くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

タクシー待ちメーター Feed

2010年10月 7日 (木)

タクシーの待ち時間

タクシーの待ち時間
事務のおばちゃんが特別に譲ってくれた平成22年キラキラ10円束、大事にしまっていたがついに世に出るときがきた。

今日は秋晴れ、素晴らしい天気やった

明日からは雨模様らしいが、日曜の子供の運動会が心配・・・

昼間、病院から乗車したお婆さん、行き先はスーパーまで

「(買い物する間)ちょっと待ってて欲しいんやけど」

「・・・構いませんけど、どのくらい(の時間)になります?」

「30分くらいかねぇ。(待ち料金)なんぼくらいなる?」

「一時間で約3千円くらいですかねぇ。10分以上なら、また呼んでもらった方が安いですよ」

「そう、そんなかかるの。それでも近くやからまた呼ぶのも悪くて・・・」

「いや、近いのは全然構いませんよ(我々は待つのが嫌なんです)」

「そんならまた呼ばせてもらうわ」

そんなことのあった夕方、ある会社に時間予約で向かった。

予約時間は17時30分

出てきたのは17時50分

時間10分前には到着していたので、30分も待つはめになった。

サービス待機である

時間予約なので基本的にはそこからメーターを入れても良いはずである。

しかしそれが出来ない。

この会社は他社と天秤にかけている

待機請求しようものなら、

「もうあんたとこ(のタクシー)いらんわ」

となるだろう。

サービス待機は法令で禁止すべきである

企業顧客に対しては、

我々は立場の弱い下請け企業

と同じなのである。

10月7日(木) 景気指数50 晴
売上(23時30分現在) 20060 14回

いまんとこまあまあ好調

最終売上 28,920 19回(4回) 12.50時間 MAX 2,950

最近最後のあたりがないが、

今日は検討やろ(字が違う!)

まあ苦しい戦いが続くな・・・

2010年8月25日 (水)

条件交渉

久々の乗務、

しかし8月ももうすぐ終わろうというのに、暑い。

今日も酷暑の中で仕事をしていると(本を読んでいると)、

夕方17時前、ある老婦人が車の窓を叩く、

客や!と思い、慌てて本をしまう。

「ちょっとね、今乗るん違うんやけど」

「はい?」

「ちょっと買い物して来るから、待ってて欲しいねん」

「はい・・・多分待ってますよ。もし(他の仕事で出てしまって)いなかったら電話していただけたら・・・」

この待機場所には俺1台しかいない。名刺を差し出すと、

「待っててくれへんの?」

「いや、あの・・・我々も一応いつ仕事が入るかわからないもんですから(多分入らへんけどな)」

ちなみにおばちゃんの行く先はメーター1000円ほどのところ(「老婦人」から「おばちゃん」に変わってるで)。

こういうときは何故か(他に)大きな仕事があるかもしれない、という妄想を抱く。

「あ、そう。ええわ。待っててくれへんのなら。バス乗るから」

バス乗るって、バス停は俺の目の前にあるんやで。

この場で条件交渉に乗らなければ、もし10分後に俺がここにこうして待機していても目の前からバスに乗るというのか?

(ええやん、そんな客相手にせんでも)

もう一人の俺がつぶやく。

しかしとにかく仕事のない時間帯。しかも子供の(保育園)迎えで、俺に与えられた時間は20分ほどしかなかった。

契約通り10分後に帰ってきてくれたらちょうどいい時間ではある。

「ほんなら、ごめんね」

おばちゃんが立ち去ろうとしたとき、

「待ってください!」

ドライバーは叫んだ(叫ぶな)。

「?」

「待ちましょう」

メーターを起こしたまま待っててくれ、などという交渉は本来なら受ける必要はない。

しかしここでは取引の力関係みたいなものが存在して、価格とか時間とかプライドとかいろんなものが交錯して中々面白い駆け引きであった(基本プライドとかないしな)。

おばちゃん結果的にすごく喜んでくれて、往復乗ってくれた。

結果良し

8月24日(火) 景気指数30 晴 
売上 31,540 16回(2回) 11.50時間 MAX 11,990

ワンメーターで始まる乗務は縁起がいい。

今日は他の運転手がみな干からびていた

デッドチューズデー

夜にイタリアンレストランからインド人4人がクラウンプラザへ。

しかし24時過ぎはひどかった。

なんにしろこういう日に作れたのは大きい。

2009年11月15日 (日)

待ちメーター⑤-世界の時間料金と究極の解決策ー

しつこく「待ちメーター」についての投稿だが、

自分の考えばかり述べても仕方ない(?)ので、少しばかり調べものをしてみよう。

他の国の時間料金はいかばかりか?

http://www.worldtaximeter.com/

こちらのワールドタクシーメーターで調べてみた。

しかし距離料金については比較的調べやすいが、「待ち料金」についてはちょっといろいろややこしい。

まあいい、時間がない(なんの時間や?)

まずマイフレンド(?)のジョンがいるアイルランドはダブリン

ダブリンでは1分で約0.5ユーロ(約66円)、1時間約4000円

となる。

次行こう。

俺の庭とも言える(?)ロスアンジェルス

ロスでは1分で約0.5ドル(約45円)、1時間約2700円

次行こう。

同じアメリカ、ニューヨークは街のイメージの中にタクシーがあると言っても良いだろう。

ニューヨークでは1分で約0.4ドル(36円)、1時間約2160円

俺の知る限り、ニューヨークの時間料金はほんの数年前まで上の半額だったはずである。

詳しくはまた書こう。

次行こう。

続いてタクシーの聖地ロンドン。

ロンドンでは1分で約0.5ポンド(約75円)、1時間約4500円

次行こう。

そして東京・・・

東京では1分約50円、1時間3000円

となる。

こうして簡単に調べていくと先進国ではそれほど大きな違いはない、という印象を受ける。

特徴として、1分の料金がどこも「0.5」という単位に落ち着いていることが多い。要するに2分で基本通貨単位になる(日本なら100円、アメリカなら1ドル)。

ちなみにうろ覚えだが、

お隣韓国では1分約100ウォン(約8円)、1時間約500円

だったような気がする。この水準だと、10時間待ち続けたとして売上は5000円にしかならない。日本のような歩合制だとして半分にしたら

1日の収入は約2500円

と計算される。

この時間料金を基本にした収入計算は俺の開発したものだが、いい加減なようで結構有用である。

上の計算を東京の料金に当てはめると、

東京の運転手の1日の収入は約1万5千円

となる。

どうや、すごいやろ・・・(なに言ってんの?あんた)

そして最後に「待ちメーター」投稿の締めでひと言、

いっそのことタクシーメーターを全部時間料金にしてしまう

というのも面白い。

走行距離に関係なく、時間だけの請求である。

これをすると、(時間料金の値上げは必須であるが)走行する限りは実質値下げになるし、走っても走らなくても時間によって同じ料金が請求されることになるのだから、

タクシーを待たせるのは非常に「もったいない」

という利用者のロジックが働くことになる。

11月14日(土) 景気指数50 晴 8℃
売上 26,650 12回(3回) 12.25時間 MAX4,550

試練の5連勤終了!

よくがんばった。感動した!

2009年11月14日 (土)

待ちメーター④-解決策2-

待ちメーターについての続きだが・・・

いつも思うのは、ブログというのはあんまり文章が長くなると疲れるだけで

自分でも後で読む気にもならない

なるべく短くまとめたい。だからツイッターなんぞが流行りつつある。

だからと言ってこのようにシリーズ化しても新しいものが上に来るので読みにくい。

言いたいのは、ブログというのは

出来るだけ短い文章で、一番上の投稿を読めば言いたいことが大体わかる

のが理想ではないかと感じるのである。

そして「待ちメーター」の論文(?)の続きだが、

解決策として前回提示したのが、

走行中の時間メーターの廃止による実質値下げ

という話であった。要するに信号で止まっても時間メーターが回らないようにする、ということである。

これが何故「待ちメーター」問題の解決策になるのか、ということだが・・・

走行中に時間メーターが回らない代わりに、

メーターに「待ち」ボタンを作る

のである。走行中は時間請求しないけれど、

止まって待つ分はしっかりいただきます

というはっきりとした意思表示をするために「走行メーター」の値下げを交換条件として、利用者に提供するのである。

俺が値下げを提唱するのは利用者のためだけではない。「値下げ」として利用者に利益を与える代わりに

運転手の利益や権利もしっかり主張したい

というのが狙いである。

また新たな「待ちメーター」の簡単なスキームを説明すると、

タクシーを呼ぶ際には必ず時間指定をする

ということを法律か条令で定めておく。ここが大きなポイントである。

「2分で来て」

などという利用者による無理な要求があれば、業者側が断るべきだし、

逆に繁忙時や遠方への回送などを考慮して、タクシー業者側が

「20分ほどかかります」

と条件提示した場合は、利用者側でその条件を考慮した上で(バスなどの)代替案を検討することができる。

そしてもちろん上のような細かい時間交渉による同意で契約が成立するわけであるから、設定された時間から即時「待ち状態」に入るのが基本である。

ちなみにこの「待ち料金」は1分100円程度が適当

であると個人的には考えている。1時間6000円、おおよそ現在の倍になる。

「高過ぎるやないか」という声があるかもしれないが、ここで確認したいのは

我々の仕事は走ることであり、待つことではない

ということである。

時間による契約をしているのだから、ある意味「違約金」の要素を持つことになる。

そして重要なポイントは、

時間に遅れた場合はペナルティを払う

権利を主張するからには、これは当然の義務となるだろう。

ペナルティについては、「逆メーター」システムを作って回送中に「待ちボタン」を押すと上の料金がマイナスで計上されるのがわかりやすいのではないか。

5分遅れたらマイナス500円から走行メーターが始まる

ということである。負担については・・・反論はあるかもしれないが、運転手負担が原則だと個人的には考えている。

また時間に遅れた場合、法的には「履行遅滞」になるわけだから、

利用者は契約解除ができる

ことが基本である。

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart