くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

13日の金曜日 Feed

2010年8月14日 (土)

日勤

先日タクシーの隔勤というシステムについて書いたが、

隔勤というのは最も効率的なタクシー経営システム

と言える。

業者側にとってはうまく運用すれば、1日20時間以上、ほとんど毎日車を稼動させることができるのである。

この隔勤と似たようなシステムで、

都市型日勤

というものがある。ちなみに「都市型日勤」という名称は俺が勝手につけたもので、一般的に使われているものではない。

これは隔勤というシステムが、2日間48時間を2人の運転手でシェアするのに対して、

1日24時間を2人の運転手でシェアするシステム

である。

例えば、

A運転手が朝6時から17時まで乗務して、

夕方に出勤してきたB運転手が18時から朝の5時まで乗務する

というものである。

これもうまく運用すれば長時間車を稼動させることができるが、隔勤と比較して、引継ぎのタイミングがタイトになる。

俺の見る限り、札幌のウッディさん(A型)、浦安の小雪さん(A型)、神戸の舞子坂さん(B型)などがこのシステムで乗務されている。ニューヨークのタクシーフリートでもこのシフトが多いようである。

注:()内は血液型ではありません。

しかし上のような勤務形態というのは、

深夜に需要があるというのが大前提である

深夜需要のない田舎では上のようなシステムは成り立たない。

注:他の公共交通のない深夜だからこそタクシーの価値があるわけで、どんな地域であろうと「深夜需要が全くない」ということはありえないのだが

そこで、俺の会社では、

2勤1休というシステム

が取られている。これは日勤乗務の一種で、3人の運転手で2つの車をシェアするものである。主に都市郊外などではよく適用されている。

例えば、

A運転手がM車、B運転手がN車の担当

だとしよう。

A運転手(M車)は月、火、木、金と乗務する(水、土休み)
B運転手(N車)は火、水、金、土と乗務する(月、木休み)

そして

C運転手が月(N車)、水(M車)、木(N車)、土(M車)

という具合に空いている車に交互に乗務することになり、業者的にはほぼ毎日車を稼動させることができる。このC運転手を「相勤」などと呼ぶ。

上の隔勤や都市型日勤に比べたら、稼働時間が少なくなるということになる。

そしてこの勤務形態は運転手にとっては、

公休出勤ができるというメリットがある

隔勤乗務の運転手は20時間以上の休息が義務付けられているので、公休出勤することはほぼ不可能だが、日勤乗務の休息義務は8時間以上である。

上の例で行くと俺はA運転手になるのだが、空いている車があれば、本来休みである水曜に出勤することも可能なのである(相勤さんが入院されてお前の車いつでも空いてるらしいな)。

そのように休日出勤を重ね、今期(20日締め)残り1週間を残して、

昨日で18乗務を終了した

いやぁ、良かった(基本20乗務やないんか)。

注:2日分は有給。この世界まともに有給取る運転手は少ないが、俺はしっかり消化する「優良ドライバー」である。

8月13日(金) 景気指数50 晴 
売上 23,200 20回(4回) 12.75時間 MAX 2,390

13日の金曜日(忘れてた・・)、盆休初日、苦戦が予想されたが、

時間を稼いで、地道によくがんばった

昼間はずっと病院に張り付いて地上戦を繰り広げたのが奏功した。

病院は仕事は小さいが、数稼げる。チップも比較的多い。

夜はさすがに動きは悪かったし、大きな仕事もあたらなかったが、

難関最終ホールはOKパー

これで、今期2イーグル(4万以上)、4バーディー(3万台)、2ボギー(1万台)

6アンダーで52万超え(18乗務)

上出来や、悪い時期やからな。

数年前この期に20乗務で38万しかできなかったことがあったし、まあよくついてたわ。


2009年11月14日 (土)

13日の金曜日

13日の金曜日
今年最後の13金が終わった(何回あんねん)。

13日は苦しんだが24時過ぎから雨、まあまあ売上作れた。

写真は御影山の上の夜景、

この夜景、この場所いつかも来たな・・・

ちょっとした自分だけの神戸スポットである。

神戸は大雨・・・

11月13日(金) 景気指数50 晴のち雨 雨指数3
本日売上 37650 15回(6回) 13.00時間 MAX 11,350

2009年10月31日 (土)

13夜

今日は公休出勤日。

公休日は自分の車に乗れないので、空いてる車から適当に選ぶ。

金曜日なのにようけ車が空いてる。

昨年のリーマンショックから、入ってくる運転手も多いがやめてく運転手も多い。

やめてく運転手の方が多いから(少なくともうちの会社では)結局運転手は減っている

この不景気では、新人として入って来てもまともに稼げないし、不景気でギスギスしているベテランドライバーから冷たい視線を浴び続ける。

とても楽しい職業とは思えないのだろう

そして俺が空いてる4台から選んだのが、

「805でお願いします」

805はマニュアル車である。

すると事務所のおばちゃんが、

「805でええの??814(オートマの新しい車)空いてるで」

「いや、814はAM(ラジオ)しか聞けないから、僕はFM聞けないといやなんですよ」

「はー、変わってるね。自分でマニュアル選ぶ人知らんわ」

ということで久々のマニュアル車で営業。

人の車に乗るとついている。

夜にホテルから外資系製薬会社の仕事が当たる。

お医者さんが乗車して、話しかけてきた。

「週末から寒なるらしいね」

最近は客が乗る度にこの話ばかりである。

「そうらしいですね。冬みたいになるって・・・3日くらいからですか?」

すると、そのとき

ドスン!

車が振動して止まる(エンストです)。

「どうしたの?」

と、お医者さん

「えっ?・・・あー・・・なんですかね?エンジンが・・・調子悪いみたいですね」

動揺する運転手。

話に気を取られて、信号の手前が緩やかな登り坂になっていることに気がつかなかった。

「大丈夫?わたし帰れる?」

さりげなくセルを回しながら(どうやって「さりげなく」エンジンかけるのや?)

「いえ・・・あの・・・問題ないですよ」

「明日朝早くから東京行かなくちゃならないから」

本気で心配している客。

「東京ですか?!それにしても今日は月がきれいですねー」

強引な振りで話を変える運転手。

「そう言われたら、きれいやね。満月にはもう少しかな」

「今日は13夜ゆうて、特別な月らしいですよ」

「13夜?」

「さっきラジオで聞いたんですけどね(その後ネットでも調べたんですけど)、今日は旧暦の9月13日で15夜(旧8月15日)と並んで昔から特別に月を鑑賞する習わしがあるそうですよ」

待てよ、ということは今日は13日の金曜日?

「へー、そうなの?(ところであんたさっきエンストしたんちゃうん?)」

「13夜がきれいに見えた次の年は豊作になるとか」

「今日はきれいやね(プロの運転手がエンスト?)」

「昔から13夜は晴れが多いらしいですよ」

「ほう・・・(タクシー運転手がエンストすることは多くないよね)」

「要するに満月の2日前ですから、何でこんな中途半端な月を昔の人が重要視したのかはわかりませんけど」

こんな感じで博学を気取って難を逃れた。

13夜

しかしよく見ると、ほんまにきれいやね。

何かなんとなく、言葉ではうまく表現できないけど、この13夜の月が何故特別なのかわかるような気がした(エーンスト!エーンスト!)。

10月30日(金) 景気指数50 晴 10℃
売上 41,250 13回(3回X) 13.75時間 MAX 11,270

今日は出勤しようか、どうしようか正直迷ってたけど、出て良かったー。

ちょっと2日ほど禁酒してたが、4万超えを祝って久々に少し飲んでる。

2009年2月14日 (土)

事故(フィクション)

ついに事故を起こしてしまった。

忘れもしない5年前の独立記念日(7月4日)の事故いらいである。 

方向転換しようとどこかの駐車場に頭を突っ込み、バックの際すぐ後方に迫っていた(ミラー死角)一般車に接触した事故であった。

今日の事故は、雨が降り始めて間もない14時過ぎ(実際はこの時間仕事がなくて爆睡していた)、住宅街で客を降ろした直後だった。

住所だけを告げられて個人宅を探すような仕事はよくあるのだが、雨でウインドウの曇った状態ではいささかストレスがかかった。

客を無事目的地に送ったことでほっとしたのかもしれない

客が降車した後、そのまま突き当たりのT字路を右折しようとしたときである

住宅地によくある見通しの悪いT字路、しかも雨でさらに視界が制限されていた。

自分では一応安全確認したつもりだったのだか、不十分だったのだろう。

軽く停止した後、車を前に出したそのときである。

左からすごいスピードで車が接近してきた

白のアルファードだった。ものすごい圧迫感、

急いでブレーキを踏んだ

アルファードも急ブレーキを踏んだ

ブレーキ音と、どちらが鳴らしたのかクラクションの音が響き・・・

その後に鈍い音が・・・

T字路で相手は直進、基本的に相手が優先である。

相手があんなにスピードを出してなければ、雨が降ってなければ直前で止まれたかもしれない。

しかしこちらの有責事故である。運転手として注意が足りなかった。ブレーキを踏む左足の反応が一瞬遅れた(ここだけの話、俺はオートマのフットブレーキは左足で踏む)。

最近よく思う。T字路は怖い。交差点も危険だが交差点には一応秩序がある。

しかし信号のないT字路には秩序がない

優先とされる直進車がわが者顔にセンターラインもなく、道の真ん中を走って行くと、ヒヤリとする。

今後このような事故をなくすためには、手前での完全停止、最徐行による前進、車を頭一つ出してまた停止、目視による、しつこいほどの安全確認だろう。

ということで、上の話は作り話である。幸いにも13日の金曜日を今回も見事克服して、無事故で、雨の中自転車でびしょぬれになって帰ってきた。

上のような話を考えるにあたって、日々の業務の中で一体どのようなときに危険を感じるか、今までのヒヤリハットなどを振り返って考える。思っていた以上に意義深いような気がした。

事故は起こしてから考えては遅い

場合によっては人生を変えてしまう。

もし自分が事故を起こすとしたら・・・

地域の道路状況や、自分自身の性格などを分析して起こりうる事故を想定する。これは事故予防に結構効果があるような気がする。

今日は春一番?なのかな、午後から雨と風、夜には電車のダイヤも乱れて結構稼げた。

想定上の事故は14時過ぎ(その時点で売上約4千円)、その後に3万以上稼いでいる。手取り歩合4割としても、1万2千円の手取り。話題の定額給付金と同じ額。チップも今日は多くて3千円以上。

要するに想定通り本当に事故を起こしていたら(乗務はそこでやめなくてはならないので)、まずその後の売上から得られる利益1万5千円を失ったことになる。

逆に1万5千円儲かった気分

これが究極のプラス思考というやつだ。

次の13金は来月か・・・2月が13金なら3月も当然同じ・・・

来月は海外に逃げよう(どこに行っても3月13日は金曜日だが)

本日売上 35,060/23回 201K 13.00時間 MAX 2,710
2月累計 8乗務 244,260 1乗務平均 30,533

2008年6月14日 (土)

13日の金曜日

6月13日(金) 景気指数75 晴 気温16度

いやあ今日は酒がうまい!人生の天敵13日の金曜日をやっつけて、最後は遠方乗車。光が見える・・・

今日は朝から梅雨の晴れ間の最高の天気。日中はかなり気温が上がった。しかし夜は涼しい。

*13日の金曜日
今日、というかもう昨日になるが、13日の金曜日。俺は13日の金曜日が大嫌いである。

朝はジョギングしようとしたら、ストップウォッチがなくて探し回ったり(結局見つからず)、大好きなレイカーズが20点差を逆転されて負けたり(1勝3敗でほぼ望みなし)、ヤフーとグーグルが業務提携したり(あまり関係ない)、不吉な予感がしていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/13_%28%E5%BF%8C%E3%81%BF%E6%95%B0%29
F1競技においては、カーナンバーに13番を付けたレーサーの死亡事故例が2件あって以来、13番を用いないこととなっている。

上のような話もある。本来13日の金曜日には運転するべきではない。タクシーもあまり利用しない方が良い・・・じゃあ出勤するなよって?一応金曜日なんで・・・しかも今日の金曜は良かったなあ、よく動いた。

夜お客さんを乗せて信号待ちしていたとき、ふとルームライトを点けて車内の時計を見ると、

12:01

おお!13金が終わってる!もう14日だイエーイ(死語)!

BGMにはGloria Gaynorの「I will survive(俺は生き残るぞ!)」が流れていた・・・

そこからの快進撃、14日になってから2万円くらい上げてやったwink

次は来年2月か(前回は去年7月)・・・
http://kaji.com/etc/friday13th/friday13th21cJ.html
おい!来年3回もあるやないか!怒るで、しかし

本日売上 40,330

直近5乗務平均 30,670

2007年7月14日 (土)

13日の金曜日

街角景気 70sun

まだボーナスの余韻があるのか、雨のおかげか、結構忙しかった。4万超えて、自分的には満足してるが、夜走ってるドライバー(当社15〜20名)の中では私などおそらく営業所で最低の売上ではないか、そのくらい景気は上々である。

もう日付は変わっているので昨日になるが、13日の金曜日。私は13日の金曜日を本気で恐れている。おそらく日本人で最もこの日を意識しているのが私である。別に私はキリスト教徒ではない。しかし子供の頃からこの日には不吉なことがよく起こるのである。多分キリストさんに気に入られているが、中々教会に姿を現さないのでいじめられているのだろう。

去年飲酒運転が大きな問題になって、取り締まりも厳しくなりかなり飲酒運転が減ったという話だったが、確かにタクシー運転手として毎晩走っていて飲酒運転は減ったという実感はあった。

しかしここへ来てまた飲酒運転が増えている

「喉元過ぎれば・・・」というやつだろうか、今日も夜ふらふらしている車が多くて(13金だし)怖くて仕方なかった。中には覗くと運転しながら思いっきりメール打ってるやつもいた・・・

政府、警察は飲酒を始めとする道路上の問題の摘発に(日本中どこにでもいて、夜走っていて、無線もあるのだから)タクシーを利用することを考えてはどうだろうか。

明日からまた勉強会で4連休

本日売上¥41.230 乗車15回 35名(喫煙2名)

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart