くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

« Fimal Mimute | メイン | カントリーロード »

2010年8月 2日 (月)

タクシーのノルマってどうなんですか?

これってよく聞かれるのだが、現役の運転手にとっては

ノルマ???

という感じではないか。

俺の会社では「ノルマ」というものはないし、恐らくノルマを設けているタクシー業者は少ないのではないか。

ところで、

ノルマって何なんよ?

という話になるが、ウィキをみると、

ノルマロシア語Норма, norma)とは半強制的に与えられた労働の基準量であり、大抵の場合時間的強制も付加される

戦後のシベリア抑留から生還した日本人が持ち帰った言葉らしい。

嫌な言葉である。おれのじいさんは(恐らく「ノルマ」を達成できず)シベリアから帰ってこなかった。

現代社会におけるノルマとは何か?と言えば、例えば

給料30万支払うから最低これだけの仕事はしなさい

という「労働の基準量」になるのだろう。主に、

「時間的強制」というよりは、「売上目標」のような意味合いが強いのではないか

そしてこのノルマが達成できなければ、ちょっとした手当てが削られたり、職場で冷たい視線を浴びたり、嫌味を言われたり、そのうち居づらくなって自主退職に追い込まれたりする。

嫌味の内容は大抵、

お前給料分働いてないな

みたいなもので、

会社が飼ってやってるんやで

という扱いの中でストレスを感じながら、何とか1日でも多くしがみつこうと頑張るのだろう。

タクシー会社には(多くの場合)そんな厳しい制度はない。

要するに、

働いた以上にもらうことは出来ない

のである。それがよく言われる「完全歩合」というやつである。

そして「ノルマ」ではないが、タクシー業界でよく使われる言葉(業界用語)として、

「アシキリ」というものがある

このアシキリ制度は、もちろん地域や各会社によって異なるのだが、かいつまんで言うならば、

1日の売上がある水準に届かなければ、その日はあなたはいなかった(働いてなかった)ことにしてください

というものである。

労働法的に言えばめちゃめちゃな制度だが、これは業界では当たり前のように存在する制度である。

例えばよく求人誌などに、

給料40万可、最低15万保障

などと書いてあるが、この「15万」とは、大抵はそのアシキリを全ての乗務においてクリアしたら(支給しますよ)、という前提条件である。

例えば月の基本乗務回数が12回とすると、最低保障給においては

1日1万2500円(の給与を)保障します

ということになる。この12,500円は簡単に表現すると大抵の場合、

基本給 5000円
乗務手当 7500円

などと分かれている(本来はもっと複雑に分けている業者が多い)。

そしてアシキリが3万円だとすると、それに届かなければ上の「基本給」が削られたりするのである。

そして例えば、その日の乗務が2万8千円で終わってしまったら、

5000円損するよりは、2000円を自腹切って「ぶっこむ」ことになるのである

俺は絶対しないけどね♪(何故「♪(ごきげんマーク)」なんや?)

8月1日(日) 景気指数40 晴 25℃
売上 22,990 9回(2回) 12.25時間 MAX 12,630

いやぁ、最後にでかいの(立花)があたって助かったー、ちょっと不思議な女性やったけど・・・

ちなみにうちのアシキリは22,750やなかったかな(知らんのかお前?)、ギリギリクリア!

昼間は京都金閣寺なんて仕事を逃してブルーになったが、ひどい日曜日、最後までがんばった甲斐あった。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/352183/24794617

タクシーのノルマってどうなんですか?を参照しているブログ:

コメント

金閣寺きてはったら、ニアミス
やったな?

今日は、神戸の東灘までありましたあ。

hiroさん

京都と聞いて、わたしもhiroさんを想いました(恋人か!「思う」やろ)。

いつもわたしが待機しているエリアの葬儀屋さんから出たんですよ。日曜日で(そのエリアで)仕事はないだろうと、いつも入らない駅に入っていたのが失敗でした。

ちなみにhiroさんのところは、上の「ノルマ」も「アシキリ(足きり)」も関係ない「リース制」と言われてますよね。また個人のハイヤー需要を開拓している点においても功績は大きいと思いますし、良い点は他の業者も追随するべきだと思います(また匿名で保守的なやつらからガンガン突っ込まれるで)。

裁判(大阪MK)に敗訴してから、最低賃金補償です。
2~3割ぐらいが該当してます。
よって現状ではトップクラスと上記の補償クラスには
恩恵ある給与体系?かな
大多数の者には、シビアなリース制(MKシステム)
でしょうか!

hiroさん

例の「給料0円訴訟」というやつですか。
これについては実は言いたいことは多いんですが・・・「タクシー」という枠でなく、資本主義というマクロな視点においてですが。

まずMKさんの諸々の社内規制などを除外して、単なる「タクシーのフランチャイズ」と考えるならば資本主義の中では認められなくてはいけない制度なのでしょう。しかしそうすると(タクシーの場合には)個人タクシー制度との折り合いが取れなくなってしまいます。
どちらにしても労働者には「選択の自由」が与えられているのであって、ここに制約がかけられているのであればもちろん問題ですが、嫌ならいつでも辞めたらいいわけです。
「リース制」という制度そのものを問題にするのであれば、国は自営業者にも賃金保障をするべきでしょう。

ニューヨークのタクシーフリートにおける「リース制」は有名ですし、海外の他の大都市でも基準になっている制度です。例えば東京で、1月20万程度で「リース」できれば(好景気時には)順番待ちになるかもしれません。

どちらにしても、この「リース制」というのはニューヨークでもそうですが、ある程度の量的規制がなければ成り立ちません。

そういう意味では、国がこの制度をバツとしたのであれば、タクシーに限らず全ての業界において量的規制を検討すべきであるというのが個人的な見解です。

タクシーの給与体系ってうまくできてますよね。
時給なし、完全歩合なんて会社も、、、おそろしや。

大吉さん

完全歩合という制度は厳しいという見方もありますが、稼いだ分ですから堂々ともらうことができます。わたしは自分が稼いだ以上にもらうというのが、労働者としては一番つらいことだと思います。

コメントを投稿

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart