くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

タクシー業界の補助金

タクシー業界の補助金
兵庫県も明日から、というかあと数時間で禁煙が始まる。

上のような看板を今週から車内にぶら下げているが、それなりに効果はある。

さて、今日(31日)の日経社会面の記事だが・・・

独立行政法人の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

が中心となり、

タクシーを効率的に配車するシステムの導入を支援する事業

というのがあって、この事業には

08年度までの3年間に8億円の補助金が交付されていた

らしいが、

省エネ率の算定式に不備があるとかで、会計検査院から改善命令が出た

という内容である。

ちなみに

事業を認定したのが国土交通省で、補助金を交付していたのが経済産業省

だとか。

こんな記事を見てもタクシーと関係ない一般の人には何が何だかわからないだろう。

俺にもよくわからない

要するにデジタル配車システム(GPS配車システム)を普及させるために業者に補助金を出していて、

「省エネ」の大義名文をつけていた

のだが、そこに独立行政法人が嫌いな民主党のメスが入った

という構図ではないか。

そんな補助金あったんやね。知らんかった。

しかしGPSなんて補助金出さんでもやるとこ(業者)はやるでしょう

補助金出すなら、もっと乗り場作るべきやね

都市でもタクシーが止まって待てるから一応省エネになるし

運転手が休めるから健康にもいいし

自民党が大好きな土木業が儲かるし

・・・あっ、もう自民党やなかった、(わざとらし)

しかも

3年で8億じゃなんもできへんよね

イチロー1年雇われへんわ(なんでイチロー雇わなあかんの?)

現在売上 19420 9回

今日はゴルフ場の仕事がよく動いて、昼間は好調やったのになぁ

夜は散々。18時以降乗車1回790円のみ・・・

10月31日(土) 景気指数60 晴 
最終売上 23,360 12回(1回) 12.00時間 MAX 4,150

結局24時過ぎの稼ぎ時に

電車が止まってしまって

電車が来ないことにはローカル営業はおしまいである。

塚口で信号トラブルとか・・・

駅員さんに聞いたら、全く復旧の見通しがつかないということで、帰ってきた。

電車が着いたら、

(もうタクシーほとんど帰っちゃったから)みんな困るんやろね

でもこっちもいつになるかわからない電車を深夜に待ってるほどボランタリー精神は旺盛でない

こんなところも公共の補助金が必要なのかもね。

これいい曲やな・・・最近車の中で熱唱してる(お前に「好きだよ」とか言われたくないし、一回も恋したくないし)。

怒んなよ・・・バカだな

13夜

今日は公休出勤日。

公休日は自分の車に乗れないので、空いてる車から適当に選ぶ。

金曜日なのにようけ車が空いてる。

昨年のリーマンショックから、入ってくる運転手も多いがやめてく運転手も多い。

やめてく運転手の方が多いから(少なくともうちの会社では)結局運転手は減っている

この不景気では、新人として入って来てもまともに稼げないし、不景気でギスギスしているベテランドライバーから冷たい視線を浴び続ける。

とても楽しい職業とは思えないのだろう

そして俺が空いてる4台から選んだのが、

「805でお願いします」

805はマニュアル車である。

すると事務所のおばちゃんが、

「805でええの??814(オートマの新しい車)空いてるで」

「いや、814はAM(ラジオ)しか聞けないから、僕はFM聞けないといやなんですよ」

「はー、変わってるね。自分でマニュアル選ぶ人知らんわ」

ということで久々のマニュアル車で営業。

人の車に乗るとついている。

夜にホテルから外資系製薬会社の仕事が当たる。

お医者さんが乗車して、話しかけてきた。

「週末から寒なるらしいね」

最近は客が乗る度にこの話ばかりである。

「そうらしいですね。冬みたいになるって・・・3日くらいからですか?」

すると、そのとき

ドスン!

車が振動して止まる(エンストです)。

「どうしたの?」

と、お医者さん

「えっ?・・・あー・・・なんですかね?エンジンが・・・調子悪いみたいですね」

動揺する運転手。

話に気を取られて、信号の手前が緩やかな登り坂になっていることに気がつかなかった。

「大丈夫?わたし帰れる?」

さりげなくセルを回しながら(どうやって「さりげなく」エンジンかけるのや?)

「いえ・・・あの・・・問題ないですよ」

「明日朝早くから東京行かなくちゃならないから」

本気で心配している客。

「東京ですか?!それにしても今日は月がきれいですねー」

強引な振りで話を変える運転手。

「そう言われたら、きれいやね。満月にはもう少しかな」

「今日は13夜ゆうて、特別な月らしいですよ」

「13夜?」

「さっきラジオで聞いたんですけどね(その後ネットでも調べたんですけど)、今日は旧暦の9月13日で15夜(旧8月15日)と並んで昔から特別に月を鑑賞する習わしがあるそうですよ」

待てよ、ということは今日は13日の金曜日?

「へー、そうなの?(ところであんたさっきエンストしたんちゃうん?)」

「13夜がきれいに見えた次の年は豊作になるとか」

「今日はきれいやね(プロの運転手がエンスト?)」

「昔から13夜は晴れが多いらしいですよ」

「ほう・・・(タクシー運転手がエンストすることは多くないよね)」

「要するに満月の2日前ですから、何でこんな中途半端な月を昔の人が重要視したのかはわかりませんけど」

こんな感じで博学を気取って難を逃れた。

13夜

しかしよく見ると、ほんまにきれいやね。

何かなんとなく、言葉ではうまく表現できないけど、この13夜の月が何故特別なのかわかるような気がした(エーンスト!エーンスト!)。

10月30日(金) 景気指数50 晴 10℃
売上 41,250 13回(3回X) 13.75時間 MAX 11,270

今日は出勤しようか、どうしようか正直迷ってたけど、出て良かったー。

ちょっと2日ほど禁酒してたが、4万超えを祝って久々に少し飲んでる。

2009年10月30日 (金)

My Struggle

I'm struggling with the dead line of 6 month sales that our company set in order to regulate our salary standard for each driver.

This is the second half of our fiscal year that starts in May (21st) and finishes in November (20th).

The dead line is 2.9 million yen (about 32 grand in US dollars as $1 is 90 yen for now).

If I couldn't reach that amount above, they will cut the rate of our regular salary and some of bonus money we get before Christmas.

I got given a tiny paper in the morning at the office.

That paper has a couple numbers...

My 5 month sales up to last month term is

2,351,680

The amount I need to earn for this month term to reach 2.9 million is

548,320

This is not easy, but not too hard.

Maybe if I tried hard I would be all right.

But if I could not, I would still be all right getting out here.

Oct. 29 Thu
Sunny
Business Condition Index 50
Sales 27,900
15 Ride
12.75 Hrs
Max Ride 7,270

Today I got mad at the operator who receive appointment phone from customer at office. I usually don't, but I couldn't be patient about his unfairness.

OK... Don't get stuck with that shit, myself.

Happy Halloween!

2009年10月29日 (木)

国家の品格

元ベストセラーの「国家の品格」を読んだ。

少し前のベストセラーを読むのは面白い。時間を経て読むと、

「何故この本が売れたんだろう?」

とその時代の背景が見えたり、古本屋で安く売ってたりする(100円で買った)。

「国家の品格」は05年末の発行。ベストセラーとして騒がれたのは06年、3年前かな。 まだ「平成の好景気」が続いていた頃である。

著者の藤原正彦さんはこの時既にアメリカ主導の市場主義を否定し、近い将来の経済破綻を見抜いている。

内容の主な部分は、論理の否定である

論理とは、「XXだから○○である」のような考え方に頼るのは間違っている、と述べている。

そうした論理よりも、

もっと情緒や形を大切にしろ

と言うのだが、はっきり言ってよく意味がわからない。

その例として盛んに、武士道を宣伝している。 ちなみに著者の言うところの武士道では、パールハーバーは(歴史上同じようなことはどこの国もやっているので)OKというから難解である。

論理の反語は宗教であり、

この本は武士道という宗教の布教書である

と言ってよいだろう。しかし、これは決して批判ではない。

俺は日本、または日本人が今最も必要とするものの一つが宗教であると思っている。 宗教とは、「××教」などと形作られた既存のものばかりでなく、

各個人が必ず持っている行動基準や世界観を言葉にしたもの

である。

例えば、 「雨の日は悪いことがある」 と何となく思っている人の、その考え方は名前はなくても宗教である。

俺の宗教観は、この本で散々批判されているカルバン主義に近いかもしれない。

人の運命は予め定められている

と子供の頃から何となく感じている。 「そう決められている」と考えれば不運を受け入れやすいし、幸運に対しても謙虚になれる。

「国家の品格」を読んで面白かったのは、

この本がこの夏の民主党の大勝につながった

と考えられることである。 著者は市場主義を否定し、グローバリズムを否定している。弱者に手を差し伸べる心が大切らしい。

金儲けを悪とし、英語の学習は不要(特に小学校の英語教育は日本をダメにする)

と述べている。こういった俗説に反したことを書いて、国民の熱狂を得たのである。

そういう彼は

東大を出て、

英語がペラペラで(自分の子供に英語の家庭教師をつけて)、

海外の要人と華やかな交際をし、

それによって世間の信頼を得て、

本がめちゃめちゃ売れて・・・

それで儲けた金はどうしたんでしょう?

きっと彼のような素晴らしい能力に恵まれなかった人達(社会的弱者)に還元してくれていることでしょう。

10月28日(水) 景気指数60 晴
本日売上 20,900 13回(2回) 13.25時間 MAX 3,430

今日は悪い日やった。周りは景気良かったのに・・・

こんなに悪かったのは

きっと神様が決めたことやろう

と諦めるしかない。

神様に菓子折りでも持っていこうかな・・・(ドラ焼きでお願いします)

2009年10月26日 (月)

古代の玉ねぎ

久々の予定のない休日。

朝子供の保育園送迎1時間あまりを挟んで、10時間近く爆睡してしまった。

起きたら2時過ぎ・・・

タクシー運転手の休日などこんなものである(お前隔勤じゃないやろ、寝すぎや)。

舞子坂さんなんて2週間に1度しか休みがないらしいな・・・休憩も15分しか取らないって前に書いてあったし、過酷な労働環境に見えるのだが、めっちゃ楽しそうである。

起きたら何か食おうと、ごそごそ冷蔵庫などをあさっていた。熊のような生活である。

ちなみに俺は余りもので料理するのが得意である。

冷蔵庫にあるものは在庫

だと思っている。不良在庫がないか、隅までチェックする。

最近はちょっと忙しくてチェックできていなかったが、野菜棚にとんでもないものを見つけた。

Photo

一瞬

ハロウィーンのかぼちゃ?

と思ったが、よく見ると玉ねぎのようである。

かつて源頼朝がうちに遊びに来たときに忘れていったらしい。

これはさすがに使えない。かみさんに嫌味を言うために写真をアップしておいた。

棚の奥にあった里芋(近所のおばちゃんにもらったらしい)を煮込んでいる。

10月25日(日) 景気指数50 くもりのち雨 雨指数1
売上 33,150 15回(2回X) 11.75時間 MAX 14,070

最近ついてるなぁ。昨日も最後に西宮の臨港線よりさらに南の高須団地まで。

この仕事は、ついてるときにガンガン仕事した方が良いのだが、最近予定続きでさすがにちょっと疲れたので(今日26日は出勤日だが)休むことにした。

後は酒飲んで寝るだけや

ってほんとにこれで10時頃には寝てしまうから怖い。

2009年10月24日 (土)

ピンクタクシー?

10月23日(金) 景気指数40 晴

今日は良い天気やったなぁ。「秋晴れ」というのはこういうのを言うんだろうな、という日和だった。

「こんな天気は年に何回もありませんよねぇ」

なんて、おじいさんの運転手と話していたら、真顔で

「いや、人生に何回もないで」

「・・・」

なんか、あんたにそんなこと言われたらほんまに儚いやん。真顔で言わんといてくださいよ。

今日はラッキーやったな。というか野球で言うスミイチみたいな日で、最初と最後だけが良かったのだが(こういうのは意外と売上は揚がらない)。

朝はこの時のビッグチッパー(めっちゃチップくれる人)が偶然また乗車。3ヶ月ぶりくらいになるんやね。ブログつけてると、こういうのが分かるから・・・(分かるから何なん?)。

昼間は3連続ワンメーターなど散々やったが(ワンメーターの仕事が悪いのではなく、内容が悪かった)

夜は駅から若いかわいい女の子が乗車

それだけでも十分なのに、行き先は大阪。梅田GAREの通用口で降りたので、高速使って往復1時間15分、売上1万6千円。めっちゃ効率いいし。

今日の夜は上の仕事も含めて、若い女の子が3回連続で乗車するラッキーな当たりやった。

ここでタイムリーにこんなニュース記事を見つけたのだが、

http://www.examiner.com/x-22334-St-Louis-Feminism-and-Relationships-Examiner~y2009m10d21-Pink-taxis-provide-safe-rides-for-women

Photo

メキシコのプエブラ市(行ったことある)で女性専用のタクシーが誕生したというニュースだが・・・

上の記事には東京にも女性専用タクシーがある(ロンドン、レバノン、デュバイ、トーキョー、モスクワに続く取り組みと書いてある)となっているが、東京に女性専用タクシーなんて聞いたことないけど(タクトモでやっているという話もあるが)。

ピンクタクシーってちょっと・・・何想像しますか?(誰に聞いてるんや?)

まあいいけど。

言いたいのは何故海外でこういう女性専用タクシーが話題になっているか、ということであって。

俺は日本と海外のタクシーのニュース記事をいつもチェックしているが、海外で頻繁にある

運転手が女性を襲う事件、日本ではほとんどないんよね

ちょっとこういうところ(日本のタクシーの安全性)もマスコミなんかで取り上げて欲しいな、なんて思うよね。

本日売上 36,290 14回(x2回) 12.25時間 MAX 16,790

2009年10月23日 (金)

ハインリッヒの法則

運行管理者の試験を受けたのはもう昨年の8月で、勉強したことはほとんど忘れてしまったが、一つだけ強く印象に残っているものがある。

ハインリッヒの法則

である。

これは一つの重大な事故の裏には29の軽事故と、300のヒヤリ・ハットがあるというものである。

この29という微妙な数字はなんなんや(30でいいやん)

という感じで覚えている。

しかしこの法則が本当なら、

10回のヒヤリ・ハットがあれば1回は軽い事故を起こす

という計算になる。

最近少しこの「ヒヤリ・ハット」が続いたので、ちょっとメモしてみた。

内容は住宅街の交差点で、脇道から車が飛び出してきたもので、相手が悪いわけだが、こちらも動いている限り責任は逃れられない。

ちょっと心しないといけないな。

10月22日(木) 景気指数50 晴
売上 32,740 18回(5回) 14.50時間 MAX 11,350

昨日は最後に大きいの(伊丹)があたって3万超え。ラッキーやった。

しかし14.5時間はがんばってるな。

2009年10月22日 (木)

タクシー乗り場(画像)

タクシー乗り場(画像)

プレシャス スペース

以前から要請してきた新しい乗り場がやっと設置された。

この乗り場は俺が昨年夏の職場集会で会社に要請したものなので、1年3ヵ月の時を経て実現したことになる。

行政側がなかなか動かない
中で、この件については組合長を始め、意外にも会社も積極的に動いてくれた。

以前組合長が、

「(乗り場の件)予算がなかなかおりひんらしいねん。もう少し待ってな」

と言ってきたので、

「予算も何も(乗り場なんて)線引くだけやないすか」

何か屋根付きの立派なタクシー乗り場でも計画しているのだろうか?それはそれで困るな、なんて真剣に考えていた。

そして長い時を経て・・・

数日前組合長から電話があった。

「乗り場OK出たで!良かったな」

「ありがとうございます」

別にそんな大層な要請ではなかったのだが、市会議員さんが絡んだり、何より時が事を大きくしてしまった。

そして今朝、新しく乗り場が設置されたという駅に初めて入ったのだが・・・

(四角い枠に「タクシー」と書いてある)線が引いてあるだけだった

しかも一台分。予算を取る大変さが目に浮かぶ。 しかしいろんな人が協力してくれたことには素直に感謝。

昼間待機してみたのだが・・・

誰も乗らへん

午前中に近場の乗り込みが2回だけ。エリアの無線もほとんどなし。 ま、最初はこんなもんでしょ・・・(みんな笑ってるで)

とにかく

俺の持論は乗り場を増やすこと

で利用者の利便性を上げるということで、その信念に基づいて行動したのがこの件である。

この新たに乗り場が設置された駅は住宅街の中心にある商業地に位置していて乗降客も多い。ここにタクシー乗り場がないなんておかしいやないか、というシンプルな要請であった。

本来はここだけでなく、もっと乗り場を増やす必要があると思っている。

理由は

①利用者の利便性

②運転手のモチベーション(とそれによるサービス)向上

である。

②についてはわかりにくいかもしれない。説明しよう。

もし10台のタクシーがいたとする

この10台が同じ乗り場に待機していたとしたら、まず自分のことしか考えないであろう。

自分の順番が来て乗車したら、後にまわって10台分待たなくてはいけない。近距離客が乗ってきたら文句を言うのはこういう乗り場である。

しかしもしこの10台が、

3台づついくつかの乗り場に分散していたら

もちろん自分のことも大事だが、何より自分の所属する乗り場の客を増やそうと思うだろう。そこに運転手同士の結束も生まれるかもしれないし、(協会や業者がごちゃごちゃ言わなくても)自然とサービス向上に努めるはずである。

さて上のケースでは計算が合わない、と気づいた人はなかなか数学のできる人である。

10-(3×3)=1

一台残る・・・

この一台こそ今回俺が獲得した乗り場なのである

一台しか待機していない。一度乗車しても、次にまた順番を待つ必要はない、常に本番である。

言いたいのは・・・

今日の午前中、始めての乗り込み客はワンメーターだったのだが、

どれだけ嬉しかったことか

タクシーが分散すれば、運転手は自然と近距離の客に感謝するようになるのである。

10月21日(水) 景気指数40 晴 9℃
本日売上 23,040 13回(3回) 12.00時間 MAX 5,270

夜は冷えるが、

目を見張るばかりの星空

オリオン座流星群が話題になってるが、

流れ星見たでー

オリオン座は一番好きな星座。神秘的な気持ちにさせられるね。

2009年10月20日 (火)

The guy who's meant to change the industry

I saw a surprising news now.

The news is written in Mr. Toyokawa's blog and I can't find any other source which tells this "big" news about Japanese taxi industry.

The news is...

Mr. Kawanabe resigned the CEO of the company, Nihon Kotsu.

Nihon Kotsu is one of the biggest cab companies in Tokyo, and he, Ichiro Kawanabe, had been the CEO (or president) of the company.

He is grandson of the founder, and became the CEO in 2005. He restructed the company which had been struggling after the booming economy in 90's.

Anyway I got shocked but perplexed if it is a good news or bad one.

I respected and expected him alot.

He is the guy who's meant change the industry.

I wanna know more about why he's out (or not really).

And if this news is "real", I wanna talk with him about our industry and more like what kind of girl he like...(never mind)

gimi an email if you're all right.

Don give up mate.

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart