くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

タクシーブログ Feed

2010年12月 6日 (月)

凍結注意

最近よく思うのだが、

ネットというのは間違いなくすごいツール

なのだがときに居心地が悪くなる。

それは参加者によって

ネット上で求めるものの違い

があるのだろう。

ネットを利用する目的として

①情報収集

②コミニュケーション

大きく分けると上の2つになると思う。

元々は①が主だったのだが、②の要素が生まれ、ここ数年では②を目的とする参加者の方が多いのかもしれない。

2つの目的がうまく融合すれば、

③情報交換

という最も有効な果実を得ることができるのだが、

コミニュケーションに偏る傾向もある。

タクシーにおいても老若男女のいろんな客から様々な情報を得ることができるのがメリットの一つなのだが、

運転手同志のコミニュケーション

に偏る人達もいる。

しかしリアルの世界と違うのは、

ネット上というのは相手が見えない

情報を交換する中で、ある程度のコミニュケーションはもちろん必要なのだが、

そこには常に「情報」というものが介在していなくてはあまり意味がないような気もする。

結局は実際に顔を見せて、始めてそれが

「ネット上の情報」から「出会い」に変わる

のではないかと思うのだが。

しかしこういった居心地の悪い世界で素晴らしい「出会い」もあったりするので忍耐強くならなくてはいけないのかな、とも思う。

12月4日(土) 景気指数60 晴 -2℃
売上 48,610 23回(4回) 13.00時間 MAX 12,150

昨日(一昨日?)は近くでちょっとしたイベント(?)があって日本中いろんなところから来た若い学生さんと話す機会があった。

名古屋から来た学生さんは、

「この辺は結構寒いですね」

なんて話していたが、

北海道から来た女の子は、

「やっぱり兵庫県は暖かいですね。春みたいです」

ちょっと(春は)言いすぎやろと思いつつ・・・

静岡から来た学生さんは、

「昨日の大雨で(ダイヤが乱れて)来るのにすごく時間かかりました」

なんて話していたが、

山口の岩国から来たという女の子は、

「電車の遅れは全然なかったですよ。山口は総理大臣が多いから新幹線の駅が多いんですよ」

新幹線の駅の数は関係ないやろとか思いつつ(しかも総理大臣の出ていない静岡県の方が駅の数は多い)、

徳島や香川など四国の学生さんも乗って、

長崎から来た女の子は、

「長崎は坂が多いんですよ」

「そうらしいね。だから(長崎では)タクシーに乗る人が多いらしいよ」

「でも(運転手さん)儲からないらしいですよ」

「運転手さんが『儲かりまっせ』なんて話すところはあまりないよ」

なんて話していた。

 

2010年9月21日 (火)

最近の若者は

Photo

7月に海に行ったときのお気に入りの写真(海はどこや?)

PCのフォルダ整理をしていたら出てきたので貼っておこう。

現在3連休中(19~21日)

妙に疲れがたまっていて、18日の乗務後のブログを更新していなかったが、

その18日には、ちょっと印象深い出来事があった。

21時過ぎ、晩飯の後、いつもの待機場所でひと眠りして、ちょっと難しい本を読んで(イライラして)いたときのこと

ガタガタガタ!

天井からものすごい音がした。

タクシーの上に人が乗っているのかと思って、車外に飛び出すと、

タクシー乗り場の屋根の上でガキが暴れていた

中学生くらいだろうか。

「なにしとんねん・・・」

少し声をかけると、向こうの電話ボックスの上に「ドカン!」と飛び降りて走り去っていった。

「おーい・・・ちょっと待てよ」

聞こえてなかったのかもしれない。

まあ、子供を相手にしても仕方ないかと、タクシーに戻ってまた本を読み始めると・・・

ガタン!ガタガタガタ!

またすごい音がした。

プチン!と何かが切れた。

「おい!てめーら降りて来い!」

おっさん切れる。

3人組の2人はまた逃げ去ったが、一人を捕まえた。

「何しとんねん?お前ら」

「・・・」

「俺はここで仕事してんねん(お前寝てたり本読んだりしてただけやん)」

「・・・すみません」

ガタガタ震えている(子供相手にやめろって)。

「乗れよ、警察連れてくから。お前らのやってたのは犯罪やで(何の?具体的にどういう罪やねん?)」

「・・・」

そこに無線が入った(良かったな、面子保てて)。

「ちょっと仕事入ったから(やっぱり今までは仕事じゃなかったんやな)、あと2人も連れて来いよ。いつ戻ってくるかわからへんけど(嫌な奴やなー!)」

「・・・」

行き先は近くのホテルから温泉施設まで。

当然のことながら、本当に子供達を警察に連れて行く気も謝らせる気もなかった。

しかし22時前待機場所に戻ってくると、

タクシー乗り場に3人が整列している

これにはビックリした(報復か?)。

「どうもすみませんでした!」

3人並んで、地面に頭がつくくらいに頭を下げた。

「・・・」

「仕事の邪魔して、すみませんでした。下にタクシーが停まってることは知りませんでした。もう2度としません」

一人がまっすぐ俺の目を見て言った。

「あ・・・いや、大した仕事じゃないんやけどな(なんやねん、そのテンションの下がり方)、ケガするからやめとけよ」

一人は涙を浮かべていた。

俺の気遣いの言葉が嬉しかったんだろう(チンピラドライバーから開放されて嬉しかったんやろ)。

「とにかく、早く帰れよ。乗ってくか?」

一人が笑みを浮かべた。

この局面での俺のウィットに飛んだギャグに心がほぐれたのだろう(笑わないとこのおっさん、また切れる思ったんちゃうか?)。

去り際にまた3人で深く頭を下げて、

「どうもすみませんでした!」

正直感動したね。

彼らは逃げようと思えば、簡単に逃げられた。

素直に非を認めて、頭を下げるって大人でも中々できないものである。

日本の未来は明るい・・・

と、明るい半月を見上げながらまた眠りについた(寝るなよ)。

9月18日(土) 景気指数40 晴
売上 18,220 15回(3回) 11.75時間 MAX 2,790

昼前後までは研修施設からの無線が鳴りっぱなしで、11時出庫の13時頃で6千円余り、

これは3万いけるか?

なんて思ったのも束の間、14時過ぎからは見事に止まる。

当たりもタイミングも悪く、締め日は不本意な結果に終わってしまった。

とにかく疲れたな


2つのブログリンクを追加

http://blog.livedoor.jp/yakuman_taxi/
26歳第二新卒のタクシー挑戦記

http://ameblo.jp/koukishi2008/
きっしゃんコーイチ☆ぴよぴよな中年初心者☆タクシードライバーのココロ

2人とも大阪の新人運転手さん、意外と大阪で売上アップしてくれるブログって少なくて探してたので、ポニョタクさん共々勉強させてもらおう。

タクシー運転手の生の売上ってもちろん自分のために記すものだが、これからタクシーに乗ろうと思っている人達にとっても非常に重要な情報になると思う。

2010年5月29日 (土)

ケ・セラ・セラ

ちょっと先日哀愁さんから教えていただいた

http://news.livedoor.com/article/detail/4772989/

こちらの記事、タイトルは

MKタクシーは「市場の失敗」なのか?

というもので内容も非常に興味深いものであった。

そしてその内容についてだが・・・

今日は時間もないので、また明日(なんの時間や)

5月28日(金) 景気指数50 晴 12℃
売上 28,760 16回(6回) 12.00時間 MAX 6,790

また3万届かず・・・何乗務続いてるやろ、数えるのもしんどい。

今日は休憩後再開して待機場所で2時間(20時半~22時半)仕事なし。

あれが痛かった。

ケ・セラ・セラか・・・

なるようにならないんよね、実は。

2010年5月20日 (木)

横手のタクシー

ちょっと豊川さんのブログを読んでいたのだが、

タクシー会社大倒産&減車時代の労使関係

秋田県の横手市というところのタクシー会社が倒産したという話。

投稿の内容は、

経営者と内勤職員のみが「土嚢」を運び、乗務員がその足を引っ張るような会社は、今の時代、生き残りは苦しいと思います。全員で自分の会社を守り、そして そのうえで業界を良くしていく姿勢が、乗務員を含む関係者全員に求められているように思います。

全く同感である。

他に行くところもないくせに会社の文句ばかり言って、近距離の客を睨みつけるような運転手は多い。

嫌ならやめろよ

と思うことは多い。

豊川さんのブログには頭の良さそうな連中から多くのコメントが寄せられているので、読んでいると結構面白い(管理人はたまらんやろけどな)。

その「頭の良さそうなコメント」の一つ、

横手(秋田県B)の運賃は

初乗り:1.5km700円(中型)690円(小型)
距離加算:241m(中型)300m(小型)毎に100円
時速10km以下:90秒(中型)110秒(小型)毎に100円
決して安いとは思えません。特に隣の岩手県だと
初乗り:1.5km590円(中型)580円(小型)
距離加算:244m(中型)317m(小型)毎に80円
時速10km以下:90秒(中型)115秒(小型)毎に80円
と横手より約2割安いのです。
 横手というエリアの疲弊かも知りませんが、きちんと値上げ出来ているエリアでの破綻なので経営者が悪いとしか思えないのは私だけでしょうか

この横手の運賃を見てビックリした。

めちゃめちゃ高い

1キロあたり415円である。東京地区(312.5円)より3割以上高い。

秋田の、人口10万の都市でこの料金では倒産するのもうなずける、と思うのは私だけでしょうか。

2010年4月21日 (水)

重要なお知らせ

今日は暦の上で(?)「穀雨」という日にあたるらしい。ラジオやテレビで言っていたのを聞き流していた。

何故「穀雨」と言うのかは、どうでも良さそうなのでスルーする(一応調べんかい)。

ネットで何でも調べることのできる現代、我々は感じることを忘れている。

知識を追うな、感じろ

ということで(面倒くさいだけやろ)、

新たにリンクを追加した。

http://www.takudora.jp/index.cgi

東京のこういちさん、現在342乗務目ということ。単純計算では、2年半くらいかな。

http://hiro610.at.webry.info/

京都のmkhiroさん。名前のごとく有名なあの会社の運転手さん。

よろしくお願いします。

そして俺もブログを始めて、18日で3年が経過。

「black cab」というニックネーム(みんな「くじら山」だと思っているようだが・・・)でイギリスのタクシー協会と商標権等の問題で最近もめているので、ここで思い切って、

brack cab に変更します(どうでもいいで)

4月20日(火) 景気指数40 くもり時々雨 雨2
売上 22,530 18回(2回) 12.50時間 MAX 2,230

昼間は好調やったが、夜はあかんかった。

しかし今日は締め日。久々に60万超えたわ。

2010年4月12日 (月)

大阪の運転手さん

以前コメントしてくれた大阪の運転手さんのブログをリンクに追加した。

http://ameblo.jp/seibitoshi/

と言ってもまだデビュー前、これから地理試験を受けられるとのこと。

結構若い方や、学歴のある方などはこの地理試験を「所詮タクシー運転手の試験」と軽く考えがちだが、これが中々バカにしたものでもない。

俺が人生で受けた試験の中で、

最も実用的で意味のある試験

それは間違いなく運転手になるときの地理試験だったと思う。

必死に勉強したけど、楽しかったな。

4月11日(日) 景気指数60 くもりのち雨 雨3
売上 20,430 7回 8.25時間(11:00~19:45) MAX 3,510

なんかちょっと疲れ果てて、早あがり・・・昨日はもともと早くあがるつもりやったが。

イベントの恩恵とはいえ夕方で閉まって、

時間単価で2476円、乗車単価で2919円

効率の良い一日であった。

「日曜の神」、小雪さん(10,880円)に勝利(この日は最悪やったよう)。

http://guitarlist.net/modules/pico/index.php?content_id=752

最近休日の夜は酒飲んでPCの前でギター弾きながらヒトカラ

ブランクがあって、未だFがうまく出ない・・・(舞子坂さんに笑われるで)

桜の花びら散るたびに、届かぬ想い(起業)がまた一つ・・・

2010年3月24日 (水)

四街道お迎え交通会

ツイッターでフォローをもらった

四街道お迎え交通会

という、これは何やろ?

いわゆる社会起業という奴だろうか。

ブログを拝見すると、どうやら

都市部における相乗りタクシーの試み

のようである。

四街道市ってどこにあるんやろ?


大きな地図で見る

そんなに都市部でもないんか・・・(怒られるぞ)。

とにかく
 

どんなシステムで?

どんな料金で?

認可とかどうなってるのか?

いろいろ聞いてみたいこともあったので、

今またゆっくりブログを拝見させていただこうと、訪問すると、

サーバーメンテナンス中・・・

うーん・・・眠いからちょうどいいか(何やねん)

3月23日(月) 景気指数60 雨 雨指数7 6℃
売上 29,680 22回(5回) 12.25時間 MAX 2,550

最高メーターが2,550円で3万近く揚げたってすごいやろ。

雨の恩恵が大きかったが、こういう乗務って何か達成感ある。

東京は夜山手線が止まってたらしいな、19時とか20時とかの時間帯らしいが・・・

タクシー天国やったんやろね、多分(なんちゅう表現やねん?)。

2010年3月12日 (金)

びはいんどざほぃーるなう

今日は期待したほどではなかったが(予報ではえらい快晴のようなことを言っていた)、一応晴れたので夕方早めに(16時頃)休憩をとって子供と近所の公園に行き、

ひたすらリフティングの練習をしていた(子供と遊ばんかい)

公園は花もチラホラ咲き始めている。

びはいんどざほぃーるなう

最近ツイッターとやらを始めた。

流行りものに飛び付くのはプライドか許さない(どんなプライドや)

と目を背けてきたのだが(背けんでもいいやろ)、

敵を知らなくては闘うことはできない(何と闘うんや?)

と思い飛び込んでみた(普通に「やりたかった」言わんかい)。

ツイッター歴は2週間くらいかな、

今のところの感想としては、

これは面白い

「面白い」とはfunnyではなくinterestingである(最初から「興味深い」と書け)。

忙しくて、未だ詳しい活用法を掴めていないが(忙しい大人は公園でリフティング練習せーへん)

全国の多くの運転手が参加すれば面白いことになる

と直感的に感じた(日本語おかしいで)。

1.利用者が知らない土地で、ある場所から場所へのタクシー料金を聞いたり、

2.オススメの飲食店を探したり、

3.いっそのこと運転手を呼んでしまったり、

などなど、有効な活用法が想定される。

特に料金検索が気軽に出来るようになれば、

確実にタクシー需要を増やすことができる

ということで、

http://twitter.com/brackcab

ツイッターに参加するタクシー運転手さんを募集しますm(_ _)m

(絵文字で追い出すな)

ちなみに「なう」は間違いなく今年の流行語大賞になる(だから?)

昨日の売上アップなう、

3月11日(木) 景気指数40 曇り時々晴れ
売上 23830 18回(3回) 12.75時間 MAX2790

昨日は昼間は動いたがが、夜はひどかった。

そして今日なう(なうなううるさいわ!)、

3月12日(金) 景気指数30 晴れ時々曇り
現在売上(22時00分) 15250 7回

今日はしょっぱな大きいのがあたったものの、じり貧。

昼間はひどかったらしい(サボって良かったな)。

駅の2台目なう・・・

最終売上 33,310 14回(3回) 12.25時間 MAX 11,750

最後に大きいの(甲子園口)があたった。

2010年3月11日 (木)

小雪さん

今日は北国を始め東京などでも大雪が降ったらしい。青森では観測史上最高の雪だとか。

しかしこのあたりは朝と晩に少しチラついた程度

ちょっとした雪、ということで小雪さん特集(うまいつなぎや)

http://blog.livedoor.jp/koyukizoku/

小雪さんは千葉の運転手さんで、女装子(じょそうっこ)というゲイを超えるオカマということらしい・・・(なんかすげえな)。

勤務は朝勤で、火曜から日曜の6勤1休のリズムのようだ。

詳しい売上データをアップされているので、簡単に分析してみた。

先週の売上を見ると、

2日(火) 16,360
3日(水) 18,290
4日(木) 12,770
5日(金) 26,100
6日(土) 21,110
7日(日) 31,370
合計 126,000(1乗務平均21,000)

夜走っていない郊外のドライバーとしては結構良い数字やと思う。

このペースでいくと25勤務で52万5千円。歩合6割なら額面で30万を超える(31万5千円)給料になる。

こんな勝手に分析したら、小雪さんに怒られそうだが、

怒られたい・・・

これがホントの

エムケイ(M系)ドライバー

うまい!(自分で言うな)

3月10日(水) 景気指数60 くもり時々雨(ちょっと雪) 雨3 0℃
売上 30,520 19回(3回) 12.00時間 MAX 6,710

今日は天気も悪く、車も少なかったので

まあまあ稼げたかな。





2010年1月29日 (金)

もう1人の「タクシードライバー」 きらびやかな街の底辺を見つめる仕事

昨日の投稿でリンクした、JBプレスのタクシーコラムだが、

印刷して何度か読み返していた

このコラムはイエローキャブというより、

「ニューヨーク」という街を文章で「描いた」もの

と言ってよいだろう。

そしてニューヨークを描くためには「タクシー」という黄色い絵の具が必要だったのではないか。

コラムは冒頭で、

ネパール系の運転手が仲間を襲う

その後加害者はロバート・ケネディブリッジから飛び降り自殺する、という衝撃的な事件で始まる。

被害者も加害者もニューヨークのタクシードライバーである。

移民の多いイエローキャビーは、ビザや不法就労など様々な問題を抱えている。

そして多くのドライバーは貧しい

コラムにもあるように、ニューヨークのタクシーはメダリオンシステムによって、その数13257)が厳しく規制されている。数量的には世界でも最も厳しい規制がかけられている都市と言えるだろう。

そして言うまでもなく、ニューヨークのタクシー需要はめちゃめちゃ多い。

需要は多く、タクシーは少ない、なのに運転手は儲からない

それがニューヨークのタクシーなのである。

何故かと言うと・・・長くなるのでまたの機会に。

面白いのは著者が、あの有名な映画「タクシー・ドライバー」でロバート・デニーロが演じたトラヴィスと、今回の事件を重ねているところである。

タクシードライバーの怒り

チャンティアル(加害者)がその怒りを間違った方向に向けてしまったのに対して、

トラヴィスは歪んだ社会に対して、または狂ったニューヨークという街にぶつけた

ということだろうか。

うーん・・・もう一度映画を観てみないと何とも言えないが、今ドライバーとしての俺の解釈は

トラヴィスの怒りの対象は自分自身

だったように思う。

自分自身を歪んだ社会や狂った街の上に投影して、

「何かしなきゃいけない」

と進んでいったのではないか。

その気持ちは何となくわかる。

ドライバーとして、怒りの対象が自分であることに気づく、それを認めることが難しいんよね。

1月28日(木) 景気指数60 雨のちくもり 雨指数2 6℃
売上 29,770 18回(8回) 12.00時間 MAX 3,910

昼間はひどかったな(またかよ)・・・

12~17時まで仕事なし(14~16時は抜いたが)

そして

夜はものすごい霧

よく動いたが、個人的にはツキがなかった。

1月はあかんのかなぁ・・・

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart