くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

運行管理者 Feed

2008年10月 3日 (金)

合格率

10月2日(木) 景気指数60 晴 11℃

寒い!何やこの寒さは。ワイシャツ1枚で自転車漕いで帰ってきたが、手が震えた。川沿いの道を走っていたら、真上にカシオペア座がきれいに見えた。秋というより、冬のような夜。

仕事はついてたなぁ、夜22時台の悪い時間にホテルから三宮までの仕事が当たった。客はアメリカから一時帰国している方でアメフト談義で盛り上がった。

朝出勤して洗車していたら、運行係長が近寄ってきた。

「この前の試験(運行管理者)随分難しかったらしいな」

「そうなんすか?」

「合格率が25%になってるわ」

「えーっ、そんなに低かったんですか!去年の試験の合格率が70%って聞いて、そんなに簡単やないやろ、とは思ってたんですよ」

合格した試験の合格率が低い、というのは嬉しいものである。

「うちの会社で19人受けて6人合格やから、全体の合格率は上回ってるけどな」

「そうなんですか・・・」

6/19で31.6%、微妙な優越感やな。一人合格減ったら、全体の合格率とほとんど変わらんやんか・・・

「ところでその中(19人)に僕は入ってるんですか?」

うちの会社で19人も受験してたのか・・・

「あんたは入ってないわ、ははは・・・」

何が面白い?そんな風に企業は無能な人材にコストを割いて利益を浸食していくのではないか(こんな奴のために費用を負担しなかった会社の判断は正しい)。

今からでも遅くないぞ、この優秀な社員に試験の費用を払って頭を下げるが良い。と、見ると係長は既に俺に背を向けて去っていく。

「あ、あの・・・待ってください!」

「なんや?」

「う、上着貸してください」

今月から衣替え、上着のジャケット忘れていってしまった(点呼のとき着てないとうるさいんよね)。



本日売上 32,100
最高メーター額 12,790
乗車14回 20名(喫煙0名)
乗務 10.50時間
走行 197K

直近5乗務平均 28,920

2008年9月21日 (日)

運行管理者試験合格!

9月20日(土) 景気指数40 晴 気温21℃

今日は台風の余韻もなく、というのか台風一過というのか、良い天気だった。しかし秋晴れという感じでもなく、少し蒸し暑い。

最近思うのだが、カップ焼きそばを美味しく作るコツはお湯きりである。最後の一滴までお湯を切る強い意志が必要である。

「カップラーメンは3分、カップ焼きそばは6分と思え」

19世紀に中米のグアテマラで民主化運動を企て、クーデターをおこすが失敗してメキシコに亡命し、タコス職人になったフエゴス・カンペロの残した名言である(100%フィクションです)。

要するにお湯を入れて3分で楽しめるカップラーメンと比較して、カップ焼きそばは3分待った後に3分間お湯きりに時間を費やせ、ということである。

「流し台で3分間立ち続けることの出来ない奴はカップ焼きそばなど食うな!」

カップ焼きそばなどない時代にフエゴスはシャウトしたことだろう。

要するに仕事は今日も悪かった。締め日で気合を入れて出勤したのだが・・・今日4万あげないと今期50万に届かない。高いハードル・・・というより棒高跳びのようなものである。

昼間は15時過ぎに、乗り込み乗車などほとんどない待機場所からハーバーランドなどというサプライズ乗車があって、ちょっとその気になったのだが・・・夜は例によってひどかった。ここのところ3週連続で土曜日に出勤してるが、土曜の夜はひどいなぁ。

案の定、目標(4万)には遠く及ばなかった。



*運行管理者試験合格!

ここのところ仕事は不調続きだが、良いニュースが舞い込んだ。先月(24日)受験した運行管理者試験の合格通知が届いた。

めっちゃ嬉しいー

いやー、試験の合格通知というのは本当に良いものである。

ちなみに運行管理者の受験資格に「自動車運送事業における1年以上の実務経験」なるものがある。ボトムラインではタクシー会社の事務所での職務経験が求められる。

俺は運転手なので、「事務所」などという空気の悪い空間での滞在経験は薄い。そんな俺のような健康な輩のために「基礎講習」、という健全な制度が設けられていて、この「基礎講習」を3日間受講すると上の実務経験がなくても受験資格を得ることが出来る。

俺の元同僚は数年前この運行管理者の試験を受験するにあたって、運転手だったのにも関わらず上の実務経験の書類を会社に偽造(?)してもらって、交通費を含め全て会社の費用で受験し、しかも合格後に報奨金(1万5千円)までもらっている。

俺は基礎講習(8千円)から、本試験受験(6千円)まで交通費(基礎講習も含め概算で約7千円)まで全て自腹である。当然報奨金などない。

ちなみに上の「元同僚」は試験合格後数ヶ月で退社、現在は宅建取引主任者として大手不動産会社に勤めている。同年齢で仲も良かったのだが、今日偶然待機場所に遊びに来た。運行管理者試験に合格したことと、全て自腹だったことを話すと

「俺のせいやー!(費用を会社に負担させてすぐにやめたから)」

そう、お前のせいだ。


本日売上 24,350
最高メーター額 11,830
乗車11回 17名(喫煙0名)
乗務 10.75時間
走行 182K

直近5乗務平均 22,428







2008年6月27日 (金)

運行管理士基礎講習(修了)

ついに基礎講習を修了した。修了証書は涙でくもって読めなかった・・・

ちなみにこの基礎講習を修了することで8月の運行管理者の試験の受験資格が得られるのだが、試験を受けなくても運行管理士の補助者として仕事をする権利が得られる(別にそんな権利に何の興味もないが)。また試験を受けなくても来年から一般講習を4回(4年?)受講すれば運行管理者の資格が得られる。


今日は午後に修了試問があった。これはテキストを見ても良い、というもので基本的に受講した全ての人に合格させる目的で行われるものである。

今後受けられる人のために簡単な情報をアップしよう。

試験は大問7問(マルバツ式6問、穴埋め式1問)、全40問で行われる。試験時間40分

本日の内容は

第1問 自動車事故報告規則 マルバツ式 7問
第2問 道路交通法 マルバツ式 5問
第3問 道路運送車両法 マルバツ式 5問
第4問 道路運送法 穴埋め式 6問
第5問 労働基準法 マルバツ式 6問
第6問 旅客自動運送事業運輸規則 マルバツ式 8問
第7問 安全マネジメントに関する指針 マルバツ式 4問

全40問

 
俺は最初の20分はテキストを見ずに解いて、後の20分でテキストを見ながら見直した。

結果(自己採点)はテキストを見ずに35点/40問、テキストを見て2問修正して37点となった。会場には満点を取られた方もいたらしい(悔しい、俺が一番優秀やと思ってたのに・・・)。

まあ、3日間無事終わって良かった。これで気を緩めず、記憶の新しいうちに明日から少し復習しようと思う。

しかし基礎講習修了者の本番試験(運行管理者試験)の合格率は78%にもなるらしい。俺は余裕やろ(こういうやつが落ちる)。

2008年6月26日 (木)

運行管理者基礎講習(日程)

今日は基礎講習2日目。今後受講される方のため、また自分自身が後に参照するため、(兵庫支所の)日程をアップしておく。

1日目(昨日)
開講あいさつ
10:00〜 運行管理者の業務について(100分)
昼食
12:40〜 運行管理者の業務について(100分)
14:30〜 自動車運転者の指導教育について(20分、ビデオ?だったかな・・・)
14;50〜 薬物乱用の防止について(50分、これは面白かった)
15:40 解散

2日目(今日)
9:30〜 自動車運送事業に関する法令(100分、自動車運送法、施行規則、運輸規則など)
11:20〜 自動車運転者の指導教育について(30分、訂正診断のビデオ−荻原流行が素で適正診断受けてて中々面白かった)

昼食

12:40〜 道路交通に関する法令(60分、道路交通法など、眠かった・・・)
13:50〜 自動車運転者の車両管理について(50分、自動車の整備、点検などについて)
14:50〜 労働基準に関する法令(50分、これは結構得意)
15:50解散 (予定は15:40解散)


3日目(明日)
9:30〜 運行管理の実務について
11:00〜 最新情報の提供について(演習問題、解説)
昼食
12:30〜 自動車事故防止について
13:30〜 修了試問
14:25〜 修了試問の解説及び補足事項
15:35〜 修了証書授与・閉校あいさつ


いよいよ明日で3日間の日程修了、明日は試問がある。明日の試問(これに合格しないと修了証書もらえないらしい)のためなのか、どうなのかみなさん非常に熱心で感心する。

真面目に受講しているのは俺だけやと思ったのに・・・というか会社で費用出してもらってる人たちの方がかえってプレッシャーかかってるのかもな。

そう思えば俺は気楽なもんだ。試問だかリディア・シモン(女子マラソン選手)だか知らんが俺がテストと名のつくものに落ちるわけがない、ハハハ(嫌なやつ)。

修了証書もらったら泣くのかな・・・

2008年6月25日 (水)

運行管理者基礎講習

今日から3日間、仕事を休んで(昨日を含めて4連休)運行管理者の基礎講習を受講するために神戸まで行くことになった。

というより、行くことにした、という方が正確だろう。別に誰にも頼まれていない。自発的に、しかも自費(講習料金8,500円プラス交通費)で行くのである。この講習を受けると8月の運行管理者の試験の受験資格を得ることが出来て、それに合格すると晴れて運行管理者となる。

朝9時50分から始まった講習では、港湾センターの会議室1列14人の12列、168席のほとんどが埋まっていた。あのほとんどは会社から半強制的に送られて来ている人たちであると思われ、当然費用も会社持ちであろう。

当然うちの会社でも会社が費用を出している場合もある。タクシーの営業所には何人かの運行管理者が常駐していなくてはならないためである。しかし、俺は自費・・・何故か

�俺は別に事務所に入る気はない(運転手を心から愛している)。
�ただ単に会社が出してくれなかった・・・


企業、特に小さな営業所ではどこでも、

�無能なやつ
�なんとなくうざいやつ


そして、
�妙に優秀なやつ

は嫌われる。俺が何番かは別にして、実際それほど嫌われてもいない。特に相手にされていない・・・(実は存在感薄い?)

それでは何故事務所に入る気もないのに、この資格(運行管理者)を取ろうとしているのか、

�自己啓発のため
�タクシー業界研究家としてのプライド


そして、
�将来の独立のため

特に�の動機が大きかった。俺はプロフィールの「夢」の欄にあるように将来小さなタクシー会社を経営する夢を持っている。

しかし今日の講習の最初の方で、

一つの営業所に何人の運行管理者が必要か

という話があった。具体的には事業車両約40台につき一人の運行管理者を全ての営業所に置かなくてはならない。

しかしタクシーの営業所に関しては

事業車両5台以下の営業所には運行管理者は必要ない・・・shock(後日修正5台以下ではなく、5台未満の間違い)

要するに俺の目指すような小さな営業所に運行管理者は別に必要ない。まあいいか・・・


今日の1日目は主に運行管理者の業務について、特に運転手の労働時間(拘束時間)について重点的に触れていた。

我々のような隔日勤務以外の運転手の拘束時間は

原則一ヶ月299時間
(労使協定において322時間まで延長することができる


一日の拘束時間は

原則13時間だが、最大16時間まで延長できる。

しかし車庫待ち等の運転手は(我々はこれにあたるだろう)

�勤務終了後20時間以上の休息時間
�16時間を超える回数が一ヶ月7回以内
�18時間を超える場合は4時間以上の仮眠時間確保
�一回の勤務での拘束時間が24時間を超えない


場合は上の原則は適用されない。

問題になるので具体的には書かないが、うちの会社で上のような規則をしっかり守っているのかは「???」である。

どこの営業所でもそうかもしれないが、働きまくる運転手をとめることは難しい。

しかし俺は上の規則を思い切り守っている。

別に規則など関係なく、単に(稼ごうという)モチベーション低いだけ、という噂もあるが・・・



最後の時間は、何故か薬物講習だった。

覚せい剤や大麻、エクスタシー(MDMA)まで詳しく説明してくれて面白かったが、

これとタクシー業務と何の関係が・・・

という疑問は最後まで晴れなかった。

今は第3期ドラッグブームらしい、特に覚せい剤が人気らしいが

「覚せい剤の一回の服用は約0.02グラム、これが5千円から1万円もするんですね」

えー!そんなすんの?

「これが通常1グラム単位で売られていますから、1グラムになると・・・」

おい・・0.02グラムの50倍だろ・・・50万か?いや、まとめて買ったら少し安くなって30万か?・・・

「9千円から高いものでは3万円もするんですね」

安!なんでそんな安くなんの?(先生単位間違えてない?)

そんなに安いなら俺もやってみようかな・・・

いや、冗談だよ・・・本気にすんなよ

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart