くじら山

売上

  • 2010年12月31日現在

    2010年累計 202乗務 5,605,765平均27,751)
    1乗務MAX 59,540(7月23日)
    メーターMAX 29,510(7月23日)

    12月 19乗務596,690(平均31,405)
    11月 19乗務606,805(平均31,937)
    10月 20乗務574,160(平均28,708)
    9月 17乗務 412,250(平均24,250)
    8月 16乗務 439,350(平均27,459)
    7月 8乗務 249,920(平均31,240)
    6月 10乗務 256,990(平均25,699)
    5月 19乗務 472,320(平均24,859)
    4月 22乗務 626,680(平均28,485)
    3月 22乗務 616,620(平均28,028)
    2月 11乗務 296,010(平均26,920)
    1月 19乗務 457,970(平均24,104)

    09年累計 229乗務 6,264,320(平均27,355)
    1乗務MAX 60,160(12月18日) 
    メーターMAX  28,790(10月17日)

    08年累計 226乗務 6,274,580(平均27,763)
    1乗務MAX 60,490(7月28日)
    メーターMAX 25,750(4月5日)

タクシー関連リンク

BBC

SPORTS

2011年4月 3日 (日)

39

昨日というか1日は39度の高熱を出して寝込んでいた。

大人になってあんな熱が出たのは記憶にない。

思えば人生の中で「39」という数字が何か意味を持つように最近思う。

4月よりこちらでブログ投稿していきます(話のつながりがよくわからん)。

http://cooldriver-in-kansai.blogspot.com/

2011年3月31日 (木)

ある警備員との絆

ある警備員との絆
年度末

この時期の切なさというのは独特なものがある。

何かが終わり、何かが始まる・・・

その積み重ねが人やものをやがて大きく変えていくだろう、という想像力も逞しくなる。

俺も何年か前のこんな時期に運転手を始めた。

タクシーに乗り始めた頃は楽しくて、今思えば売上とかどうでも良かったように思う。

運転手になって間もない頃、ある日駅前の工事現場の脇に車を停めて待機していたら、工事現場の警備員が近づいてきた。

身体はでかく日焼けしていて、俺と同年代だろうか、警備員にしては目立って若く見えた。

「すみませーん、トラックが出るんですこし車動かしてもらっていいですか?」

「はーい」

誘導されるままに車を動かす。

「どうもありがとうございます!」

そもそも違法停車である。お礼を言われる筋合いはない。

しかし彼はなんというか交通誘導員らしくなく

やる気に満ちていた

こんな奴もいるんや

その日からその工事現場を通る度に彼のことが気になった。

恋愛対象としてではない(断らんでいい)

目が合えばお互いに手をあげ、ときどきちょっとした会話をしたりもした。

そしてある日またゆっくりと会話できる機会があった。

普通の同世代の男同士がするような他愛もない会話の中で俺が言った。

「なあ、何でこんな仕事(警備員)してるん?自分もタクシー乗ったらいいやん」

するとそれまでのフレンドリーな空気が明らかに変わり、彼は仁王様のような顔を真っ赤にして言った。

「俺は好きでこの仕事してるんや。これからも、出来ればずっとこの仕事を続けたいと思ってる」

当然俺は必死に謝った。

タクシー運転手として、自らが誇りを持ってやっている職業を見下され悔しい思いをすることは今でもある。

なのに俺は彼の職業(警備員)を見下していた

タクシーに乗っていると、本当に様々な職業の人と接する機会がある。

一流企業の社員、中小企業の経営者、医者、教授、スポーツ選手・・・

人の羨むような社会的地位や収入の高い仕事をしている人も多い。

しかしどれだけの人が胸を張って言えるだろうか。

「俺はこれからもずっとこの仕事を続けていく」

「しがみついていく」、というのはよくあるだろうが・・・

今の俺は言えるだろうか?

ハンドルを握りながらよく考える。

そのうち彼の現場が変わり、道で会うこともなくなった。

彼は彼の仕事について、

いろんな現場で、いろんな状況があって、いろんな人の対応がある。

そんな風に

人を見て、人と接することができる

そんな面白さがあると話していた。

なんかタクシーとつながるとこがある。

数日前空車で走っていたら、

何年ぶりに道でたまたま彼を見かけた

暖かい日で、年がいもなく短パンで歩道を歩きながらでかい体を縮めて携帯をいじっていた。

クラクションを鳴らすと、すぐに俺とわかったようだ。

向こうから大きく手をあげてきた。

信号で止まって、運転席の窓を開ける。

「おう!久しぶり、休み?」

「うん、ほんまに久しぶりやな。やっぱりまだタクシー乗ってるんや」

あのときと変わらない日焼けした顔で、うれしそうに言った。

「なかなかここ(運転席)から離れられへんわ。そっちは今はどこの現場行ってんの?」

3月31日(木) 景気指数50 晴
23:30売上 14,530 9回
最終売上 34,640 18回(7回) 11.75時間 MAX 4,070

かみさんと上の子供が風邪でダウンしていたので、

16時頃には仕事を切って子供の保育園の迎えに行ったり、

家で晩飯を作ったりしていたら

うつってしまった・・・

らしく夜はしんどかったが、

さすが年度末、

夜のタクシー乗り場はすごい行列やった

22時過ぎから約4時間で11回はすごい。

最低の大人

こんなところで
今日は志願してH駅へ

当番制になっているが、当番の運転手がゴルフコンペで休んでいたため・・・

シンボル(?)の桜はまだ咲いていないが、なかなか雰囲気ある駅である。

こんなところで仕事があるのかって?

タクシーというのは面白いもので、

町の何十台もタクシーがいる基幹駅に並んでいるより、

「こんなところで」一台で仕事をしている方が気楽で、

しかも稼げることが多い

・・・ことが多い・・・

が、今日はひどかった。

昼過ぎに入って、何度か小さな乗り込みはあったものの

15時頃にやっと始めての無線

駅前のコンビニへ配車

しかし

待っても待っても誰も来ない

コンビニの駐車場に長い間停めているのも悪いので無線で何度か文句を入れる。

「もうすぐにそちらに行かれるはずです・・・」

女性のオペレーターが何度も切れそうな俺をなだめる。

やっと現れたのは二人の学生、

談笑しながら歩いてくる

時間は15時半

「えーと・・・15時頃に電話してもらった××さんですか?」

一応軽く嫌味で様子を伺う。

「はい、××大学まで」

近くにある関西の一流大学である。

「なんかあったん?」

「??・・・いえ」

「かなり待ったんやけど」

「そうですか」

謝罪の言葉がないばかりか何事もなかったかのように

車内でまた二人で談笑を始めた

切れかかる自分を抑える。

客とのケンカは運転手にとってほとんど勝ち目もメリットもない。

後部座席で爆笑している片方のエリート学生が言った。

「ひゃっひゃっ!そいつ最低だな。俺そんな大人になりたくねぇ」

話の内容はよく聞いてなかったが、

親のすねをかじっている学生かもしれないが、

残念ながらお前は既に

立派な「最低の大人」や!(学生相手にブログでほえるな)

どんなに嫌な客も降ろしてしまえばサヨナラである。

一瞬の我慢が出来ればタクシーは務まる。

急いで駅に帰って、

3時間仕事なし・・・

そんなもんです(急がんでも良かったやん)。

タクシー運転手に必要なのは一瞬の我慢と、

とても長い時間の忍耐。

3月30日(水) 景気指数50 晴 1℃
売上 26,300 14回(6回) 12.25時間 MAX 7,670

H駅6時間で6千円

その後22時過ぎまで乗車なしやったが、

そこからなんとか盛り返した

24時過ぎの6回は満足

大崩れは逃れた。

2011年3月29日 (火)

花咲くを待つ

花咲くを待つ

昨日から昼間の気温はぐっと上がってるけど

今月中には無理かな。

3月29日(火) 景気指数60 晴一時雨 0℃
23:30売上 23,280 12回
最終売上 37,490 16回(3回) 13.25時間 MAX 10,230

車が空いたので、

急遽休日出勤

昼間から車も少なく

夜はこの時期やはりよく動く

いい感じやね。

2011年3月28日 (月)

タイヤ交換

タイヤ交換
昨日は日曜日で、シフト的には出勤日やったが、なんとなく気が乗らなかったので休んだ(そんなんありなんか?)。

そんなときはちょっとその日の景気が気になる。

昨日出勤していた同僚に聞いてみる。

「昨日(日曜日)どうでした?」

「最悪やったわ」

心の中でガッツポーズ(性格わりーな)。

しかし土曜日(26日)は良かったらしい。大安やったしな。

週末はかなり冷えたが、今日の昼間はいきなり気温が上がった。

東京では桜が開花したとか

久々に春めいた陽気の中、朝から動きも良く気持ち良く仕事をして、

15時過ぎに中断して車庫入れ

衝動的にタイヤ交換

今年は寒い寒いと思っていたが、去年の交換は過去ログを見ると26日

それほど変わらんな・・・

15時半から始めて、

リフトに乗せて、

タイヤ運んで、

タイヤの洗浄、

空気圧の調整、

取り外しと装着

写真撮影・・・(いらんから)、

片付け

これだけの工程を30分で終えた

整備士さんがやってくれる会社もあるんやろうが、こういうのを担当運転手にやらせる会社の方針は嫌いじゃない。

おかげで少しは車のメンテナンスとか詳しくなった。

3月28日(月) 景気指数60 晴 1℃
23:30売上 13,470 10回
最終売上 23,170 15回(3回) 8.50時間 MAX 4,230

夕方は用事で神戸へ

6時間抜いたわりには

しかも月曜日のわりには

効率良く稼げたな

満足や

2011年3月25日 (金)

昼飯戦略

昼飯戦略
今日の昼飯は、もらいもののドラ焼き一つ。

タクシー乗務とは闘いである

刻一刻と変わりゆく状況、流れ、天気、ライバルのドライバー達の動きを読みながら

次に取るべき戦略を決める

結構頭使うのである

そして今日の俺の戦略は、

昼飯抜き

昼飯代に400円くらい使うとすると、

売上の半分弱が手取りとして、

昼飯を抜くことで

約千円ほどの売上と同じ価値がある

機会利益の考え方(?)である。

こうして地道に稼ぐ方法もある(なんも頭使ってないやん)。

3月25日(金) 景気指数50 晴
23:30売上 19,700 10回
最終売上 36,250 18回(6回) 12.75時間 MAX 8,470

なんと言っても

年度末の金曜日

久々に夜の駅には大行列が出来てきた。

2011年3月24日 (木)

空しいアップデート

空しいアップデート
桜のつぼみはまだ固く・・・

日々更新されていく被害者の数

情報というのは、数字などのデータで示されることによって理解が深まるものである。

しかしこれだけはどうなんやろ

一名単位でご丁寧に日々情報をアップデートしていく意義がどれほどあるんやろ。

数日前に、

「被害者の数が阪神大震災を超えました」

何度も繰り返されるニュースに、

だからなんやねん・・・

なんかすごく空しい感じがした。

3月24日(木) 景気指数40 晴
23:30売上 13,420 7回
最終売上 24,550 14回(6回) 11.50時間 MAX 4,870

昨日(23日)の乗務では

やっと年度末らしくなって来た

と感じたのだが、

この日はさっぱり

景気や人の動きというのは本当に読めないものである。

2011年3月23日 (水)

関西は天国?

関西は天国?
数日遅れのセントパトリックで

抹茶ケーキを焼いた

これはなかなかいける(アイリッシュが抹茶?)。

そして日本は彼岸

と言いつつ、

実際彼岸ていつやねん?

と基本的なことを知らない自分に気づく。

調べてみてもよくわからないのだが、

どうやら春分の日を挟んだ前後3日の7日間

ということらしい。

ということは

3月18日から24日まで

明日までか・・・

とにかく

彼岸ゆうても今年はまだ寒い

18時すぎにホテルから乗車した見た目40代の男性

東京から仕事で来ているらしく、

「あっち(関東)はまだ大変でしょう?」

自然とそんな会話になる。

「ほんっと、大変ですよ。こっち(関西)は天国ですね」

「今んところ何ともありませんからねぇ」

「向こうは本当に何もないですよ。コンビニとか、スーパーに入ってもパンもお菓子もないんですよ」

「はぁー!」

「(ガソリン)スタンドは30分、40分待ち当たり前ですし」

「らしいですね」

「3千円上限とかね」

「満タンはあかんゆうことですね。でもすこしづつ良くなってるんでしょう?」

「うん、月曜日(21日)くらいから徐々に燃料も入ってるみたいだけど、まだまだですよ」

「それじゃ、なかなかゆっくりもできませんね」

「だから今日はこっちで一人で飲もうと思って・・・どこかいい店あります?」

話には聞いていても実際どんな状況なのか想像つかへんな、こっちにいたら(話のオチがないで)。

土産にコンビニでパンを買っていく

なんて話も冗談じゃないから怖い。

3月23日(水) 景気指数50 晴 マイナス3℃
23時半売上 18,880 10回
最終売上 30,160 17回 12.50時間 MAX 3,830

夜はよく動いたわ

遠方なしで3万乗せ

こういうのって密かにいい気分

タクシーって遠方はもちろん嬉しいけど、

地道に回数積んで作る売上

って結構達成感ある。

2011年3月21日 (月)

鳥取マラソン

鳥取マラソン
鳥取マラソンに参加してきた。

湖山池の周辺を走る平坦なコース

南にそびえる山々(三国山?)の雪景色

とにかく景色が素晴らしかった

記録は3時間44分

全国タクシー運転手ランキングで28位

注:事実無根です。また「タクシー運転手ランキング」なるものも存在しません。

ちなみにこの大会の9日前にあった震災により、開催には賛否の議論があったようである(同日開催のとくしまマラソンは延期)。

HPを見ると、いろんな意見が寄せられていた。

いくつか引用しよう。

「やっぱり走れません

大会開催ですね。喪章、エイドでの義捐金、復興の思いを込めて・・。でも何事にも時期というものがあります。延期という方法もあったのでは。復興の兆しが 見えてからでも遅くはないのでは。今はまだ万単位の行方不明者の家族、数十万人の被災者にどれだけ思いが伝わるのでしょうか。もし隣の県でしたら?折角苦 渋の選択をした主催者の皆様すみません。最後の愚痴でした。」

「直前ですが

正直迷いました。でも「不参加という行動」が義援金として被災者の人たちに少しでもお役に立てるのであれば…
私の気持もすっきり固まりました。 」

「残念です

今しかできないことでしょうか?
今やるべきことはほかにありませんか?
開催決定は残念な知らせです。
今までこの大会を目指してきた方たちのお気持ちもわかります。
でも今やるべきことではないと思います。考えはひとそれぞれですが私は賛同できません。
鳥取県民として、恥ずかしいです。」

「エイド

各エイドに用意する飲料や食事を被災地に送ってあげるという発想は出来ないのですか?
復興はおろか救助も遺体の回収もままならないなか鳥取ではマラソンですか?
中止して参加費用の残りは義援金として寄付すべきだと思います。 」

・・・これらの書き込みを見て、別用があったので大会本部に電話してみた。

「大会予定通り開催するんですよね」

「・・・はい」

「不参加の方も随分おられるみたいですね」

「・・・そのようですね」

ちょっと冗談のつもりで聞いてみた。

「沿道で『帰れ!』とかいう野次はないですよね」

「・・・いや・・・それは・・・その」

頼むから公務員らしく適当に、「ないと思います」と言ってくれ。

心配もよそに、沿道では温かい声援と

「がんばれ東北」

なんていうカードを掲げている方もいた。

3月21日(月)景気指数40 曇り時々雨 雨3
23時売上 11,350 8回
最終売上 18,850 13回(3回) 12.75時間 MAX 2,710 

そしてマラソン翌日の勤務

予想通り仕事はないが、

家にいても大してやることもないので仕事に出てきた(なんかムカつくな)。

昼間は散々やったが

夜は雨でそこそこ動いたな。

2011年3月18日 (金)

「電気消しとったら電気代浮くやろ?」

「電気消しとったら電気代浮くやろ?」
同僚との会話

「なんかこっちでもコンビニとか夜看板の電気消してますよね」

「せやな」

「電気の移動はほとんど出来ないらしいから、気持ちだけでもいうやつですかね」

「ちゃうちゃう!電気消しとったら電気代浮くやろ?今なら誰も文句言わへんやん。」

「はぁ、確かに・・・そういう考え方もありますね」

今日気にして見ていると、大型スーパーもマクドナルドでさえ看板の電気を落としている。

ツイッターでホリエモンが、

「電力の移動は出来ないから(関西などでは)どんどん電気使って!そうすれば電力会社の利益が上がって寄付にまわるから」

みたいなことが書いてあった。

なんか違うよな・・・

とは思っていたが、電気を消せば商店の経費削減になって、うまくいけば利益もあがる。

何よりタクシードライバーとして、

夜の景色が暗くなるのは悪くない

暗闇が好きやから運転手やってるみたいな(お前変な趣味ないか?)・・・

フランスやったかな、

高速道路の電気を落として真っ暗にしたら(走行する車の速度が下がって?)事故が減った

なんて話もあるらしい。

先週は地震で放送されなかった二週間ぶりのワッツアップスマップでキムタクの声を聞きながらブログ更新。

3月18日(金) 景気指数40 晴 3℃
売上 46,770 17回(5回) 13.25時間 MAX 12,630

決して「動く金曜」ではなかったが、

夕方新神戸、最終甲子園と個人的にブレイク

締め日をうまくまとめて

50万届いたんちゃうかな?(計算しろ)

気持ち良く連休、いつまで休もうかな(いい仕事やな)


YouTube: 世界がひとつになるまで♪

新ブログ11年4月~

広告

Google

  • ブログ内検索

    Google

天気

Powered by Six Apart