、等身大の見返りである。

とにかくこのタクシーという仕事、やっかいなのは、

面白すぎることである

困ったことに・・・(映画「おくりびと」より)

難しいゲームほど面白い。このゲームを支配するのは到底不可能であろう。

難しいゲームをプレーするにあたっては

ルールと信念

を持たなくてはならない。

自分の中のルール、例えばこのエリアで仕事をする、または何時には必ず食事休憩を取るというルールを作ること。

「良い仕事があるかもしれない」

そんな情報や妄想に振り回されていたら、自分を見失ってしまう。

そして信念とは、

今ここで、この時間にタクシーを必要としている人がいる

と信じることである。

そしてもう一つ最近よく思うのは、

人生もまた難解なゲームである

ということ・・・




2009年12月 6日 (日)

タクシー版ゲームの理論

タクシーの仕事というのは、ある意味生活のかかった「ゲーム」ということができる。

そこでいろんな場面でゲームにおける駆け引きというのを学んでいく必要がある。

Photo

まずシンプルに一日中一つの駅の乗り場に並び続けるとしよう。

この場合は駆け引きも何もないと思われるかもしれないが、

どんなタイミングで乗り場の入る(並ぶ)か

どんなタイミングで休憩を取るか※

という駆け引きが生じてくる。

※本当に稼ぐ運転手は休憩などほとんど取らないし、並びながら飯を食えば良いという考え方もあるが・・・「運輸規則」的に休憩は必ず取ると仮定する。

駅の乗り場というのは、一日の中で「よく動く時間」、「あまり動かない時間」というのが交互に訪れ、それが何度か繰り返される。丁度景気の変動と似ていて、その動きを細かく予測するのは中々困難である。

しかもそこに市場の参加者(並ぶタクシーの数)という不確定要因が加わってくる。「よく動く時間」であっても、みながそれを予測して参加者が増えるとそれほど果実を得られない。逆に「動かない時間」であっても参加者が少なければ利益を上げることは可能である。

こう考えるとタクシーというのは実体経済に酷似しているのである

そこで一般の運転手、俺のようなありふれた運転手の行動というのは・・・

駅の動きというのは、無線などで大体わかるので、

動きかけたな、と思ったら「えい!」っと乗り場に入る

ちょうど「今コンビニ(ビジネス)が良い」というニュースを聞いてコンビニを始めるようなものである。

しかしニュース(情報)はみなが聞いている

「良い」という情報が流れたものにはみなが流れ込んでくる。

そして・・・

自分が先頭になった頃には動きは止まる

ちなみにこの駅の乗り場の先頭のことを「本番」とか「鼻番」、「花番」などと言う。「良い」と言われて参入したビジネスが採算ラインに届く直前にそのビジネスの「動き」は止まる。

そして多くの参加者がそこで停滞するのである

そこで稼ぐ運転手の動きを観察すると・・・

無線などを聞いていて、「動きかけたなー」というところから、「わっ、めっちゃ動いてる」というタイミングがある。乗り場に入ったタクシーがすぐに客を乗せて出ていくようなタイミングである。

俺のような「ありふれた運転手」が乗り場に飛び込むそのタイミングで、

「できる運転手」は中断する(休憩に入る)

そしてそのうち流れは止まる。流れが止まって、また駅にずらーっと列ができたその一番ケツ(後ろ)に奴らは入ってくる。

そして大抵俺はそのとき乗り場の先頭にいる・・・

この乗り場の先頭というのが悩ましくて、動かない時間のこの立場はまさに「囚人」のようなものである。これをタクシー版「囚人のジレンマ」として書こうと思ったが、またの機会に・・・

12月5日(土) 景気指数60 雨のち晴 5℃
売上 47,970 19回(5回) 12.25時間 MAX 13,250

12月に入って土曜日はいい。

特に夜は堅く稼げる

本当に景気が良ければ(または参加者が少なければ)、上のような「ゲーム」を気にすることなく、俺のような「ありふれた運転手」でも稼げるのである。

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart