くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

タクシーのりあい Feed

2011年2月25日 (金)

会費制


看板が変わった・・・(よう見えへんで)

NHKラジオでどこかの地域(しっかり聞いとかんかい)の、

買い物弱者対策

について何か話してた(曖昧な情報で投稿すんな)。

「買い物弱者」なんていう言葉が現れて久しいが、今後はこういう問題も拡大していくんだろう。

特に地方、俗に言う「田舎」では、

対策の一つとして乗り合いタクシー

が導入されている地域も多い。

しかし乗り合いタクシーの取り組みがうまくいっているという話はあまり聞かない(北海道にあるらしいで)。

さっきラジオで話してた地域も(だからどこやねん)、運営がうまくいかず(利用者が増えず?)2年ほどで乗り合いの取り組みを断念したらしい。

俺が思うに、

乗り合いは会費制でやるべきではないか

とにかく料金体系やろ。

例えば、ある地域で8人乗りのバンを持つ。

会費は一月1万円

決めれらたエリア内で(車の融通が出来る限り)週5回まで自由に乗れるとか

運営側は(一台として)、

会員30名程度集めたら商売になるんちゃう?

とにかく

個人で出来るシステムを作ること

が大事やと思う。

2月24日(木) 景気指数50 くもり一時雨 雨2 10℃
売上 19,690 13回(3回) 12.00時間 MAX 2,710

「動きませんねぇ」

「これだけぬくなったら(暖かくなったら)あかんわ」

「この冬は寒くてよう動いたんすけどねぇ」

「3月の20日まではあかんわ。ぬくなったらな、もう乗らへん。歩いて帰るわ」

「3月の20日ですか・・・」

2010年9月 7日 (火)

稲刈りの時期


田舎のタクシー会社には農業を兼業している運転手もいる。

「もう稲刈りですか?」

冗談半分に聞くと、

「おう!もういつでも刈れるで。今年は日照りで(稲の成長が)早いわ」

「へー!台風もようけ来るらしいですしね」

「そうか・・・はよ刈らなあかんな」

こういう兼業運転手の収入は一流サラリーマン級であろう。

さて、民主党代表選で菅氏の唱える、

「一に雇用、二に雇用、三に雇用」

かつて小泉政権は失業率を抑えるため(だけ)にタクシーの規制緩和を行ったが、菅さんはそういうことはしないだろう(タクシーに関心もないやろ)。

無為無差別とも言える、02年規制緩和には俺も反対であった。

しかしタクシーで雇用を増やすことは可能なのである

タクシーというのは、営業する地域によって営業方法も収入もストレスも社会性も、全くと言って良いほど異質になってくる。

大きく3種に分けるとすれば、

A地域: 東京、大阪などの大都市部

B地域: 周辺郊外都市

C地域: ど田舎

となる(やる気ない表現やな)。

俺などはB地域になるのだが、

注目すべきはC地域である

ここに需要を創ることが可能なのである。

それには当初は金と制度の両面で行政の協力が必要になる。

AまたはB地域に規制(減車)がかかっても、

C地域次第で相対的な雇用を増加させることも可能

なのである。

それは繁華街の渋滞と運転手の抜け毛を増やしただけの

02年規制緩和とは全く異質の雇用創出である

詳しい手法は秘密である(小沢流か、実は何もないな)

9月6日(月)景気指数40 晴
売上 12,870 9回(2回) 11.00時間 MAX 4,230

14~16時、21~23時と空白、2度のダブルホワイト(ソフトバンクか)

10メートルのパーパット、俺の技量ではどうにもならなかった。

このホールでのボギーは仕方ない

連続ボギーを打ってはいけない。明日が大事や。

2010年8月27日 (金)

湖東圏域

湖東圏域とは、

滋賀県の彦根市と多賀町、プラス愛荘、甲良、豊郷の3町

という地域らしい。

新しい乗り合いタクシーの動き

http://mainichi.jp/area/shiga/news/20100825ddlk25040397000c.html

利用者は乗車1時間前の予約が必要。所定の停留所で、同方向に向かう人に相乗りしてもらう。料金は距離に応じて1人400~1000円。メーターとの差額は各市町の負担金と国の補助金でまかなうが、今年度は約1150万円を見込んでいる。

「新しい」とは複数の自治体にまたがった動きという意味である。

料金も従来の事例より比較的高い。このくらいの水準が適当だと個人的には思う。

2010年3月24日 (水)

四街道お迎え交通会

ツイッターでフォローをもらった

四街道お迎え交通会

という、これは何やろ?

いわゆる社会起業という奴だろうか。

ブログを拝見すると、どうやら

都市部における相乗りタクシーの試み

のようである。

四街道市ってどこにあるんやろ?


大きな地図で見る

そんなに都市部でもないんか・・・(怒られるぞ)。

とにかく
 

どんなシステムで?

どんな料金で?

認可とかどうなってるのか?

いろいろ聞いてみたいこともあったので、

今またゆっくりブログを拝見させていただこうと、訪問すると、

サーバーメンテナンス中・・・

うーん・・・眠いからちょうどいいか(何やねん)

3月23日(月) 景気指数60 雨 雨指数7 6℃
売上 29,680 22回(5回) 12.25時間 MAX 2,550

最高メーターが2,550円で3万近く揚げたってすごいやろ。

雨の恩恵が大きかったが、こういう乗務って何か達成感ある。

東京は夜山手線が止まってたらしいな、19時とか20時とかの時間帯らしいが・・・

タクシー天国やったんやろね、多分(なんちゅう表現やねん?)。

2010年3月 8日 (月)

津和野のりあいタクシー

http://mainichi.jp/area/shimane/news/20100304ddlk32040680000c.html

乗り合いタクシーは、委託を受けた津和野第一交通が同空港の発着時間に合わせ、1日2往復する。津和野行きは航空機到着の10分後、空港行きは出発の50 分前到着をめどに運行する。停車は、町役場前(日原)▽JR津和野駅▽なごみの里--の3カ所。約32キロ、所用時間約50分間で1人2000円。予約す れば1人から乗れる。同協議会事務局によると、通常のタクシーを利用した場合は約9500円、公共交通機関を利用した場合は約2時間かかるという。

津和野ってどこやろ?と思って調べると、島根県の西のはずれ(はずれとかいうな)、山口県萩市と隣接しているらしい。

森鴎外の小説「舞姫」の舞台にもなっているらしい。

2010年2月25日 (木)

タクシーバスinNY

金曜日(26日)から、ニューヨークのバス形式「のりあいタクシー」がいよいよ始まる。

http://www.nj.com/news/index.ssf/2010/02/nyc_experiments_with_shares_ta.html

よく知らんけど(じゃあ書くな)、歴史的(?)なスタート時におけるルートは、

大きな地図で見る

West 57th Street and Eighth Avenue

57番通りと、8番街ね

West 72nd Street and Columbus Avenue

72番通りと、コロンバスアベニュー

East 72nd Street and Third Avenue

東72番通りと、3番街ね

ふんふん・・・(わかってんのか?)

2010年2月22日 (月)

のりあいタクシーINニューヨーク

ニューヨークで新しい「のりあい」の流れ

その名も

グループライズ(Group Rides)

Taking a cue from Flatbush Avenue’s Dollar Vans, some yellow cabs will begin running on routes with predetermined stops where passengers can get on and off.

このサービスの肝は都市におけるバス形式の「のりあい」であること。

$3 for the first passenger, and $4 for each additional rider

料金は最初に乗った人が3ドル、後から乗った人はそれぞれ4ドル。固定料金のようだ。
最初に乗った人が安いのは・・・待たされるからかな?

Group rides are set to begin on Friday

サービスは金曜日(2月26日)から始まるらしい。注目。

ニューヨークの「のりあい」は今始まったわけではない。

ライドシェアリング(ride-sharing)

というシステムは既に存在していた。

ヒッチスターズ(hitchsters)

という会社が恐らく先駆けで、このサービスは2006年の11月から始まっている。

ライドシェアリングは、日本でも昨年あたりからタクトモさんやみんタクさんなどに見られるように、利用者がネット(主に携帯)を介して同乗者を募るシステムである。

さすがにニューヨークは常に先を行っている・・・

2010年2月17日 (水)

デマンド交通

最近パソコンの前には椅子を置かないようにしている。やらなあかんことはたくさんあるのに、PCの前に座るとついついしょうもないことで時間が過ぎてしまう。

しかし今日は諦めて椅子を持ってきた

飲みすぎてしまって、本や書類を読む気になれない(あほか)。

数日前(15日)の日経ののりあいタクシーに関する記事について簡単にメモしておこう。

のりあいタクシーというか、

ここでは「デマンド交通」という言葉を使っている

こんな横文字用語を付けてはただでさえ伸び悩んでるのに余計に普及しにくくなる。

紹介されている一つは福島県南相馬市(人口約7万人)の小高町(人口約1万3千人)、

おだかe-まちタクシー

商工会で運営している。

ドアツードアのサービスで、市内100円、最高400円。走るのは30分に1回。30分前までに予約要。総コストが2000万円、うち半分(1000万円)が市の補助金。年間利用者は約2万7千人(08年)。

ちなみに小高町はラーメンが美味しいらしい・・・(関係ないやろ)

次に紹介されているのが、岩手県雫石町(人口約1万8千人)の

あねっこバス

上の小高町が商工会で運営しているのに比べて、こちらは町役場で運営している。HPを見てもその辺の温度差を感じる。

こちらは決まった停留所を回るバス形式。30分前までの予約。運賃は全路線200円。年間利用者数は2万8千人(08年)。

もう一つ紹介されているのが、和歌山県日高郡みなべ町(人口約1万4千人)の

みなべコミバス

こちらも町役場による運営。コミバス専用のHPはないようである。

運賃は1回300円。年間利用者は約9000人(08年)。町の補助金が約800万円。

現在このような「デマンド交通」は全国で160ヶ所程度(記事では「以上」と表現されている)あるらしい。

このような「のりあい」システムは基本的に公共の補助金で成り立っている

業者側は補助金がもらえるからそれほど営業努力をする必要はないし、役所側も公務員なので、住民やタクシー業者の要望でシステムを作った場合は、

どれだけ利用されようがどうでもいい

ひどい場合には、面倒なので利用者を減らして早いとこやめたいくらいのものだろう。

俺は興味があるので、いろんなケースを見ているが現役の運転手として一言、

利用料金が安すぎる

この水準の料金ではとてもうまくいかないと感じる。

補助金なしで成り立つケースが(初めて)出たときにこの流れはグッと変わってくるだろう。まだ数年先だろうけど。できるとしたら俺かまつおさんやろね(なんでお前やねん)。

2010年1月 9日 (土)

300円タクシー

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/144881

>八女市は、指定区域内ならば300円均一運賃でどこでも乗り降りできる「予約型乗り合いタクシー」の運行を今月中にも始める

>市内のタクシー業者に委託して平日午前8時-午後5時、10人乗りタクシーを運行。旧八女市内で2台、旧上陽町西部地区内で1台を走らせる

>希望者は事前登録が必要で、利用時に予約センターに連絡するとタクシーが自宅などに迎えにくる仕組み

>総事業費は本年度から3年間で計9千万円を計上し、国土交通省の補助金を活用

今年は全国でこういう取り組みが加速していくんだろう。

できる限りキャッチしていこう。

2009年10月 4日 (日)

仲秋の名月

仲秋の名月
今日が旧暦の8月15日(15夜)にあたるのか(?)。

昨日の雨から一夜明けて、

見事な満月である(ところでこの写真何やねん?)

時折雲でかくれるが・・・

今日(3日)の日経新聞12面の企業欄に、あの東京日交の若社長

マスター川鍋 (川鍋一朗さん)

Photo

のインタビューが掲載されていた(勝手に命名すんな)。

内容は、この10月1日から施行されたタクシー新法(タクシー業務適正化・活性化なんとか)に関して利用者の理解を得よう、というものである。

この法律は、要するに特定地域(主に都市部)において、タクシーの数量規制を可能にするものである。

この法律により既存業者による増車はもちろん、新規参入も困難になるため、(今時どちらにしても増車なんて考えてないやろから)業者にとっては一息つけることになる。

車を減らせ、という内容は盛り込まれてはいないが、マスター川鍋は

3年で(東京地区の車両を)20%減らせる

と述べている。これがもし実現したらすごいことだが(マニフェストか?)。

実際彼は業界に先駆けて自社の車両を減らす取組みを既に始めている。

そして減車により、

運転手の質を向上させることができる

とも述べている。

ここまでのロジックは俺もかねてから持っていた。

しかし驚いたことに、このインタビューの中で、

マスターはタクシー料金の値下げに言及している

すげえ・・・さすがマスターや(だからその呼び方やめろよ)。さらに値下げに関連して「乗り合いタクシー」も考慮に入れている。

このまま数量規制(のみ)に走ったら業界はおかしくなる

値下げを実現してこそ利用者の理解を得られるだけでなく、我々運転手が誇りを持って働くことのできる環境を作ることが出来るのだ。

また供給を減らすことによって実際に価格を下げることが出来たのならば、市場原理に反した事例として非常に貴重なケースとなる。

俺も最近やっとそこにたどり着いたのだが、

既にマスターはそこにいた

ということになる。

特に今回の法律が施行されたばかりの段階で、業界の代表的人物がその議論(値下げ)を世間に提示した、という事実の大きさは計り知れない。この議論は後付けでは意味がない。

彼こそまさにタクシー業界に輝く仲秋の名月である(すごい結びつけ方やな)

業界にこんな人がいて良かった。

なんで結婚しないんやろね(ほっとけ)。こんな人の下で働きたいと思うよね(お前ほんまに上司に恵まれてへんからな)。

10月3日(土) 景気指数50 晴 
本日売上 20,830 13回(3回) 10.00時間 MAX 3,430

今日は好天の土曜日と言っても、

仏滅

どうせ仕事もないやろ、と思い昼を挟んでジョギングとトレーニング

予想通り悪い土曜日やったが、大崩れは逃れたかな。

明日は

大安の日曜日

5連勤最終日。がんばるぞ!

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart