くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

政治 Feed

2011年1月14日 (金)

国家の命運

なんか最近通勤中に、川沿いの桜の木の上で大量のスズメが騒いでる。

異常気象(大雪)の前触れか・・・

年末にお客さんからもらった本、「国家の命運」を読んだ。

著者は最近まで外務省の有名官僚だった

藪中三十二(みとじ)さん

外交の最前線の話が聞けてすごく面白かった。

印象に残った言葉は、

私の知る限り、これほどまで自国への視線と評価に関心を寄せる国民(日本人)は他にはいない。・・・

「誰もそんなに日本について関心ないですよ。もっと気楽に生きればいいのに」

これはメディアの報道を見るにつけ俺もよく思うこと。

タクシー運転手にもあてはまるかもしれない。

そして本編最後の締めくくりの言葉、

やはり一国のトップはあまり短期間に変わってはいけないのだ、ということを痛感したのである。

これは重い一言、日本の大きな弱点の一つ。

折しも今日菅内閣の改造があった。

仙石さんの変わりに枝野さんはちょっと首をかしげるが、

与謝野さんの入閣は強く支持やな

確かに比例代表やし議員辞職が筋だが、優秀な人が変な党に身を置くことはない。

消費税とTPP

方向をはっきり示したのも良い。

現在売上(23:30) 14920

期待した金曜も昼間はイマイチやったが、

1月14日(金) 景気指数40 晴
最終売上 43,790 18回(7回) 16.25時間 MAX 17,190

25時過ぎから流れが急転

3万に届かず終わるかと思った終電前25時に駅から

いきなり今年マックス候補になるほどのロング

若い女性やった(気の毒に)。

後部座席からは

ため息とすすり泣きが・・・

俺は正しいことをしているんだろうか、と自問してしまう。

遠距離乗車もいろいろある。

もう閉めようと車庫まで帰ってきたら、

無線で(深夜応援で)駅に入ってくれと指示があり、

さらに乗車2回、4千円強プラス

ラッキーやったな。

2011年1月 6日 (木)

初乗務

初乗務
2011年初乗務

志願してH駅待機。

年末年始にたまった新聞を読みながらゆっくりと過ごした。

相勤さんが車に忘れていった週刊現代(12月25日号)にも目を通した。

見出しは、

菅総理、年明けに退陣へ
次は前原か岡田

マスコミって政治家に「責任取れ」と騒ぐわりにはこういう予想や展望に全く責任取らへんやんな。

菅さんは今年一年続くやろ

などと思いつつ巻末の袋とじヘアヌードに目を通していた。

まあ真面目な話(小沢さんとの)内輪もめは良くない。

今年は消費税の問題にじっくり取り組んでほしい

簡単やないやろけど。

現在売上 17100 12回

思ってたより悪くないな。

年始はひどい状況を覚悟していたものの、

それなりに動く

新年最初の客はダムの近くの豪邸から老夫婦を病院まで、

「この車きれいに掃除してあるなぁ」

「ありがとうございます!新年初乗務なんでいつもより念入りに掃除しました」

「悪いな、靴泥だらけやねん」

「・・・」

今年の目標は

①早く寝ること

②酒を控えること

③たくさん走ること

④たくさん読むこと

⑤たくさん書くこと

1月5日(水) 景気指数50 晴 マイナス1℃
売上 27,590 15回(3回) 12.50時間 MAX 8,870

最後に8千円口があたって好成績だが、

あたらんでも2万円届いたかな

2010年12月28日 (火)

国家の命運

常連のKさんに本とサンドイッチをいただいた。

元外務官僚の藪中さん(名前読めへん・・・)の書いた本で、以前Kさんが乗車したときに強く薦められていた。

Kさんは80歳くらいのご老人で乗るたびに政治の話をされる。

「どうぞ、この本差し上げますから」

「あー・・・ありがとうございます!」

「民主党が情けないですからね」

「でも菅さんも(小沢さんをつぶそうと)一生懸命やってるやないですか」

「このサンドイッチも差し上げます」

「・・・あー、ありがとうございます」

「お国の危機ですからね」

「大事に食べさせていただきます」

こんな具合に会話はかみ合わないが、妙に気に入られている。

12月27日(月) 景気指数60 晴 1℃
売上 43,230 21回(4回) 12.00時間 MAX 10,790

今日はよく動いたなぁ。

車も少なかった。

この時期になると、乗車される方との会話が多くなる。

みんな何かから解放されたような良い表情をしている

そして我らタクシードライバーは

常に解放されている

そんな職業である。



2010年12月20日 (月)

小沢ファンではないが

明日は皆既月食か・・・

写真は17時ちょうど

明日も天気が良ければ17時頃に月食が見れるはず

しかし予報は雨・・・

小沢氏と菅首相の会談が物別れに終わったらしい。

セイリンシンなるものに出る出ないの話だが、

今さら小沢さんに国会で説明させてどうするつもりなのか?

どちらにしても司法に移った問題を立法でどうこうするのは問題がある。

一番わからないのは

国民が小沢さんの説明を求めている

ということである。

日本人の興味の対象というのは難解である(要するにさらし者が好きなんやろね)。

注:このブログは陸山会から一切の支援金を受けていません(アドセンスはクリックしてもらったかもしれへんけどな)

現在売上 21820 13回

今日は締め日

何とか今期60届いたかな

それより満勤(19+1)いつ以来やろ

12月20日(月) 景気指数60 晴 5℃
最終売上 37,600 20回(6回) 12.75時間 MAX 8,790

しかし月曜やっちゅうのに

夜はよく動くわ

2010年9月14日 (火)

菅総理大臣再選

菅さんが再選された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100914-00000008-maiall-pol

菅首相は党員・サポーター票249、地方議員票60、国会議員票412の計721ポイント。小沢氏は党員・サポーター票51、地方議員票40、国会議員票400の計491ポイントだった

結果的に菅さんが大差で再選。

世論を反映して良かったのではないか。

今日は休日だったので、昼間ゆっくりと民主党代表選をテレビで観ていたが、

NHKとTBSで中継していた。

両方を交互にちょこちょこ観ていたのだが、

TBSの方は

ツイッターの投稿を募集していた

そのツイートを両候補の演説時に画面上部に流していたのだが(下には「アナログ放送終了します」やったな)。

そもそも人が演説してるときにあのようなテロップを流すことのモラルを疑うが、

その最初に出たツイートが忘れられない。

「どっちがなっても同じ。まったく期待できない」

みたいなものだった。

上のような投稿をした人が悪いのではない。

世の中には頭の悪い人はたくさんいる(思い切り批判してるやん)。

テレビで募集したのだから無数の投稿があったはずである。

一体あのようなツイートを引用することにどういう意味があるのか

疑問を抱かずにはいられなかった。

その他いろんな投稿を見ていて、

この国は病んでるな

と感じざるを得なかった。

とにかく菅さんが再選されたことで、

注目は幹事長人事

ずばり馬渕さんを推薦しよう。

党内無派閥、次代のホープ、子だくさん、しかも関西(奈良)出身、

まあまあ、今回の選挙、面白かった。

記憶に残るやろな。

2010年9月 2日 (木)

民主党代表選

今日は休日で、昼間は多分今年最後となるだろう海へ一人で出かけるつもりで、楽しみにしていたのだが・・・

子供が熱を出して断念

そんなわけで民主党の代表選挙の公開討論会を昼間家でじっくり聞いていたのだが(お前一応民主党員やなかったか?)


YouTube: 【代表選】菅VS小沢一騎打ち 早くも激しく舌戦(10/09/02)

久々にワクワクするような政治劇場である。

正直言って、小沢氏が総裁選に出ると聞いたときは、

やっぱり小沢さんも凡人やったか(一度は総理大臣になりたかったんか)

と少しがっかりして、今回は菅さんを応援しようと思っていたのだが、

討論会を聞いてみた後は、

ちょっと格が違う

というのが、率直な印象やった。

現職総理として不利な部分はあったにせよ、

菅さんの「雇用政策」というのはよくわからない

中小企業の経営者が人材を欲しがっているのは俺も立場上よく知っている。

優秀な中小企業には長い目でみれば人材が集まっていくことだろう。

しかしそれには時間がかかるだろうし、選択するのは若者自身である。

いずれタクシーにも人材が入ってくると確信している

やはり時間がかかる。

これは政治でどうこうできる問題ではない。

対する小沢さんの、

地方への財源、権限委譲の話は明確で期待せざるを得なかった

小沢氏はあまり表に出てこないので、見えにくい。

そのうち、

このおっさん胡散臭いな

と思ってしまう。

しかし本を読んだり、話を聞いたりすると、

このおっさんすげー

となってしまう。

あの人に一度やらせてみたい。

そう思ってしまったのは俺だけではないだろう。

俺は若かりし頃、政治が大好きで

人生で2回だけ政治家に直接手紙を送ったことがある

もう十数年前の話であるが、その2人とは、

菅直人と小沢一朗

他でもない、この2人やった。

返事なかったけど・・・(当たり前やろ)

9月1日(水) 景気指数50 晴 24℃
売上 27,400 11回(3回) 12.75時間 MAX 12,790

9月のスタートはまあまあ

また昼間待機場所で3時間半(14時半~18時)干されたが、

夜にホテルから製薬関係の仕事

この製薬会社、俺の友人のいるところ(友人は京都支社なので関係ないのだが)なのだが、初めてこの会社のチケットもらったのでメモしておく。

8月の好景気(?)から、

ちょっとここに来て雰囲気はよくないが

なんとかなるでしょう。

2010年8月28日 (土)

見覚えのある客

朝は涼しくて、ちょっと秋らしくなってきたかな。

空がきれいで、空を見上げることが多くなった(何きどっとんねん)

昨晩21時過ぎ、ホテルから乗車のよく出来上がった4人組が乗車

その中の1人はどこかで見たことあるような・・・

その人は後部座席に座ったのだが、助手席に座った客が悪酔いして、

「おー!××交通か。あんたとこの社長よく知っとるで」

酔っ払いお決まりのこの一言から始まって、

「なんでこんな仕事しとんねん?」

またこれも定番

「奥さんとは恋愛結婚か?」

こんな調子で失問を次から次へ繰り出す助手席の客を、

「××さん、失礼やろ。運転手さん困っとんで」

と助け舟を出してくれたのが、後部座席中央に座った見覚えのある客。

ちなみに酔っ払いの対応はそれなりに慣れているので、この程度でそれほど困ってもいなかったが、その「見覚えのある客」だけは酒が入っているのに随分感じが良かった。

いい人やな・・・

と思いつつ、目的地に着くとメーターは2,070円、

「わしが払っとくから、(お前ら)降りてや」

と他の客を先に降ろすと、千円札を数枚ポンと置いて、

「運転手さん、悪かったな。これ取っといて」

「えっ!いいんですか?(約1000円チップやん)」

「いいから、いいから。どうもありがとう!」

「あ、ありがとうございます」

そして置かれた千円札をよく見ると、

4枚あった

誰やったかな・・・

思い出した!

地域の議員選挙に毎回出ている(そして落選している)おじいさんや!

※上の方は自分の名前を名乗ってもいなければ、当然選挙応援の要請もしていない。選挙も近くない。選挙オタクの俺でなければ普通の運転手は顔も名前も知らないだろう。

次回あの人に入れようかな・・・(お前の1票2000円か)

※冗談です。

8月27日(金) 景気指数60 晴 26℃
売上 35,010 20回(5回) 12.50時間 MAX 7,670

まあまあ良い金曜やった。

目標の乗車回数20回で、バーディー(3万超え)獲得

昼間は苦しんだが、帰り際に駅前から手をあげられて(顔見知りのスナックのおばちゃん)、5千円口が大きかった。

2010年7月10日 (土)

参議院選挙予想

密かに俺のブログは「選挙予想」の検索でのアクセスが多い。

そこまで期待されたら今回も予想しなくてはいけない(なんか勘違いしてるな)。

毎回時間をかけて分析するのだが今回は時間がないので、昨日の日経の世論調査結果から長年の予想屋経験を活かして、適当に予想してみよう(なんやねん)。

2010年参議院選挙予想

期日 7月11日

民主党 51議席
自民党 44議席
公明党 8議席
共産党 3議席
社民党 2議席
国民新党 1議席
みんなの党 11議席
たちあがれ日本 1議席
新党改革 0議席
幸福実現党 0議席

全121議席
投票率 62%

注目は全国比例区。
投票率60%とすると有権者は全国で約6000万人強なので、比例定数の48で割ると、

当選ラインは(政党票、個人票合わせて)125万票

となる。

前回(07年)の国民新党が126万票でギリギリ1議席を取っている。

注目は、

国民新の江本氏、
たちあがれの中畑氏、
改革の荒井氏、
幸福のドクター中松

このあたりの有名人が当選ラインに届くかどうかである(何故ドクターだけ呼び捨て・・・)。

国民新党は前回の衆議院選挙での比例獲得票が121万票、幸福実現党は45万票である。

さて、どうなるか・・・

2010年7月 9日 (金)

消費税議論

いよいよ選挙が近づいてきた。

俺は何故か2005年9月の衆議院選挙、2007年7月の参議院選挙、そして今回の参議院選挙と大きな選挙の時にいつも育児休業を取っている。きっとみんな俺がどこかで隠れて立候補していると思っているだろう(誰も思ってない、しかも何故隠れる?)。

しかし

今回の選挙は7月11日、ワールドカップ決勝と同じ日

である。選挙番組を人生の楽しみにしている選挙オタクとサッカーオタクを兼業する俺にとってはハードな日程である(いいから仕事しろ)。

今回の選挙の争点は、

なんと言っても消費税だろう

選挙の直前に就任した菅総理大臣が、消費税10%に言及してしまったことが始まりである。自民党の公約に横乗りした形だったのだが、最初聞いたときは、「なかなかうまい(戦略や)な」と正直思ったのだが、

結果としてこれが大きなマイナスになってしまった

ようである。

個人的には消費税の増税には賛成である。

消費税に限らず、

(率計算する限り)全ての増税は低所得者にとって有利である

と言って良いと思う。

しかし

何故か増税に敏感に反応するのはいつも庶民・・・

この消費税増税と同時に菅さんは所得税の上限税率にも触れたらしいが、先日ある早朝番組で関西のカリスマキャスター、辛坊治郎氏が叫んでいた。

「こんなバカなことしたら、みんな働く意欲がなくなりますよ!」

上限税率の所得は(確か)1800万だったはずである・・・

一体誰の意欲がなくなんねん

言うまでもなく、彼を始めテレビ局で働く多くの人間はこの「上限所得」に影響する人間である。

言いたいのは、増税によって大きく利益を損なう人達、主に

新聞社やテレビ局のマスコミ関係の人間に庶民は洗脳されているのである

大体あんたらちょっと前まで、

「日本の債務は800兆円を超えています!政治家は一体何をしてるんでしょう?」

なんてしつこく言ってたやん。庶民はあんたらと違って国債も、その他の金融商品も持ってへんで。

消費税も同じ、消費の多い高額所得者にとって増税は大きな痛手となる。

消費税が5%上がればベンツを買って数十万の負担増である

俺のような生活水準では仮に今から10%増税されても月にして数千円の負担にしかならない。しかし国には数十兆円の収入が増えるのである。

消費税については、生活必需品の免税や、低所得者の納税分還付などが議論に上がっているが、どちらも線引きが難しいし、事務コストもかかり過ぎる。なんでも外国の真似をすればいいというものではない。

ここでちょっと基本に返ってみよう。

消費税って一体誰が払うのか?

もちろん間接的には我々消費者が払っているのだが、

直接払っているのは事業者である

このことが結構議論に上がらないのは不思議である。

現在も設立1期目2期目、そして、

売上が1千万に満たない業者は免税

とされている。かつてはこの免税基準は3千万だった。

しかし

設立間もない会社も、売上が1千万に満たない会社も消費者から消費税を取っている

ここが問題である。

例えば個人タクシーで売上が1千万に届く業者などほとんどないだろう。消費税は払っていないはずである。

しかしタクシー料金は(基本的に)同じである

ここにメスを入れたらいい。要するに、

消費税を払っていない業者は消費者から消費税を取ってはいけない

とする。

個人タクシーは困るだろうか?

そんなことはない。(一般的に)法人タクシーより、個人タクシーの料金が低くなるのである。

当然個人タクシーの需要は増える

厳しい基準をクリアして資格を得たのだから、そのくらいの恩恵はあっても良いだろう。

ここで提言だが・・・

今後もし増税する場合、現行の1千万以下の免税は継続するとして、

売上3千万以下の業者は5%に据え置く

としたらどうだろう?

当然消費者からも5%しか取ってはいけない。同じ商品なら、一般的に大企業より小規模企業から購入した方が安くなるのである。小さな業者に免税したところで、税収にそれほど大きな影響はないはずである。

零細業者は取引上(増税すればするほど)有利になる

売上を基準にするのだから、線引きも計算も簡単である。

地域の中小企業は売上が3千万に満たない業者も多いだろうから、

地域活性化にもつながる

ちょっとこれ考えて欲しい。

地域の中小企業にとって、消費税がどれだけ資金繰りを圧迫しているか。

タクシーだって、小さな業者に有利になるはずやで(おっ、最後に無理矢理タクシーにつなげたな)。

2010年6月24日 (木)

タクシー王子

http://nakasone-family.blog.so-net.ne.jp/archive/c2301059805-1

川鍋さんて結婚されてたのか。

しかも相手は・・・

タクシー協会と自民党の結婚でもあるのかもしれない。

本物のタクシー王子になってしまった。

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart