くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

タクシーアイデア Feed

2011年2月25日 (金)

会費制


看板が変わった・・・(よう見えへんで)

NHKラジオでどこかの地域(しっかり聞いとかんかい)の、

買い物弱者対策

について何か話してた(曖昧な情報で投稿すんな)。

「買い物弱者」なんていう言葉が現れて久しいが、今後はこういう問題も拡大していくんだろう。

特に地方、俗に言う「田舎」では、

対策の一つとして乗り合いタクシー

が導入されている地域も多い。

しかし乗り合いタクシーの取り組みがうまくいっているという話はあまり聞かない(北海道にあるらしいで)。

さっきラジオで話してた地域も(だからどこやねん)、運営がうまくいかず(利用者が増えず?)2年ほどで乗り合いの取り組みを断念したらしい。

俺が思うに、

乗り合いは会費制でやるべきではないか

とにかく料金体系やろ。

例えば、ある地域で8人乗りのバンを持つ。

会費は一月1万円

決めれらたエリア内で(車の融通が出来る限り)週5回まで自由に乗れるとか

運営側は(一台として)、

会員30名程度集めたら商売になるんちゃう?

とにかく

個人で出来るシステムを作ること

が大事やと思う。

2月24日(木) 景気指数50 くもり一時雨 雨2 10℃
売上 19,690 13回(3回) 12.00時間 MAX 2,710

「動きませんねぇ」

「これだけぬくなったら(暖かくなったら)あかんわ」

「この冬は寒くてよう動いたんすけどねぇ」

「3月の20日まではあかんわ。ぬくなったらな、もう乗らへん。歩いて帰るわ」

「3月の20日ですか・・・」

2010年10月28日 (木)

「・・・しがちな男性は・・・」

某出版社の方からメールをいただいた。

来月発売の雑誌の企画で、タクシードライバーとして意見を寄せてほしいとのこと。

企画の内容は、

「●●な男性は××の傾向にある!」

というものを、いろんな業種の方から聞くというものらしい。

担当の方が挙げてくれた(ドライバーが挙げる)例としては、

「タクシー運転手に横柄な男性客は仕事ができない」
「1人なのに、奥(運転席裏)に座る人は気が強い!」

 
前者はあるが、後者はないかな・・・一人で運転席裏に座るのは強盗である。

しかし面白い企画やないか

基本的には利用者を観察して得られたアイデアということになるのだろうか。

読者の対象は女性

ちょっと考えてみた。

まず真っ先に浮かんだのは、

「景気を聞いてくる男性は景気が良い」

運転手に「景気どぉ?」なんて聞く人は大抵自分自身景気が良い人が多い。
運転手に景気を聞くと、大抵「悪い」という答えが返ってくるのがわかっているので、それを聞いて優越感を得ようとしているのだろう。

逆に、

「運転手の前職を聞いてくる男は景気が悪い(切羽詰まってる)」

運転手の前職や境遇を聞いたら辛く苦しんだ過去が聞けると思い、自分自身を励まそうとしているのだろう。

後は・・・

「車のボディばかり磨く男は仕事ができない」

これは運転手によくあるタイプである。
ワックスで車のボディを輝かせて満足している。

これに対して、

「車の中をきれいにする男は仕事ができる」

人(利用者)が乗るのは中である。
ボディ(鏡)を見て満足してるのは自分だけである。
これに関しては前者が男性で、後者が女性という見方もできるし、前者が「もてない男」、後者が「もてる男」という見方もできる。

もてる、もてないで言えば、男女の複数乗車の際

「もてる男は助手席に座る」
「もてない男は運転手の後ろに座る(女性を助手席の後に座らせる)」

みたいなのもある。

助手席にはもちろん座りたくないだろうし、一人客の指定席、助手席の後ろは運転手から最もよく見える席である。
これは「女性に対する気配り」の世界だろう。

次は地域性、

よく関西で、大阪、京都、兵庫は比較されるのだが、

「京都の男性は1人でタクシーに乗る」

男性に限らず京都の人は気軽にタクシーに乗るイメージがある。

これに対して、

「大阪の男性は4人でタクシーに乗る」

偏見かもしれないが・・・こういう企画は偏見も大事やろう。
大阪の人はタクシーに渋いイメージがある。

さらに聞かれてないが、運転手の傾向、

「スピード狂の運転手はよく稼ぐ」

こういうのは意外性が欲しいものだが、これはそのまんまという感じ。
良いか悪いかは別にして、飛ばす奴は稼ぐ。

上と少しかぶるが、

「短気の運転手はよく稼ぐ」

よく「釣りは短気の方が向いている」というが、運転手も然りである。
しかし短気が過ぎて、途中で帰ってしまう人はバツである。

最後にこれも聞かれてないが、対象読者が女性ということで、

「昼間タクシーに乗る女性は仕事ができる」

若い女性で1人でタクシーに乗る人は未だ少ない。
だからこそビジネスシーンでは少し目立つし、時間の効率的利用などで差別化もできるのだろう。

「夜タクシーに乗る女性は器量が良い」

これはやはり、「夜道を1人で歩いたら危ないやろな」という感じの女性が乗ってくる。

10月28日(水) 景気指数70 晴少々雨 雨1
売上 28,620 19回(4回) 12.25時間 MAX 4,070

昨日はちょっとした地域要因でこの辺りはめちゃめちゃ景気が良かったのだが、

ひどい当たりで平凡な売上

に終わってしまった。

先日黒豆をくれたTさんは、6.5万・・・同じ時間に始めて、同じ区域で同じように働いてダブルスコア以上の差がつく。

これもタクシー、これも人生である。

2010年1月17日 (日)

エアキャブ

今日の夜国道の気温表示で、

マイナス6℃

が出た。

これは俺の目にした表示の中では多分初めてやないかな、なんか嬉しさ半分(なぜ嬉しい?)、雪が降らない悔しさもある(何に対して悔しい?)。

今週は日本航空、通称JALの経営再建、上場廃止(見通し)のニュースで経済界は大騒ぎやったわけだが、

俺が考えたのは、

何故JAL?

Japan Airline の略だから、JAやろ?

農協に負けた時点で終わっていたのかもしれない。

というあほな話はいいとして・・・

何故JALはあかんかったのか?

理由はいくつか考えられる。

1.グローバル化の中で価格競争に耐えられなかった

2.苦しいところに08年の燃料費高騰が直撃した

などなど、あるわけだがシンプルに、

3.国内線の競争に負けた

と言うことができる。

話によるとJALは大型機の比重が高いらしい。

交通需要が多様化している中で、大きな機体にたくさんの人を乗せて収益を得るビジネスモデルに限界が生じてきている、とも見られる。

フランスのエアバスの名前の由来はジャンボ機隆盛の時代に

バスのように手軽に乗れる航空機

という意味があったらしい。

陸上交通でもバスはかつて電車の大量輸送を補間する働きがあったはずである。

そしてタクシーがそのバス輸送の届かない部分を補間している。

そろそろ

空にもタクシーがあってもいいんちゃう?

めっちゃ小型機の不定期輸送を現実的なコストで提供することができれば、明らかな差別化であり、狭い日本だからこそ生み出すことのできるサービスではないか、

エアキャブの時代

稲盛さんならできる。

「エアキャブ」は俺の造語や、と思い検索してみると驚くことにこの言葉は既に存在している。

http://ffdic.wikiwiki.jp/?%BE%E8%A4%EA%CA%AA%2F%A1%DA%A5%A8%A5%A2%A5%AD%A5%E3%A5%D6%A1%DB

ファイナルファンタジーかよ・・・

1月16日(土) 景気指数40 晴 マイナス6℃
売上 17,760 14回(4回) 10.25時間 MAX 2,550

今日の昼間はほんまひどかった。

夜はそこそこ動いたが、昨日の好景気は蜃気楼やったな。

2009年6月30日 (火)

まいこ・じゃくそん

YouTube: 舞子坂Taxi Blues 手は上がらない

キャー!まいこー

まいこー・じゃかさーん!


We are the world

ウィー アー ドライバーズ
(わたしたちはタクシードライバーです)

We are the children

ウィー イート チルド麺
(わたしたちは冷やし中華を食べます)

We are the one who make a brighter days

ウィー アー ザ ワン 明細歩合で
(わたしたちは歩合給で働く)

So let's start giving

そー れつあーくリビング
(超劣悪生活者です)


いや・・・そんな悪い生活やないすよ。ほんのジョークです。

後日追記:

マイケル・ジャクソンの急死から一週間近く経つが、時が経つごとに彼の偉大さを感じざるを得ない。元々とても好きなミュージシャンの一人だったが、尊敬する人物にまでなりつつある。

まずマイケルの曲の歌詞を読んでいて感じるのは、

非常に簡単な単語しか使われていない

ことである。日本でも中学生で習うくらいの単語しか使っていないだろう。恐らく彼のこだわった「子供」に理解できる歌詞を書いたのだろうが、その少ないボキャブラリーで非常に強いメッセージを残している。

そして何より彼の慈善投資である。一説ではこの「ウィーアーザワールド」で得た印税約6300万ドル(約60億円)は全てアフリカの恵まれない子供達に寄付されたらしい。その他にもマイケルは「ヒールザワールド基金」を設立して、多大な寄付を行っていた。

俺もいつか大きな寄付ができる人間になりたい


以前から漠然と持っていた夢ではあるが、彼を想う度に強く感じることであり、そのために自分も頑張って仕事しなくてはいけないと想うのである。

6月29日(月) 景気指数60 くもり時々雨 雨指数4
本日売上 22,930/16回(3回) 12.00時間(6台) MAX4,790


今日は車も少なくて、雨の恩恵もあった。

しかも近くのゴルフ場に、昨日またしても漫画のような優勝を決めた石川遼君が来てたこともあって(行かせてもらいました)、昼間は普通の月曜に比べたらよく動いた。

しかし夜は普通の月曜日・・・

今日が今月最終乗務。イコール上半期最終乗務!

速報

09年上半期 116乗務 3,100,230 1乗務平均 26,726

参考 08年上半期 111乗務 2,990,090 1乗務平均 26,938


去年とめっちゃいい勝負してるやん・・・

なんとか今年終わって、去年の俺に勝ちたい。目標は明確、なんとなく根拠はないけど、勝てそうな気がする。

2009年4月24日 (金)

タクトモ3-提案

4月23日(木) 景気指数30 くもり 4℃

2回にわたって分析してきたタクトモサイトだが、

いくつか簡単な提案をして終わっておこう。

①タクシーにおける「出会い」を強調する

それにより「出会い系サイト」と揶揄されても仕方ない。何をやっても批判する人間はいるものだ。何よりタクシーでの「出会い」というのは、それなりに魅力のある響きだと思う。

②出発地と出発時間の設定

現在のように場所も時間もユーザーに自由に決めてもらうスタイルでは少なくとも「相乗りサービス」を謳うのは難しいだろう。例えば六本木や新宿、渋谷などで乗り場と時間を設定して、そこに利用者と運転手の食いつきを待つ、という方が現実的である。

③運転手への利益供与

実際に現在のサービス内容では運転手の立場からはうまみを感じない、というのが本音である。

人件費のつもりでコストをかけても質の高い運転手を囲うのか、コストをかけずに運転手に「うまみ」を提供できるアイデアがあるのか、難しいところである。

ともあれサービス内容のブラッシュアップと、効果的なマーケティングで事業の成功を祈ります。

スカイミントさんのもう一つの事業(アフィリエイト事業?)

PETAPETAに登録してみた。

Ad by PetaPeta 0001

ちょっとまだシステムをよく理解してないのだが・・・(なにしてんの?)

本日売上 16,200/11回 118K 10.50時間 MAX 3,430

うーん・・・苦しい。正直苦しい。ゴールデンウィークを控えて今稼いでおかないといけないのに、今週全滅である。自分自身がついてない、というより全体に悪いから展望が見えない状況である。

明日金曜、なんとかブレイクしたい。4万!いや、せめて3万・・・

がんばろう!

2009年4月23日 (木)

タクトモ2

4月22日(水) 景気指数30 晴 気温7℃

昨日のタクトモの記事の続きだが、今日はもう眠いのでやめようと思っていたが(真面目にやれよ)。

これは新聞や雑誌にも紹介されている立派な一企業の事業である。不真面目にはできない。

http://www.skymint.net/

サイトのトップページにニュースやスキャン画像等がリンクされている。

http://www.venturenow.jp/news/2009/04/09/2353_006337.html

特に上のベンチャーナウの記事では、俺の昨日の投稿よりよっぽどわかりやすく(中立に)、サービスの内容が説明されている。

誤解があってはいけないので、昨日の投稿にいくつか補足すると、まず「相乗りなどないだろう」、と書いているが、

俺は元々相乗り(乗り合い)こそ将来のタクシーが進むべき道だ

と思っている。しかし相乗りサービスというのは外部性(そこに参加する人が多ければ多いほど、利益が大きくなる)が強く働くため、サービス当初から軌道に乗せるまで(もし乗せられるとして)時間がかかる。この時間内でのマーケティングこそが勝負であり、生命線になってくる。

東京のような大都市(このサービスは主に大都市がターゲットになるだろう)では、そもそも「相乗り」という文化がまだないため、タクトモさんの試みはフロンティアであり、また厳しい戦いであろう。

タクトモさんの現在の会員数は約5000人

ということで、現在としては大変な数を集めたと言えるが、実際にサービスを本当に機能させるためには、東京だけで最低数万から数十万の参加者が必要になるだろう。

そこで岩崎さん(スカイミント社長)は考えたのではないか。

なんとか参加者を増やす方法はないだろうか

そこで考えたのが、この「出会い系」式サービスではないか、ということである。

現在はサイトへの参加者がまだ少ないため、相乗り希望者を募ってもすぐには見つからない。急いでタクシーを利用しようとしている人には機能しにくい。

そこでタクシーで本来求められる「スピード」ではなく、

タクシーで副次的に得られる目に見えない(金にならない)利益である「出会い」に目をつけたのだろう

これは素晴らしいアイデアである。

ちなみに「出会い系」という言葉に反応して、悪い想像をする人がいるが、

俺は「出会い系」というアイデアそのものが悪いとは思っていない

「出会い系」というシステムを使って悪いことをする奴らがいるだけである。さらにこの場合の「出会い」とは男女の出会いだけではなく、趣味を語る相手かもしれないし、ビジネスの情報交換相手かもしれない。何より今までの「出会い系」と違うのは

そこにタクシー運転手が介在する

ということである。この運転手がしっかりしていれば、(女性を狙って)悪いことはできない。

ということでタクトモ分析は続くのである。

本日売上 23,340/13回 145K 13.00時間 MAX 3,670

今日は携帯から投稿したように「春爛漫」の素晴らしい日和だった。

しかし仕事では柄にもなく早くから出勤して、時間稼いでがんばってるのに結果がでない。

特に夜がわるいなぁ。稼ぎ時の12時過ぎが全くあかん。昨日も今日も、12時過ぎの乗車が3回のみ。

連休をはさんで、2万台前半の売上が3日続いてしまった・・・

2009年4月22日 (水)

タクトモ

4月22日(火) 景気指数30 雨のち晴 6℃

以前ブログのコメント欄に、こんなメッセージが入っていた。

はじめまして。コメント欄にて失礼致します。
タクシー乗務員様と乗客をつなぐ携帯サイト「タクトモ.com」と申します。

同サイトのメインユーザーは長距離の乗客であり、携帯電話を経由して乗務員様へ乗客の居場所を配信しております。
もし乗せたい乗客がいた場合は予約を受けることも可能です。
携帯を利用した長距離顧客の獲得にご興味頂けましたら、ご試用頂けたらと思いコメントさせて頂きました。
万一、このコメントご迷惑でしたらお手数をお掛けして大変恐縮ですが削除して頂けますでしょうか。
よろしくお願い致します。

携帯サイト タクトモ.com
http://www.takutomo.com/

2度ほど同じコメントがあったのだが、初めてあったのは、今月の5日であった。

しょーもないイタズラだと思ってそれほど気にもとめていなかったのだが、昨日休日でサイトをよくよく見てみるとこのサイトはスカイミントという会社の手がけるちゃんとした事業のようである。

いろいろ調べて中々面白いことに気付いた

その前にタクトモとは、上にあるように利用者と運転手をマッチングするサイトで、登録をした利用者と運転手が双方で連絡を取り合って、タクシーを利用する(利用してもらう)というシステムのようである。

運転手側のメリットは・・・

まあこんな時代、一つでも多く仕事がもらえたら良いではないか、とこの会社(スカイミントさん)には考えられているのかもしれない。要するに運転手側に(経済的)メリットはあまりない。

そして利用者側のメリットだが・・・

利用者側はちょうど同じ時間帯に同じ方面へ行く人がいたら、相乗りで安く乗車できる、というのがメリットらしい。

うーん・・・

相乗りなどないだろう

と思っていた。少なくともタクシー料金を節約するために、わざわざこちらのサイトで相乗りパートナーを探すような人は少ないのではないか(というか偶然そんな相手を見つけるのは困難だろう)。

面白いことに気付いた、というのは、これは利用者の経済的付加価値を求めたサイトではないのではないか。要するに

これはタクシーを利用した出会い系サイトだ

ということに気付いたのである。

中々面白いではないか

ということで、断っておくが俺はサイト批判をしているのではない。若い美人女性経営者岩崎かおるさん)を応援しているのである。

さらなる検証と提案はまた明日・・・(いつもそれやな)

本日売上 22,270/14回 151K 12.00時間 MAX 3,270

今日は車が少なかったのに、仕事も少なかったなぁ。

昼間はそこそこがんばって売上作ってたが、夜は悪かった。

2008年12月20日 (土)

Winter Song

12月19日(金) 景気指数50 晴 マイナス2℃

今日も昼間は天気も良く、気温も高かったが、夜になってぐっと気温が下がった。昨日の夜(4℃)に比べて6℃下がっている。急激な気温の変化は身体に堪える。

ちなみにこの時期になるとよくマスクをしているタクシー運転手がいるが、

あれは別に風邪をひいているわけではない

以前ある客が

「あの運転手風邪ひいてるくせに仕事出てきたらあかんやろ、うつされたらかなわんでぇ」

なんて言っていたが、あれは逆に運転手が客から風邪をうつされたくないので予防のためにマスクをしているのである(場合によっては本当に運転手が風邪をひいていることもあるかもしれないが)。

タクシー運転手というのは常に客と密室で接しなくてはいけない

具合の悪そうな客が乗ってくると、こっちも具合が悪くなってくる。さらには精神的に落ち込んでいるような客が乗ってくると、理由はわからなくてもこちらもブルーになったりする。

埼玉の運転手、ひょうごさんもこの時期風邪で長い間仕事を休んでいるようだが、こういう時期に仕事ができなくなると運転手としては結構な損害になってしまう。

ちなみに俺の場合、マスクはしていないが(なんとなく見た目かっこ悪いので)、毎乗務前にオゾンで車を消毒しているし、風邪をひいてそうな客が降車したあとは寒くても窓を全開にして走ったり車内の換気には結構神経質である。さらには休憩の度にイソジンで何回もうがいしたりしている。

仕事の方は先週の「ソーシャルフライデー(会社の忘年会などが多い日)」に対して、今日は「プライベートフライデー(友人同士の飲み会などが多い日)」とでも言おうか。つきもなかったが、師走の金曜にしては動きは悪かったように思う。

ラジオでクリスマスソングが頻繁に流れるようになった。クリスマスソングを聴きながら運転するこの時期は最も好きな季節の一つである。上はドリームズカムトゥルーの名曲、「Winter Song(英語版)」である。

以前からこの歌はキッコーマンなどの醤油のお歳暮のコマーシャルにピッタリだと思っている。

サビの部分の歌詞はほとんど変えずに使える。

I want (to) 醤油 (show you) everything I see, the way I'm feeling.

わたしの感じるままに、わたしに見える全ての醤油が欲しい

I need be with you tonight, to hold your arms around me

今夜はあなた(醤油)が必要なの、あなたの腕に抱かれていなきゃダメ(ここは苦しいが、晩ご飯にはあなたが必要なの、と意訳しよう)

My love for you is deeper than the deepest snows of winter

わたしのあなた(醤油)に対する想いはこの深い雪よりもずっと深いのよ

The greatest gift I ever had was you

わたしが今まで生きてきたなかでもらった最高のギフトがあなた(醤油)なの

女優さん、うーん・・・意表をついてデミ・ムーアなんかが、目をつむって醤油のボトルを両手に抱えて抱きしめている。バックにこのサビが流れる。

あなたの大切な人に、最高のギフト 雪より黒いキッコーマンの醤油

こんなコピーはどうだろう。

12月の金曜日の夜にこんなことしてるタクシー運転手終わってるよな・・・

本日売上 38,540/25回 226K 11.00時間 MAX 3,990
直近5乗務平均 35,102 直近20乗務平均 35,187

2008年12月 6日 (土)

ボーナスフライデー

12月5日(金) 景気指数40 雨のち晴 1℃

昨日の予言、「ゲリラ豪雨」は朝俺の起きる前(7時台?)にあったようだが、俺が起きた頃(8時台)にはシトシト雨になっていて、午後には順調に回復に向かった。師走の夜の豪雨を期待したタクシー運転手の儚い想いは夢と消えた。

夜になって少し冷えるな・・・

12月最初の金曜、「ボーナスフライデー」、盛り上がりはイマイチだった。昨日や一昨日よりも雰囲気は悪かった。昨年のこの日を調べてみると、やはりよくない。同じような感じである。それなりに長くやってるので、12月最初の金曜は悪い、という印象はある。ここで落ち込むことはない。問題はこれからやね。

ちなみにこの「ボーナスフライデー」という言葉だが・・・昔から商売をしていた父がよく「ボーナスサンデー」という言葉を使っていた。タクシーにとってのかきいれ日は金曜なので、勝手に「ボーナスフライデー」と呼んでいたが、

「ボーナスフライデー」で検索してみると、俺の去年の投稿が2番目に来る

要するに一般的にそんな言葉はない、ということである。

ないなら作れば、この日にもっとみんな動くんちゃう?

「バレンタインデー」じゃないけど、一つの言葉だけで、2兆円も使う給付金よりも大きな景気対策になるかもよ。12月の人の動きを早めることで、全体の消費を前倒しする効果はあるでしょう。

本日売上 32,760/16回 218K 11.75時間 MAX 8,150
直近5乗務平均 34,330 直近20乗務平均 30,602


2008年9月26日 (金)

根室証券取引所

9月25日(木) 景気指数40 曇り 21℃

昨日は気温が下がったが、今日はまた上がった。湿気もある。夜には雨が降る、という予報だったが見事に外れ雨は降っていない。

昨晩は麻生内閣組閣と、各大臣の会見のコメントなどをラジオで聴いていたが、今日の夜には小泉元首相の引退のニュースが流れた。ニュースのコメンテーターなどが「ビックリしましたねぇ・・・」なんて言っていたことに俺はビックリした。

前回の総選挙の時から小泉氏が次の選挙に出馬するなんて考えたこともなかった

あのときの言動などから、「私は今回の選挙を最後に引退します」と言っていたようなものではないか。だからこそ今回の任期はしっかりやってほしかった。あまり政治家を批判したくはないが、現在の政治の混迷の最も大きな責任は小泉氏が中途半端で退陣したことにあると思う。

しかしこのタイミングで引退を表明するのはけんか好きな彼らしいね、最後まで

麻生氏は就任早々かなり厳しい立場に陥っていると言って良いだろう。民主党政権というのが現実味を増してきた。それが良いのかどうかはわからないが。

個人的には次回の総選挙は民主党に投票しようと気持ちを固めつつある

理由はまた後ほど・・・



*根室証券取引所

夜のNHKラジオ深夜便で24時の日付変更をはさんで、明日(今日)の日本各地の日の出の時間を読み上げる。

26日の日の出の時間

札幌 5:26
仙台 5:28
東京 5:32
名古屋 5:43
金沢 5:44
大阪 5:49
松江 5:59
松山 6:00
広島 6:01
福岡 6:09
那覇 6:19

この日の出の時間がラジオで読み上げられる24時前後は本来最も忙しい時間帯。その時間にこんなメモを取っていたというのは余程暇だったという証拠である・・・

上の時間から想像すると、北海道の根室ではおそらく日の出の時間は5時過ぎ頃となるだろう。九州と比べたらほぼ1時間の差があるはずだ。

俺はかねてから思っていたが日本国内にも時差を作るべきだと思う

新たな標準時設定地は根室に設ける。そしてそこに証券取引所を創設するのである。触れ込みは

「世界一早い証券取引所

例えば新規上場の企業などは、根室で上場したら最も早く資金調達できることになる。そのような付加価値をグローバルにアピールして、海外企業の上場や、海外の投資家の投資を募る。グローバルな取引所を創るのである。そうすると世界中から証券マンやベンチャー企業経営者などが集まる。ハイテク企業などは根室や釧路にオフィスや工場を設けても良い。寒い場所なのでコンピューター環境も良い。

釧根(クシコン)バレーである・・・

それにより

北海道経済を活性化すると共に、日本経済と日本ブランドを活性化することが出来る

日付変更線に近いのは北海道、そして日本の「強み」なのである。最近政治のニュースが尽きないが、政治家は「削る、やめる」ばかりでなく、斬新なアイデアでわくわくするような話を提供して欲しいものだ。

しかし道東に人を集めないと、プーさんとかネドベド・・・なんとかに攻められるぞ



本日売上 20,500
直近5乗務平均 24,002

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart