くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

LPガス、ガソリン価格 Feed

2009年12月 2日 (水)

「休むとこ」

「休むとこ」
空はもう冬の色?

15時前近くのホテルに呼ばれた。

行くと、40前後の男性が出てきて

「お兄ちゃん、ちょっと休むとこ連れてってや」

「休むとこ・・・ですか??(喫茶店?)」

「どこでもええわ、兄ちゃんの知ってるとこ行って」

するといつの間にか後ろから顔を伏せた女性が早足で来て車に乗り込んだ。

「あー、『休むとこ(休憩)』ですね」

きっとそのホテルで休憩を断られたのだろう。

スタンドの近くの「休むとこ」へお連れした(自分の都合優先すんなよ)。

1日からLPGの現金価格が従来のリッター81円から

85円に値上げになっていた

数ヶ月価格変わらんかったから久々の変動やね。

ガソリンは逆に先月の終わりくらいから少し値下がりしてる(従来リッター128円から125円)。

現在売上 6290 4回

今日は午後から、特に上の仕事の後、15時過ぎがひどいなぁ・・・

2009年9月21日 (月)

燃料費率

中途半端になっていた燃料費率について、しっかりまとめておこう。

この燃料費の問題に関して、舞子坂さんtakachanさんなどの運転手の方からコメントをいただいたが、基本的に我々法人タクシーの運転手にとって、

燃料費がいくらかかろうと関係ない

のである。

一部リース制の会社もあるようだし、燃料費の使用率を給料に反映させるシステムを導入している業者もあるかもしれない(聞いたことはないが)。

大抵は燃料費はタクシー業者が100%負担する

個人的にはこのような慣例がいつまで続く(持つ)のかな、と考えている。

どちらにしても現在の状況で燃料費について関心を示している上のようなドライバーは、環境意識が高いのか、または先見性を持っていると言える。他にも運転手のブログで燃料費について触れているのをチラホラ見たことがある。

前置きが長くなった・・・

モデルは18日の金曜日である。

18日をモデルにした理由は、

1.乗車回数が多かった

一日22回と乗車回数が非常に多く(平均は14~15回くらい)、よく動いていた。あまり暇なときはアイドリング時間が長く、燃料効率が非常に悪くなる。

2.遠方乗車がなかった

22回もチャンスがあったのに、遠方はなし・・・(最高で¥2,710)。遠方乗車は高速など走ると逆に燃料効率が良くなり過ぎて、平均値から離れてしまう。

3.エアコンをほとんど使っていない

金曜日は秋晴れの気持ちの良い天気だった。昼間は乗車時には少しクーラーをつけたものの夕方から夜にかけてはほとんどエアコンを使っていない。

そして、

18日の乗車距離は200キロちょうど

である。これもモデルとしてわかりやすい。

そして燃費は、これは17日から18日にかけての数字になるのだが、

6.88キロ/リッター

という数字になる。実際はもう少し良かったと思うが・・・まあいいだろう。

ちなみに俺は昼間の待機時はほとんどエンジンを切っているし、運転も大人しいので燃費は他の運転手よりかなり良いはずである。しかし当然そのことについてほめられたこともなければ、データを示されたこともない(個別の運転手、または車両についての燃費など計算していない)。

上の数字を使って、18日に使用した(仮想)燃料を計算すると。

200÷6.88≒29.07

約29リッターとなる

29で計算することにしよう。

ガソリン価格は昨今ジリジリと上がっているが(この辺で店頭価格128円/リッター)、LPガス価格はそれほど上がっていない。

この投稿で触れている(燃料費率も計算している)が、この後は落ち着いていて現在も

店頭価格は77円/リッター

である。

ちなみに民主党のマニフェストにあった「暫定税率の撤廃」はLPガス価格には関係ない。

この「店頭価格」は個人タクシーなどが現金で燃料を購入する価格であって、我々のような法人タクシー業者はまとめ買いでこれより低い価格で仕入れ(?)ているようである。しかし詳しい取引価格を知らないし、上の数字で計算することにしよう。

すると18日に使用した(仮想)燃料費は

29×77=2233

2,233円となる

これを18日の売上、¥33,470で割ると、

2233÷33470≒0.067

燃料費率は6.7%

という数字がはじき出された。

この数字を高いと感じるか、または安いと感じるかである。

先日の舞子坂さんへのコメントにも書いたが、業者にとってこの数字を「経費」と捉えるならば(通常経費の仕分けになるだろう)、上と同じ燃料費を50人の運転手が使うと考えると

一日10万円を超える経費

になってしまう。月にしたら数百万円、これはべらぼうな「経費」である。

しかしタクシーにおいて、(人件費を除けば)この燃料費は唯一と言って良い「変動費」となる。

「経費削減」と言って、民主党のように

無駄を削ろう

とがんばっても、この燃料費なくして営業は不可能である。八ツ場ダムのようにはいかない(なんかちょっと違うやろ)。

要するにこの燃料費は製造業における「原価」に相当する、と俺は思っている。

我々は製造業ではないので、

サービス原価

となる。

そう考えるとどうだろう。

原価率6.7%、売上総利益率(粗利益率)93.3%となる

この数字を製造業の人が見たらどう思うだろう?

原価が(極端に言えば)倍になっても、値引きは可能ではないかと俺が考える根拠である。

そのためにはトヨタのような

「カイゼン」も必要

だし、これもトヨタのプリウスタクシーの出現なども、この問題に大きく関連してくるのでまた触れよう。

また製造業絡みで、タクシーにおける実車率ならぬ、

「稼働率」という考え方

も示してみたい。

2009年7月30日 (木)

燃料費率

7月30日(木) 景気指数50 晴

涼しい日だった。梅雨が明けた、というより秋のようなさわやかさ。梅雨明けの遅い年は嫌いだ。夏が短い。

LPガス価格
LPガスの価格が落ち着かない。

オートガススタンド店頭表示の現金価格は、

6月まで76円/リッター

7月1日から78円(値上げ)

7月21日から74円(値下げ)

そして今日また張り紙があった。

8月1日より77円(値上げ)

ちなみに今日給油した際の燃費は、

4.2キロ/リッター

昨日クーラーつけっぱなしで仕事も全然なかったので、記録的に悪い(通常は6〜7キロ)。

昨日の走行距離(114キロ)を上の数字で割ると、使用燃料は、

約27リッター

74円をかけると、1乗務で使用した燃料費は、

1998円

昨日の売上(18400)に対する燃料費率は、

10.86%

となる。

1割を超えている、あえて悪い数字を出してみた。

この数字(燃料費率)は売上が良くなるほど低下する。

ちなみに現在のガソリン価格は店頭で120円程度かな。ガソリンはここ数ヶ月ジリジリ上がってるが、ガスはガソリンに比べると上がり方が鈍いようだ。

本日売上 16,170/14回(3回) 11.75時間(9台) MAX 2,710

3乗務連続で2万円を切ってしまった。

もうどうにもならないくらいについてない。こんなことは年に何度かあるが、月末にくると少し応える。

よく覚えているが、昨年の7月末に6万超えをした後にも、1万円台が続いたはず。この時期はちょっと個人的に磁気が悪いのかも・・・

マーフィーの法則ではないが、

俺はついてない、と思うと全て悪い方向に向かう

不思議なもので、この法則はかなり正しい。

要するに「俺はついてる」、と思えばいろいろうまくいくのだが、わかっていても中々そう思えないところが人生の難しいところであり、面白いところでもあるのだろう。

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart