くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

中小企業診断士 Feed

2010年12月16日 (木)

事業所税

事業所税
今日はまた一段と冷え込む。

車を出る気もしない

地方の待機営業のタクシー運転手は駅構内などで、一般の人の冷たい視線などには目もくれず、車の外に出て他の待機車両と意義浅い交流をしたりするのだが、

さすがに誰も出てない

こういうの落ち着くわ(お前嫌われてるやろ)

昨日政府が法人税減税の方針を固め、今もラジオでその話をしてる。

俺は減税には反対である

減税などしても国際競争力が高まることはないし、雇用問題は放っておいても近いうちに解消する。

というか、

数年後に労働者は不足する

ちょっと気になったのだが先日ある企業の方が、

「事業所税が負担になってます」

と言っていた。

この事業所税なるものは、神戸市のような大規模市にかかる典型的な外形標準課税で、

確か

事業所面積1平米あたり600円

従業員給与総額の0.25%

みたいなもので、軽くはない負担である。

そしてこの事業所税なるものは、

タクシー事業者には課税されない

巷では減車減車と騒いでいるが、規制緩和で都市のタクシーが無尽蔵に増えた裏にはこうした税制優遇もあるのである(何が言いたい?)。

現在売上 17840 15回

単価は低いが流れは悪くない。

ここまで15回

23〜24回ペースやな

12月16日(木) 景気指数50 晴 マイナス4℃
売上 35,830 22回(4回) 12.75時間 MAX 10,230

最後はまたよく動いた。

23~26時は時間6千円くらいのペースで出来る。

あくまで確率の話だが、

17日は1年でも最も稼げる第3金曜日

家庭の事情でお休み

2010年9月11日 (土)

社長さん

夕方買い物(プリンターインク)で商業施設に寄ったのだが、

入り口にあったサーティーワンアイスクリーム

いいなぁ、でも時間ないし(金ないし)・・・

と通り過ぎながら中を見ると、

中年のおじさんがボックス席で

アサヒスーパードライを飲んでいた

それは違うやろ

と突っ込みたかったが、

そんな時間もなかった。

そして、夜ホテルから乗った顔見知りの中小企業の社長さん(サーティーワンアイスとは関係ないんやな)

「どうも」

「おー!元気か」

「おかげさまで」

「どう?景気は」

「えー・・・8月は良かったんですけどねぇ、ちょっと9月に入ってからは良くないですね」

「そうか」

「社長の方はどうですか?」

「うちは・・・景気いいよ」

「そうでしょうね」

「普通こう言うと驚くんやけど(あんた驚かへんね)」

「見たらわかりますよ」

「見たら?」

「活き活きしてますよ。強い企業の社長さんは」

「ちょっと強がってみただけなんやけどね」

「今どきその『強がり』が出来ないんですよ。ほとんどの企業さんは」

「そう言ってもらうとその気になるね」

目的地に着いた。

「ありがとうございます。1990円になります」

「ありがとう!これ取っといて」

3枚の千円札。

「強がり」がさらに利益を生む。

それが経営なんですよ。

9月10日(金) 景気指数50 晴 22℃
売上 25,500 11回(2回) 10.50時間 MAX 9,670

晩飯休憩まで、5千円やったから

まあまあがんばったんちゃうかな。

2010年7月 9日 (金)

消費税議論

いよいよ選挙が近づいてきた。

俺は何故か2005年9月の衆議院選挙、2007年7月の参議院選挙、そして今回の参議院選挙と大きな選挙の時にいつも育児休業を取っている。きっとみんな俺がどこかで隠れて立候補していると思っているだろう(誰も思ってない、しかも何故隠れる?)。

しかし

今回の選挙は7月11日、ワールドカップ決勝と同じ日

である。選挙番組を人生の楽しみにしている選挙オタクとサッカーオタクを兼業する俺にとってはハードな日程である(いいから仕事しろ)。

今回の選挙の争点は、

なんと言っても消費税だろう

選挙の直前に就任した菅総理大臣が、消費税10%に言及してしまったことが始まりである。自民党の公約に横乗りした形だったのだが、最初聞いたときは、「なかなかうまい(戦略や)な」と正直思ったのだが、

結果としてこれが大きなマイナスになってしまった

ようである。

個人的には消費税の増税には賛成である。

消費税に限らず、

(率計算する限り)全ての増税は低所得者にとって有利である

と言って良いと思う。

しかし

何故か増税に敏感に反応するのはいつも庶民・・・

この消費税増税と同時に菅さんは所得税の上限税率にも触れたらしいが、先日ある早朝番組で関西のカリスマキャスター、辛坊治郎氏が叫んでいた。

「こんなバカなことしたら、みんな働く意欲がなくなりますよ!」

上限税率の所得は(確か)1800万だったはずである・・・

一体誰の意欲がなくなんねん

言うまでもなく、彼を始めテレビ局で働く多くの人間はこの「上限所得」に影響する人間である。

言いたいのは、増税によって大きく利益を損なう人達、主に

新聞社やテレビ局のマスコミ関係の人間に庶民は洗脳されているのである

大体あんたらちょっと前まで、

「日本の債務は800兆円を超えています!政治家は一体何をしてるんでしょう?」

なんてしつこく言ってたやん。庶民はあんたらと違って国債も、その他の金融商品も持ってへんで。

消費税も同じ、消費の多い高額所得者にとって増税は大きな痛手となる。

消費税が5%上がればベンツを買って数十万の負担増である

俺のような生活水準では仮に今から10%増税されても月にして数千円の負担にしかならない。しかし国には数十兆円の収入が増えるのである。

消費税については、生活必需品の免税や、低所得者の納税分還付などが議論に上がっているが、どちらも線引きが難しいし、事務コストもかかり過ぎる。なんでも外国の真似をすればいいというものではない。

ここでちょっと基本に返ってみよう。

消費税って一体誰が払うのか?

もちろん間接的には我々消費者が払っているのだが、

直接払っているのは事業者である

このことが結構議論に上がらないのは不思議である。

現在も設立1期目2期目、そして、

売上が1千万に満たない業者は免税

とされている。かつてはこの免税基準は3千万だった。

しかし

設立間もない会社も、売上が1千万に満たない会社も消費者から消費税を取っている

ここが問題である。

例えば個人タクシーで売上が1千万に届く業者などほとんどないだろう。消費税は払っていないはずである。

しかしタクシー料金は(基本的に)同じである

ここにメスを入れたらいい。要するに、

消費税を払っていない業者は消費者から消費税を取ってはいけない

とする。

個人タクシーは困るだろうか?

そんなことはない。(一般的に)法人タクシーより、個人タクシーの料金が低くなるのである。

当然個人タクシーの需要は増える

厳しい基準をクリアして資格を得たのだから、そのくらいの恩恵はあっても良いだろう。

ここで提言だが・・・

今後もし増税する場合、現行の1千万以下の免税は継続するとして、

売上3千万以下の業者は5%に据え置く

としたらどうだろう?

当然消費者からも5%しか取ってはいけない。同じ商品なら、一般的に大企業より小規模企業から購入した方が安くなるのである。小さな業者に免税したところで、税収にそれほど大きな影響はないはずである。

零細業者は取引上(増税すればするほど)有利になる

売上を基準にするのだから、線引きも計算も簡単である。

地域の中小企業は売上が3千万に満たない業者も多いだろうから、

地域活性化にもつながる

ちょっとこれ考えて欲しい。

地域の中小企業にとって、消費税がどれだけ資金繰りを圧迫しているか。

タクシーだって、小さな業者に有利になるはずやで(おっ、最後に無理矢理タクシーにつなげたな)。

2010年7月 5日 (月)

スイカウォーズ

期限付きプータローは、あるスーパーのチラシをチェックしていた。

理由ありスイカ680円(先着100名様)

安い・・・東京のタクシー初乗り料金より安い(比べる対象か?)

もうどんな理由(わけ)があっても、どんな過去があっても構わない。お前が欲しい。

9時開店のスーパーの駐車場に9時半頃入ると、

駐車スペースがない

既に買い物を終えたおっさんがスイカをぶら下げて歩いている・・・

どうなってるんや?

心臓バクバクしながら早足で店内に入ると(動揺すんな)、

スイカの販売スペースは空っぽ

途方に暮れていると、ダンボールを乗せた滑車が近づいてくる。

「はいー!こちらのスイカ980円、安いよー!」

なんや?680円のスイカはどうなった?

しかしいい大人がチラシを見てスーパーに来たなんて気づかれてはいけない(ばればれやって)。

「はい、お兄ちゃん!このスイカ安いよ!」

「あ・・・、980円ですか・・・安いね」

大きなスイカを購入。

周りを見ると、ほとんどの客がスイカをかごに入れている。

スイカのチラシは大当たりということである。

注目すべきは、

スイカだけ買って帰る客はいない

ということである。

タクシーの初乗り料金を下げれば、利用者は増える。

だからと言って、

初乗り距離の範囲内で降りるわけではない

そんな当たり前のことをスイカは教えてくれた(こじつけ苦しいな)。

2010年4月24日 (土)

あきない

「あきない(商い)」という言葉を

「春夏冬(秋がない)」

と充てて書くことがある。

面白いこと考える奴がいるもんやな、くらいに思っていたが最近上の当て字には深い意味があることに気づいた。

商売は

春の心躍る、それでいてまだ肌寒い時期をこらえ、

そのうち夏が来て、

そして秋を経ることなく、

冬が来る

そんな意味があるのではないか。

ある意味残酷な言葉である。

タクシーは街を舞台にした壮大なゲームであり、擬似的な「あきない」である。

タクシーから学ぶことは多い

またこの「ゲームの法則」を記してみたい。

簡単にまとめられるものなら苦労しないのだが・・・

まだ解析途上である。

4月23日(金) 景気指数70 くもりのち晴 雨1 3℃
売上 35,410 22回(4回) 12.50時間 MAX 7,590

期待通り今日はいきなり景気もジャンプアップしたが、

ゲームに敗れた

やることなすこと全て裏目裏目、

悪い流れになったときにどう打開するか?

逃げる勇気

タイミングを逃すと、取り返しのつかないところまで堕ちる。

辞める勇気は始める勇気の3倍必要

精神力は10倍必要

ゲームやから良いが、これがリアルなら命を取られることにもなりかねない。




2010年3月31日 (水)

タクシー運転手の会計学

突然だが、俺はタクシーに乗っているときは、

①両替金(1.4万)と売上
②チップ袋
③自分の金(通常2、3千円)

と金銭を3種類に分けて、それぞれが他の領域を侵害しないように厳しく自己監督している(どうでもいいけどお前持ち金少なすぎるやろ)。

売上をパチンコなどにつぎ込んで、(納金できずに)会社を去っていく話はこの世界よくある話である。

しかし俺もここ数日③が底をついて、売上金に手を出していた

注:銀行に行けば金はいくらでもあるのだが、銀行に行く時間がもったいなかったため(ほんまかい?)

具体的には3千円ほど売上金を借りていて、それも使い込んでいたので(お前も先長くないな)、今日の乗務開始時には

①と③において千円札が一枚もない状態であった

②については一月ごとに締めているので、月末のこの時期はいくらかたまっている。まあ大丈夫やろ、ということで出庫したのである。

そして今日一番の客。

病院から乗車の老婦人。

「いい天気ですねぇ・・・」

なんて会話しながら、

料金は1,830円

「ごめんね、これしかなくて」

と出されたのは、

五千円札

両替金も、自分の持ち金も千円札は一枚もない。

仕方なくチップ袋から3千円を取り出して、

「まず3千円ですね」

その後、

両替の小銭から普通に170円を出して、

「これでよろしいですね」

すると、この高貴な老婦人はなんと、

「これでコーヒーでも飲んでや」

と千円札をポン、と置くではないか!

こんなとき俺は本当にリッツカールトンなんかのラウンジに行って千円くらいのコーヒーをのんでやろうか、と考えるのだがそれはこの話と関係ない。

「ありがとうございます!」

ここで俺の3種類の金銭システムに保たれていた三権分立の秩序はめちゃめちゃである。

言ってみれば、裁判長が総理大臣をぶんなぐって、国会で小便をしてしまったような感じである(どうでもいいけど下品やな)。

ここで問題です。

この後、また3種類の金銭システムを元に戻すためにはどのような処理をする必要があるでしょうか?

俺は(一応簿記1級持ってるが)これを今朝1時間くらい考えていた。

3月30日(火) 景気指数70 晴 0℃
売上 32,330 21回(6回) 12.00時間 MAX 10,710

今日も昨日に続いて判断ミスをしまくっていたのだが、最後に大きいのがあたって3万超え。

ちょっとここんとこ景気いいな

と思ってるのは俺だけではないはず。

---

遅くなるとよく聴いてたFMココロのNETRIVEも今最終回、

加美幸伸さんも、川田そらさんもお別れか・・・

2010年3月22日 (月)

タクシー乗務距離規制


昼間は本当におびただしい程の黄砂が強い風に舞っていた。

朝、車を見ると

山に捨てられて一年程放置されていた

かのように惨めな姿になっていた。

注:もちろん毎日洗車しているが

夜にホテルから乗車した子連れ家族のご主人(40代男性)と会話した。

「今日はすごい黄砂でしたね」

ご主人が話しかけてきたので、

「ほんまにすごいですよね。車が泥まみれですわ」

「タクシーの運転手さんも大変ですよね。今度250キロ規制とかも始まるんですよね」

「よくご存じですね。もう年明け(10年1月1日)から始まってるはずですよ。とりあえずは都市部だけやと思いますけど」

「この辺は関係ないんですか?」

「と思いますよ。というか、個人的には250キロはあまり関係ないですね」

参考:

近畿運輸局における乗務距離制限の対象地域
1.大阪市域交通圏
2.北摂交通圏
3.河北交通圏
4.河南交通圏
5.京都市
6.神戸市

「そんなもんですか」

「わたしの場合、平均で大体一日160〜180キロというところやないですかね。良い日で200キロやっと超えるくらいです」

参考:

本日(21日)の乗務距離が200キロちょうど

「でもそれ(250キロ規制)って、どういう意味なんですか?正直(何を意図しているのか)よくわからないんですけど」

「そうでしょうね。わかりやすく説明しますと、我々(タクシー運転手)の走る距離や乗務する時間というのは、流通業で言うところの商品にあたるわけですよ」

「ほう、面白いですね」

「もっと具体的に言うと、乗務時間は品揃え又は在庫と表現できるのですが、乗務距離に関して言えば、我々のようないわゆる「車庫待ち」の運転手にとっては注文生産の商品と表現できます。我々は基本的に仕事のあるときしか走りませんから」

「在庫が出ないわけですね」

「距離に関しては、ということになりますが。そういう考え方でいきますと、乗務距離=販売個数、と表現することもできます」

「なんか難しくなってきましたね」

「要するに今回の規制は、商店における商品の販売個数に規制をかけたと言うことができます」

「何のために?」

「そこですよね。商店において、通常はありえませんが・・・もし売って良い商品の量に規制がかけられたらどうしますかね?」

「値段を上げなくては仕方ないですよね」

「そうです!この規制は一種の値上げ誘導策とも言えます」

「何故行政が値上げ誘導しなくてはいけないんですか?」

「いわゆる”安売り”タクシーをつぶすためと言われてますよね。安売りというのは”多売”によって利益を上げる戦略ですから、販売量に規制がかけられたら戦略として成り立ちません」

「何故安売りタクシーをつぶさなくてはいけないんですか?」

「うーん・・・良い質問ですね(いちいち生意気やな、運ちゃん)。タクシー業界というのは政治的な要素が強いですからね」

「確かに」

「今行政は車、要するにタクシーの量を減らそうという政策に転換しています。車を減らすためには需要も減らさなくてはいけない、と頭のいい人達は考えているのではないでしょうか」

3月21日(日) 景気指数60 晴 3℃
売上 30,790 15回(3回) 10.25時間 MAX 10,470

今日は連休初日、車も少なかった(当社2台)のでそこそこ揚がった。

今日こそは「日曜の神」こと小雪さんといい勝負したのではないか、と

除いてみると・・・

45,550・・・

一体どうなってるのよ!彼ったら!

読んでみると、どうやら関東は嵐で電車が止まってたとか

タクシー乗り場から離れた場所ならOKだと思うケド、
タクシーを待ってる人達の目の前で
順番を無視して乗車しようとするお客様を
乗 せてしまうタクシーには疑問を感じます

同感よ

2010年3月 8日 (月)

タクシーの買収って何を買うんだろう?-解答編

さて、解答です(何者や?お前は)

タクシーの買収って何を買うんだろう?

答えは、一言で言うならば、

営業権でしょう

ここで通常の買収が何を買うのか、簡単に考えてみよう。

①会社の資産
②ブランド(技術等も含む)
③顧客(カテゴリー、地域)

そして上のようなものを踏まえた上で、一言で言うならば

その会社の強みを買う

わけである。

しかしタクシー業者においては、

①における主な資産は車と車庫ぐらいのものだろう

タクシー車両そのものは通常5年ほどで償却するもので(うちの会社は10年以上平気で乗らせるエコカンパニーだが)、買収によって手に入れるメリットは少ない。

車庫で利用している土地もタクシーを停めるための特殊な設備などがあるわけでなく、通常の不動産の価値とほぼ変わらない。

②のブランドにおいては、どちらかと言えば買われる側にメリットがあるのかもしれない

サービスにおいて差別化できるような、「強み」は作りにくい業界である。

③において地域面では今回Nグループにメリットはあるのかもしれないが、顧客カテゴリーは通常ひとまとめに考えられる業界である。

要するに、

もしタクシー業が完全に自由市場であれば、他社を買収するメリットはほとんどない

と言って良いかもしれない。

強い会社が、その資金力に任せて徹底的な増車と値下げによって小さな会社をつぶしてシェアを獲得していくのが、常套戦略になるだろう。

規制によって上のような戦略が取れなくなった。

今回の小さな買収劇は規制の良い面が出た

と言える。

Nグループの経営者陣の先見性と、優れたブランド力あっての戦略と言えるだろう。

3月7日(日) 景気指数40 くもり時々雨 雨3 4℃
売上 15,370 10回(1回) 9.25時間 MAX 3,030

日曜乗務は苦しい。

休日は夜にバスがなくなるので、たまにかわいい女の子が乗ってくるのが楽しみくらいのものである。

24時過ぎは近場の若い女性870円の乗車1回のみ

「がんばってください!」

彼女の笑顔に支えられて俺は明日も行く(社交辞令やろ)

2010年3月 7日 (日)

タクシーの買収って何を買うんだろう?

今日は(今日も)昼間は暇だったので、先週から休んでいたときに読めなかった日経新聞をまとめて流し読みしていた。

そして

タクシーM&Aの流れ 東京Nグループ大国自動車交通(三鷹市)を買収。 Nグループ 約3000台 大国自動車 約60台

上のようなニュースを見つけた(上は俺の記事メモ)。

今年のM&Aの流れは、自慢だが俺は以前から予測していた。

http://cooldriver.blog.eonet.jp/taxi/2009/12/post-c8d6.html

ツイッターにメモ投稿すると、YSさんが、

タクシーの買収って、何を買うんだろう?

というツイートをしていた。

YSさんはニューヨーク在住の経営コンサルタントで、ニューヨークのイエローキャブについてのコラムも書いている。

表現は変だが、

鋭い疑問や・・・

と感じた。

この質問に答えられる人を募集します(誰も読んでへんから)

俺は答えられるで(あやしー!)

3月6日(土) 景気指数30 雨くもりのち雨 雨指数5 7℃
売上 37,510 13回(3回) 11.00時間 MAX 11,190

今日は悪い土曜日やったが、個人的についてたー

夕方新大阪行きの仕事が新御堂の事故で空港に変更になったのは残念やったが、

ちょっと調子上向きちゃう?

2009年12月 8日 (火)

あきない総合研究所

久々に大阪に行ってきた。

俺は大阪の御堂筋ウォーカーの第一人者として知られているが(誰に?)、

御堂筋の信号を淀屋橋から順に紹介しよう(だから誰に?)。

淀屋橋
北浜3
今橋3
高麗橋3
伏見町3
道修町(どしょうまち)3
平野町3
淡路町3
瓦町3
備後町(びんごまち)3

ここで北御堂があって・・・

本町3
船場中央3
北久宝寺(きたきゅうほうじ)3

と歩いてきた。

この御堂筋信号知識は、普通に大阪の地理試験に役立つが、俺はこれを暗記して客に披露して、そのお客さんに偉く感動されてチップをもらったことがある。

30円くらいだが・・・(それチップやなくて小銭いらんかっただけやろ)

あきない総合研究所
というところで、中小企業診断士の理論更新研修を受けてきた。

この研究所の社長の吉田雅紀さんの話を聞いてきたのだが

この方は関西の出身だが、今は東京で主に仕事をされているらしい。

関西でだしを取って、東京で味付けしたらこんな人になるのかなー、というかっこいい、魅力的な人であり、話であった。

主に起業支援についての話だったのだが、

「起業は準備しているときは最高に楽しい。でも開業したら地獄ですよ(笑)」

という言葉が印象的だった。

帰りは四ツ橋を歩いて、

中央大通りの西本町から

西本町
信濃橋
名無し信号

ここでうつぼ菜館があって・・・(なんやそれ?)

靱公園前(「うつぼ」っていう漢字、変換してもでーへん)
考え事してて見忘れ(おーい!)
名無し信号
江戸堀1
名無し信号
肥後橋南
肥後橋

そして肥後橋のモンシュシュで堂島ロールを買って帰ってきた(中ノ島の光のルネッサンス行けへんかった・・・)。

ちなみに御堂筋と四ツ橋の信号を比較しても何のつながりもない。実際道もつながっていない。小さな路地を入って御堂筋から四ツ橋に抜けようと思っても、阪神高速が立ちはだかって行き止まりになる。

恐らく水都大阪、御堂筋と四ツ橋の間にお堀があったのだろう(ちゃんと調べんかい)。

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart